being there 

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤマザキナビスコカップ決勝 広島VSG大阪

2014110801.jpg

2014110802.jpg

11月初旬。ちょうどサンフレッチェも秋から冬を迎えつつある。
新たな生命を宿すのか。それとも自己に停滞するのか。
エリクソンのライフサイクルに照らしてみたら、そんな季節が到来しているかの様。
一人のファンとして見ると、依然として彼等のサッカーは十分楽しい。
そして、そのプレイレベルには呆気に取られて薄ら笑いを垂れ流しちゃう。

それでも、今シーズンを戦いとして見れば、自陣に引いたゾーンでは跳ね返す力が足りず、
相手を掻い潜るパスワークにも自らの走りを欠いている。昨年までの風は無い。

2014110803.jpg

序盤はガンバが構え、広島が繋ぐ。
青山が丹念にサイドへ流し込み、柏と山岸の両翼は早目にクロスを送る。ボックスまでは迫る。
対するガンバは攻撃時の前線のを整えて決戦に臨んでいた。
パトリックが水本を連れてサイドに流れ、空いたスペースを阿部が斜めに侵入する。
ペナのカバーに走る柴崎と山岸の後退に乗じて、米倉が高い位置を奪い二次攻撃を窺う。
生まれた中盤のスペースで宇佐美がボールを引き出し、バイタルへ颯爽と運び込む。
また、遠藤がロングフィードで効率良く広島の間延びを誘い、陣地を挽回する。

2014110804.jpg

しかし、柴崎が相手の一瞬の隙を突いてボールアウトを達し、山岸は粘り強く守る。頼もしい。
寿人が精力的に走り、前で相手ボールを引っ掛ける。ペースを掴む。
岩下のハンドで得たPKを寿人が決めて、先制。

35分、直樹の左足が岩下を襲い、その跳ね返りを寿人が押し込む。女神の気配を感じるぞ。
既に立ち上がりからの緩やかな広島ペースは去り、直近の時間には急激にガンバが試合を
握り始めていたからなあ。
この時間帯に此方へゴールが転がるのであれば、「今日こそは」と緊張が走り始めた。

しかし、その3分後には遠藤が左サイドへ流れると魔法の杖を優雅に振るう。
後出しジャンケンと言われようと、あの瞬間は「あーコレはやられたな」と時間が止まった。

2014110806.jpg

1点リードで折り返したが、後半頭も圧倒的にガンバが攻めたてる。
後半から大森がサイドに入り、遠藤が中盤の底から攻撃に圧力を加えると防戦一方に。
立て続けの林のシュートストップに「神懸かり」という形容が浮かんだけれど、イヤイヤそれは
林に失礼だなあとか呑気に思ってたが、最早風前の灯。
「直樹よ、岩下からレッドカードを強奪するのだ」とか祈るだけでは劣勢は変わらない。勿論。

54分、またもインスイングのクロスからパトリックに叩き込まれ、遂に同点。
さらには、昼寝がしたくてグズり始めた息子を宥めてたら、目を離した隙に大森に逆転ゴールを
決められており、ムカつくやら悲しいやらムカつくやら。何なんだよ長谷川健太の黒シャツはよー。

山岸の悔しさや3バックの足掻き、皆川の焦りなど、色々な感情を心に留めながら念を送る。
しかし、試合終了。またもカップには手が届かなかった。

表彰式は見ずにスタジアムを後にした。
帰り道で漠然と感じていたのはサンフレッチェの強さと次の季節について。
相手の対策が進んでいる事もあるけれど、まずは自らに目を向けたい。
屈めた膝は以前の筋力を失っている。課題はゾーンの守備とビルドアップの精度かなあ。
ゾーンの守備については一時期オプションに挙がっていた4バックも含めて、チームの体幹を
支えるやり方を模索すべきかなと。悉く1対1の守備で奪い切る面子でも無いと思うし。
ビルドアップについてはウイングバックは羽交い絞めにされる展開を避けるのが第一。
また、西川が居ない現在、サイドで壁を作る方法(選手)なのか、中盤を飛ばす方法なのか、
オプションは必要になると思う。精度、精度って言っても、青山やカズ、柴崎の能力は十二分に
高いし、塩谷、水本、千葉ちゃんの足元にも何の文句があろうか。
繋ぎの始点を高める為の中盤の守り方か、ペナの攻略に力を集中する為の速攻か。
どちらにしろ、ソッコや皆川などなど、選手個々の力を活かす方向を目指して欲しいよね。
それだけでまだまだ十分に戦えると思うし。ホント。
ガンバとの実力差を感じると共に、春を待つ気持ちも芽生えたゲームだった。
もっと言えば、秋から冬を楽しむ気持ちも蓄えた一日だったわ。

