being there 

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パラグアイ戦を終えて

涙を流す日本代表の選手達の姿を観て、悔しさが込み上げる。
それは、これまで代表に対して感じた事が無い類の悔しさだった。
先に進めないという事が分かった瞬間、このチームだからこそ感じられた
望みの大きさを改めて知った。悲しさは全く無い。ただ悔しい。
南アフリカで戦った選手、スタッフ達は本物のチームでしたね。

この先、今の選手以上に技術やフィジカルに優れ、世界で活躍する選手が
出現するだろう。その人数が増えれば素晴らしい。
強豪相手に攻撃的に戦える時代が訪れるかもしれない。
それでも、この「チーム」を超える事は簡単では無い。
確信を持ってそう思えるからこそ、悔しい。

世界に対して、チームとして戦う強さを十分に見せ付けた。
一方で、それでもこの先には進めないという事実が大きく立ちはだかる。
ただ単にチームワークを美化するだけでなく、足りない部分を見つめて
日常の中で克服する術を身に付けるしかない。

今大会の日本代表は素晴らしいチームであり、個人的には「我々の」代表だと感じた。
今後、このチームを代表として捉えられるかどうかは周囲に掛かってくる。

代表自身が得た物は大きい。
現実的な戦い方に身を削り、勝ち点を奪った。
相手との力関係の結果により、多くの武器は剥奪された。
しかし武器は必要であり、それが武器に成り得なかった現実も受け止めた。
パラグアイとの延長戦を振り返れば、武器を探し続けた時間を否定する事は出来ない。
そして、弱者としての戦いは選択では無く、結果だという実感を得た。

アジアとの戦いで弱者の戦いに磨きをかけ続ける事は難しい。
同時に、虎視眈々と武器を探し続ける事を諦めれば、チームとして戦う強さを結果に
結びつけられない。環境的には障害が多く、課題は大きい。
それでも選手達は確実に前進した。

一方、周囲に目を移すと一部海外のメディアが「日本VSパラグアイ」を「今大会で
最も退屈な試合」だと報じた。
客観的にはその通りだと思う。日本を「彼等」として評価する分には外れていない。
また、別の場ではクライフが今大会のブラジルを「魅力が無い」と評している。
個人的には機能的なブラジルは(曲芸に溺れるブラジルよりも遥かに)魅力的だと
思うが、お馴染みのクライフ節は理解出来る。
それはクライフの問題やオランダの問題であり、バルサの問題かもしれない。
しかし「我々の」問題では無い。

日本の一部の評論家は「かぶれ」た言説を弄し、代表を語り続ける。
また、フットボールに対する傲慢な態度を晒し、日本の未熟さを嘆く。
(今更言うまでも無い事だが、日本以上のタレントを有し、攻撃力を備えるチームが
どれだけ必死に「現実と」戦っているのか!!)
またしても周囲が遅れている。改めてそう思う。

道程は長く、壁は厚い。
それぞれのチームに戻り、日常に熱を持ちこめるか。
我々の問題はそこに尽きる。


スポンサーサイト

| 日本代表 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本VSデンマーク(2010FIFAワールドカップ)

清々しい夜明けが訪れた。
デンマークとの直接対決を制し、日本代表が決勝トーナメント進出しました!!
いやあ、朝から興奮したなあ。
夜中にこれだけ叫んだのは、CL決勝のマンU大逆転以来だな、きっと。

「日本には他のチームにない力がある。選手にスタッフも加え、サッカーがチーム
スポーツであることを見事に証明してくれた」
今は、試合後に岡田監督が残した言葉に自信を持って頷く事が出来る。
素晴らしいFK2発で理想的な展開に持ち込み、デンマークの猛攻をチーム全体で
跳ね返す。守備に神経を注ぎながらも、攻撃的な姿勢がチームを支えた。
グループリーグ最終戦にして、会心のゲームを見せてくれた事が嬉しかったなあ。
本当に全選手の頑張りが素晴らしかった。

前半10分過ぎまでは、デンマークの攻撃に息が詰まった。
オランダ以上の難敵だという予測は開始直後から現実になり、次々と打ち込まれる
楔と相手2列目の流動的な動きに目を覆う。
デンマークはビルドアップの際にサイドバックが高い位置を取り、大久保と松井を
プレッシングから追い出す事に成功する。今大会初めて4-2-3-1を採用した日本に
とっては、重心を崩される立ち上がりとなる。
C・ポウルセンらが前を向くと、シャドーを十全に体現するトマソンのフリーランが
日本陣内の急所を突く。幾度と無く自陣を切り裂かれ、混乱に陥る守備陣の姿。
今大会最大の窮地に見えた。

しかし、流れが変わる。
大久保のクロスに合わせた松井がシュートを放ち、直後には密集をドリブルで
潜った松井が、ボックスに走る長谷部にスルーパスを通す。
右45度から放たれた長谷部の強烈なシュートは惜しくもゴール右上を掠めたが、
ようやく戦闘体勢が整ってきた。センターサークル付近からの動き出しで決定機を
迎えたトマソンのシュートには肝を冷やしたが、すぐさま歓喜の瞬間が訪れた。

前半17分、本田の無回転FKが扉を抉じ開けた。

それにしても本田のFKには度肝を抜かれましたね~。その弾道に鳥肌が立った。
やっぱり、アンタは持っている選手でしたよ。
この場を借りて謝る。いやあスマン!!
一発を秘めた才能は認めるが、不器用なプレイスタイルやスピードの無さを考えると攻撃の
切り札としてベンチスタートが良いのかなあ・・・とかワールドカップ前に思っていたんだけど。
相手が攻撃に出るデンマーク戦ではポストプレイでの貢献も光りました。カッコ良かったな。


続けて30分、ゴール正面で得たFK。遠藤が美しいコントロールショットで沈めた。

個人的には、遠藤のFKに最も興奮した。
ファウルを得た瞬間「遠藤が蹴ってくれ」と思った。理由は分からなかったけど。
デンマークが本田の左足を警戒している事。FKのスポット。
誰よりもピッチを走り、自らのスタイルやキャリアを超えて代表に貢献してきた
遠藤の姿。そして、他サポのワシでも思い知る遠藤の技術。
色々考えられるけど、とにかく遠藤が蹴るべきだと思った。
ゴール後、天に右手を掲げる遠藤を見て絶対に勝てよと再び強く願う。

以降は攻勢を強めるデンマークに対して、日本が我慢強く耐える展開。
日本は先制点の直前に4-3-3に戻し、尚且つ松井と大久保を中央での守備に
加勢させる修正を見せる。また、2列目の飛び出しにはCBが付き、最終ラインに
阿部が入る事で対応する。
後半に入り、デンマークはクロルドルップを下げてラーセンを投入。
早い時間帯から焦点はパワープレイに絞られた。
闘莉王と中澤を中心にハイボールを懸命に弾き、セカンドを相手陣内に返す。

中澤にも謝らなきゃ(苦笑)スイマセンでした!!
正直個人的には、ここ最近の中澤にはフォームの低下を感じていた。
スピードでの対応は勿論、二次対応や集中力の面でもやや苦しいのかな・・・と。
しかし、この日の中澤は本当に素晴らしかったですね。ベントナーやラーセンの高さを完璧に
近い形で封じ込め、高い集中力を見せた。それを「経験」と片付けるのは失礼かもな。


改めて、阿部の活躍も見逃せませんね。
大会前のイングランド戦から続く戦い方に阿部の存在は欠かせませんね。
勝手ながら、ここ数年の阿部には器用貧乏な印象が強まり、ジェフ時代に感じたダイナミックな
ボランチ像からの乖離を感じていた(昨今のレッズでのプレイでは蘇りつつあるとしても)ので、
CBと中盤のいずれにしても優先度が低い存在なのかな・・・と思っていた。
しかし、アンカーという役割でこれまでのキャリアの集大成を証明するかの様な働きを続ける
姿にただただ頭が下がるばかりっす。本当に良い選手だ。