2014110808.jpg

直樹についてちょっとだけ。
3年越しの念願がようやく叶い、サンフレのユニ姿を観れて嬉しかった。
ただ、思ったよりは興奮しなかったかな。何か、自然だった。
当然だけど広島の一員として自然だったし、ちょっと試合に絡み切れない感じも自然だったし、
キーパーよりも高く飛び化け物っぷりも自然だったし、試合中のドス黒いスピリットも自然だった。
まだまだ、広島でタイトルを取って欲しいと思うし、もっともっともっとチームに貢献出来ると思う。

2014110809.jpg

次の季節へ向けて、背番号9の背中を追い続けていこうと思います。
スポンサーサイト

| サンフレッチェ広島 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014 J1 第19節 広島 vs 鳥栖(Eスタ)

カッチカチの前半を見届け、ジョグに出かけた。今日も調子は良くないけど、勝ってくれよと。
90分近く走ってヘトヘトになりながらも、足を止めた瞬間に携帯を開く。
「81分皆川」の文字に飛び上がって(比喩)ガッツポーズ(リアル)。よっしゃあああ。
あの前半の戦いぶりから、良く勝ち点を奪い取ったな、強いなーと妄想逞しく早足で家に帰った。

念の為、もう一回前半も流し見してみると、やっぱ堅いゲームだったなと。
記録上は前半のシュート数ゼロだったけど、採点があれば鳥栖優勢の試合に見えた。
サイドの分厚い守備やクロスとフィードを活用した攻め。
局面で表現される「判断をしないという判断」が強さに繋がってる。継続性やわ。

2列目の金と水沼が自陣まで戻って清水と柏に対応し、しっかりと数的優位を確保する。
その担保も持ちつつ、サイドバックは絞ってシャドーにも対応出来る位置取りでボックスを塞ぐ。
広島は変化を付ける事が出来ない。
森崎和が最終ラインに下がって幅を作るもののその間にサイドを閉じられる。
単調にカズを引き込み過ぎて、却って中央での展開を限定してしまっている感じも。
柴崎がライン間で孤立する。シャドーのフリックや落としに関わる周囲の動きも薄く、
鳥栖のボラに思いっきり背後に付かれてる。
少ないながらも可能性が見えたのは、水本が左からセンターラインを超えボールを収める展開。
高萩が同サイドに開いてボラとサイドバックを引き寄せ、柏に羽を伸ばさせる。
または、早目のクロス、サイドチェンジからバイタルでセカンドを狙う形。 ハプニングの顔は覗く。
いやあ、我慢やね。

ハーフタイム。宮原に代えて塩谷が入る。宮原君良かった。んで、まだまだ出来そう。
攻撃での色気は控えめだったけど秀逸のクロスあり。守備でも我慢強く身体を当てていた。
宮原君に拍手を送ると共に、18歳の選手がスタメンで落ち着いて役割を果たせるという
「体制」に現在のサンフレッチェの強さも見た。

後半開始早々、高萩が足裏のフリックで相手3人を混乱に導き、抜け出した浩司のクロスに
直樹が飛び込むが惜しくも届かず。直樹がポストをしばく。よしよし、形が見え始めたぜ。

後半、変化を呼び込んだのはカズのスペースへのドリブルだったかな。
豊田の背後でボールを持ち上がり、藤田と高橋がフォーリングバックさせて、センターに縛る。
サイドでは柏がスペースを得る場面も。高い位置で絡め取り、サイドへ早目に流し込む展開が
増えてきた。
鳥栖は狭い展開での繋ぎに怖さは無い。サイドの守備にも綻びが見え、意外にも足が動かず、
息が上がり始めた。

残り20分近く、ミキッチ弾を右サイドに投下し、続けて皆川砲を最前線に配備し、揺さぶりを
掛ける。
81分、ミキッチのクロスが逆サイまで横断し、左から柏がインスイングのクロス。
菊池の監視を逃れた皆川が、しっかりと腰を落としてヘッドで叩き込む。遂に1点をもぎ取った。
後は適度なバタバタ感も演出しつつ、逃げ切る。夏の逃げ切りはいつだって汗ビッショリ。
それでエエよ。
後半は完勝に近く、前半の我慢も後半の確かな戦い方があってこそ。デカイぞこの勝ち点3は。

増田にとっても素晴らしいゲームになったな。
ピンチは少なかったが、豊田の強烈なミドルを弾き出し、落ち着いたインプレーで時間も作った。
あと、水本凄かった。もう一回水本オンリーで90分観たいくらい凄かったわ。
周囲のスペースへの警戒と出足の早さ、パワープレイに対する競り合い。
往年のアジャラ並に恐ろしい。