デンマークが4トップに近い状態でロングボールを打ち込み続ける。
闘莉王と中澤の守備と阿部や長谷部を中心とするカバーリングが冴える。
81分には不運なPKから1点差に追いつかれるが、集中力は切れなかった。
87分、カウンターから途中出場の岡崎が決めて再び2点差に突き離す。
アシストした本田の個人技で勝負ありだった。

「正直に言うと、まだまだいろいろな意味で世界との差はあると思います」
岡田監督が述べた通り、オランダ戦は勿論、デンマーク戦でも依然として大きな壁を
感じた事は否定出来ない。
しかし、目の前の相手に向き合い、その上で全力を尽くす事が出来るこのチームは
決勝トーナメント進出に相応しい。

方向転換や転向では表現出来ない。
経験不足だったのは間違い無い。
しかし、このチームには非日常に挑み、それを受け入れる力があったという事だろう。

乗り越えるべきものは多い。もう一つ、そしてその先へ。
まだまだこのチームが観たい。このチームの挑戦を最後まで楽しみに見届けたい。

| 日本代表 | 01:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本VSオランダ(2010FIFAワールドカップ)

完敗だった。
前半こそ組織的な守備でオランダの慎重さに乗じる事が出来た。
しかし、付け入る力は無かった。

後半開始直後にオランダがギアを上げると、10分間でゲームの体勢を決められてしまう。
結果的には、最終戦に望みが繋がった。スコア的には満足すべきゲームだろう。
しかし、個人的にはもっともっと出来ると思っていただけに、残念な気持ちが大きい。
攻撃面でのチャレンジがもう少し観たかった。
少なくとも、オランダを慌てさせる展開に持ち込みたかった。

オランダ戦を経て改めて感じる事は、アジアを超える手段は世界で戦う為の武器には
成り得ていない、という事実。4年間のプロセスが間違いだとは思わないが、そのギャップに
課題が存在する事は間違い無い。

カメルーンとの戦いよりも前進した最終ライン。
オランダ戦は未来の日本にとって乗り越えるべきゲームになるだろう。
そして、その最初の一歩はデンマーク戦であり、決勝トーナメントになると信じている。

| 日本代表 | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本VSカメルーン(2010FIFAワールドカップ)

一つは実現した。
そして、このチームにはまだまだ挑戦すべき事がある。

ワールドカップ緒戦、日本が勝ちました!!
少ないチャンスを得点に結びつけて、集中した守備でカメルーンの攻撃を凌ぎ切った。

右サイドの松井へ送られた遠藤のパスには力が備わっていた。
松井の切り返しがカメルーンのゴール前にエアポケットを作り出し、本田が落ち着いて決めた。

得点直後、「点を取ったら来いよ」という憲剛の言葉を思い出した本田は、ベンチの控え選手の
輪に飛び込んだ。素晴らしいシーンだったなあ。
本田は「試合に出る出ないは勝負の世界だからしょうがない。でも、みんなで戦ってるんだと
示したかった」と語り、ゲームキャプテンの長谷部は「(点が取れた時は)嬉しかったし、
あいつも何て言うのかな。ベンチに走っていってくれてね。あいつなりに優しい心を持っていてね。
チームみんなで戦っているんだという。あいつがああやってベンチに走っていってくれると、
チームとしてもまとまるし、すごく思いやりのあるいいやつだなぁと思いました」と付け加えた。
緒戦、チームが手にしたモノは大きい。

内容的には苦しいゲームだった。
前線からのプレスを控えて、自陣でのブロックを安定させる。
相手の中盤3枚へのチェックと両サイドでの人海戦術が機能し、自陣が脅威に晒される事は
少なかったが、当然の如く攻撃面では手立てが少なかった。
最終ラインはクリアが精一杯の状態で、中盤は窮屈な展開にミスを繰り返す。
唯一実現した狙いはサイドからの早めのクロスであり、それが先制点の伏線に繋がったのは
幸運とも言える。しかし、その運を引き寄せるだけの組織力を見せる事は出来た。

両サイドに起用された大久保と松井は少ない仕掛けのチャンスを窺いながら、しっかりと
相手3トップの背後を閉じた。2人のコンディションの良さは大きなポイントになりましたね。
1トップに起用された本田は、与えられた役割を十分に遂行した。
体を張ってロングボールを収め、引いた位置からのボールキープでチームに時間を与えた。
中盤やサイドの起用で散見された不具合は減り、当たり負けしない強さと前に向かう意識と
いう本田の強みがチームに還元された。守備面でも今まで以上に貢献していたと思う。
カメルーン戦での本田の役割は、彼にしか出来ない仕事だった。

生命線である遠藤と長谷部は攻守に良く動いた。
攻撃面に関して言うと、今後のゲームでは更にプレイの精度が求められる。
阿部がバイタルに控える今、それだけこの2人に掛かる責任は大きい。
韓国戦、イングランド戦での遠藤には珍しく不安も感じたが、やや持ち直してきたか。
チャンスを作り出す事は少なかったが、運動量が戻り、要所のパスワークに絡んだ。
(このゲームで最も長い距離を走ったのは遠藤で11.264キロ。本田が遠藤に次ぐ
11.092キロ。ちなみに日本の平均は7.853キロで、カメルーンの平均は7.354キロ)


最終ラインは集中した守備で90分持ち堪えた。
特に後半はスペースが空き、相手中盤やサイドが前を向く場面が増えた為、苦しかった。
中澤と闘莉王は空中戦で競り負けず(想像以上に勝つ事が出来た)、阿部がカバーリングに
奔走し、守備陣全体でセカンドボールを根気良く拾い続ける。両SBは簡単には飛び込まずに
相手のスピードを殺す。試合後の長友の充実した表情が印象的でしたね。
しかし、90分間エトーさんがサイドに張り続けてくれた事は日本にとって幸いだったかな。

2点目を奪うチャンスはなかなか作り出せなかった。
相手のスピードに対する警戒からか、ピッチ中央への横パスが回避された為、縦長のゾーンに
閉じ込められる状況が続いた。しかし、潜在的には中央を使ってゴールに向かう事が出来る
シーンは存在する。あと2本中央で繋ぐか、大きくサイドを変えるか。
今後の相手を脅かす為には、このままでは難しい。

カメルーン戦は現代表のベストゲームでは無い。
マイアミの時とは明らかに異なり、これは奇跡では無い(マイアミも単純な「奇跡」では無いと思うけど)
まだ、上がある。少なくとも今はそう信じています。
オランダ戦、結果が欲しい。

・・・その前に。これから北朝鮮の初陣ですね。ちょっと緊張してきた(苦笑)
ヨンハ、頑張れよ!!!!

| 日本代表 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本VSイングランド 善戦を超えて

イングランド戦を取り上げて光明を見出すのは、流石に虫が良すぎる。
現在の代表にとって単なる「善戦」は失敗であり、その意味で悔しいゲームだった。

埼玉とグラーツ。雨中で行われた両ゲームから大きな物語を導く事は出来ない。
確かに今年に入ってからの代表は「迷走」と表現するに相応しく、結果的には
オプションを削ぎ落とす事に時間を費やした。
攻守に圧倒された韓国戦の後だけに、イングランド戦の戦い方を転換と見る向きも
あるだろう。しかし、実際は現代表のポテンシャルがある程度発揮されたゲームに
過ぎないと思う。

イングランド戦の75分は、昨年9月のオランダ戦を映した目にとっては少なくとも
「善戦」の類では無く、変わらぬ失敗だった。
セットプレイから闘莉王が見事な先制点を挙げる絶好の展開。
個人的には、守りに神経を注ぎながらどれだけ攻撃に出られるかに期待していた
だけに、特に後半の内容には改めて落胆した。
残念ながら「善戦」を超える野心は表現されなかった。やはり足りない。

前半の守備組織は必須に近い。フォーメーション以前の問題として本大会でも
同様の守備を期待しています。
前線の深追いが孤立するケースは減少し、若干プレスの始点を下げる事で
中盤の連動性は保証された。両サイドでの挟み込みや、アンカーの利用で
下がって受ける相手FWへの対応も整理された。
生命線とも言える、インターセプトと人数を掛けてボールを動かす切り替えを
一体化させる中盤のコンパクトネスも一定の時間帯で維持出来ていた。
極論すれば、それら全てが90分続くのであれば「善戦」の可能性は更に高まる。

長谷部や遠藤が高い位置で攻守に絡む事が、紛れを起こす為のベースになる事は
間違いない。特に早い時間帯では最優先事項に近いと思う。
しかし、それだけでも足りない。
その周辺に一つでも多くの落とし穴を掘り続けるべきだ。
(テリーが嫌な素振りを見せた岡崎の飛び出しを先鋭化させる仕掛け等、まだ出来る事はある)

選手選考についても直前まで予断を許さない状況ですね。
俊輔のコンディションは上がらず、本田は継続的な動きに適応出来ていない。
勿論、共に代表に値する選手だとは思いますが、少なくとも長谷部や長友、
岡崎や闘莉王ほど現代表にとって優先されるべき存在では無いと思う。

余談ですが、本田はプロとしては素晴らしい選手だと思っています。自分の特徴を理解し、
強みを特化させる事で自らの居場所を作り出したそのキャリアは見事ですよね。
名古屋時代のプレイ(特にフェルフォーセンの「ウイングバックいじめ」とか(笑))を思い返すと、
良くぞここまで・・・と思う。磨きが掛かった一発は十分な武器に成り得ると思いますが、元々
器用な選手では無い(というか、大半の状況では弱点が明らかに多い)ので、対戦相手や試合の
状況によっては足枷になる可能性が高い。攻撃の切り札としてベンチに置くのが適当かなあと。

え~、俊輔については何よりもコンディションが悪過ぎですかね。韓国戦を見る限りは、使い辛い
でしょうねえ。コンディションが良くても使い勝手が難しい選手だけに、う~む・・・。


余談ついでに唐突に妄想を披瀝しますが、玉田が間に合いそうなのは楽しみですね~。
個人的には、玉田がエースだと思っている(キッパリ!)
ひょっとしたらグランパスサポ以上にそう考えているかも(笑)
Jリーグでの得点数の少なさから得点力が疑問視されがちだけど、相手を問わず一発を秘めた
選手(実は「怖い」選手)だと思うし、ディフェンスラインの前でボールを受けるスタイルもチームの
スイッチとしては絶好だと思う。
まあ、相手によって使い分ける事が前提ですが、玉田の1トップとかアリだと思うんだけどなあ。
玉田が引いたところに中盤が絡み(または絡むと見せかけて)、岡崎や田中達也(居ないか)や
長谷部が繰り返し裏を覗き、相手ディフェンスラインのギャップを誘うってのが、「ハエ戦術」としては
ベストに近いと思っているんだけどなあ。まあ、誰が得点を取るとか、そんな細かい事は無しでね。
イメージはこんな感じ。


日本代表
 玉田 
岡崎田中達也(石川)
遠藤(憲剛)長谷部
 小笠原(稲本) 
長友駒野
闘莉王今野
 楢崎 
あ、勝手に小笠原とか入れちゃいました。

何はともあれ、いよいよワールドカップまであと10日。
個人的には予選突破のチャンスは十分にあると思っていますし、期待しています!
やっぱり、カメルーン戦が重要なのは間違いないですね。全ては緒戦だな。
(エトーさんの暴れっぷりにも目が離せませんね・・・)

| 日本代表 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。