あ、ちょっと真顔でゲームの感想を書いてしまったけれど、直樹原理主義ブログでしたねコレは。

この日の直樹は、前半はなかなかボールが入らなかったけど、後半は見応えがあったのう。
やっぱキレは落ちてるけど、身体を張って、相手の最終ラインに圧力を掛けてたな。
あと、変態ドリブルキープにワロタ。おっかなビックリの股抜きに成功し、ウナギみたいに
ヌルヌルと間を抜けたアレ。スタがザワザワしてた。
ハイライトは77分のプレイ。
ミキッチのクリアを右タッチライン沿いで化け物ジャンプ&胸トラで収めたヤツな。
アレ現場で観たいのう。時間止まるんだよなスタジアムで観ると。
シーズンを通してチャンピオンチームでレギュラーを張るっていう素晴らし過ぎる現実を考えると、
まだまだもっともっと期待したい事もある。
でも、現在の直樹は初めての時間を経験してると思うし、その時間を出来るだけ見届けようと。
ここからもっと高く飛ぶぞ、直樹は。

| サンフレッチェ広島 | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二つの笛を聞く

ベンチに腰をおろし、試合開始の笛を聞くその背中は細く、しかし、獰猛だった。
当時、大宮は前線に足元のボール扱いに長けたラファエルとイ・チョンスを擁しており、
90分の戦略を考慮し、背番号9をベンチに据える事も多かった。

個人的には石原直樹の魅力に憑かれていた。あんな怪物を観たのは初めてだし(笑)
でも、先制点を奪うにはラファとチョンスの技術や感覚こそがチームに必要だと思った。
同時に、追加点を奪うには直樹以上の兵器は日本に存在しないとも信じていたけど。

直樹はボールよりも速く走るし、クロスよりも高く飛ぶ。これは比喩では無く、日常の光景だ。
だからこそ、ボールプレイの周辺では異物であり、他者である。
(実のところ、これは広島で活躍している現在もそれ程変わっていないけれど)。
決して、直樹の実力が二人に劣っていた訳でもない。
直樹以外のフォワードは先発以外で活かせる状況が少なかったし、誤解を恐れずに言えば、
直樹よりも攻撃力の劣る市川を先発としてピッチに送る時期もあり、逆説的にチームにとっての
直樹の存在の大きさは明らかだった。
現に当時の指揮官である鈴木監督も「どの選手を残すのが有効か考えるようになった」、
「石原が2枚いれば良いがそういうわけにはいかないし」とアツい言葉を残している。
ただ、強さが足りないチームは、勝利のために猛獣を檻の中に残した。

しかし現在、チャンピオンチームにおいて90分必要とされる選手へと成長した。
相手ディフェンスに身体を預け、エースのゴールを導く。
先制点を奪う為に必要な選手となった。

鷹の様に舞い、相手の肩越しにヘディングを叩きつけ、皆川のプロ初得点をアシストした。
相変わらず追加点を奪う為には必要な選手で在り続ける。

正直、中断明けは連戦の疲れも濃く、本調子とは言い難い動きかもしれない。
それでも、その力を90分間ピッチで表現出来るプレイヤーへ成長した。
守備ではサイドバックへプレッシャーを与え続け、ボールを奪った瞬間には身体を張って
ボールを守り、裏への侵入で中盤のスペースを作り出す。
ジャイアントステップはサイドでのボールプレイや味方の使い方で数多く感じる。
ここ2戦でも既にアシストを重ねているし、今日も皆川のシュートに繋がる右サイドでの崩しに
思わず声を上げた。40歳になっても成長するんじゃねえか直樹は。

明日も直樹はピッチ上で二つの笛を聞く。

| サンフレッチェ広島 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FUJI XEROX SUPER CUP 広島 vs 柏

さて、久しぶりにブログを書いてみます。
刺激された感覚を少しだけでも残しておこうと。そう思わされるだけの面白い試合でした。

脈絡も無く書き連ねるつもりですが、まずは西川周作について。
えーとね、もっと日本のサッカーファンは西川を褒め称えるべきですね。ワシを含めて。
代表のキーパーは川島でも権田でも誰でも良いんだけど、リーグチャンピオンの正GKが
西川であるという事実はメッチャ価値のある事です。
今のJリーグで彼以上にスペシャルな選手は居ないのでは無いか。ポジションは関係無く。
ビルドアップの礎として飛び抜けたスキルを持ってるもんね、今更だけど。
正味の話、それなりの欧州クラブに引っこ抜かれても全く不思議じゃないっす。
試合を引き締めた菅野のファインセーブも素晴らしかったけれど、90分間輝き続けた
西川のプレイはそれを凌駕していたもんね。

次に3バックのレイソルについて。
今のところは割りに合わない格好だなと。新たなチャレンジだという点を差し引いたと
しても明らかに勿体無いわな。
象徴的なのはジョルジ・ワグネルのウイングバックですかね、やはり。
高い位置で彼の攻撃力を活かしたいのあれば、大谷が最終ラインに入って増嶋が
カバーに飛び出せる様な組織を備えて、出来る限りジョルジを深く引き戻さずに
守る必要があるし、そもそもそれが「割りに合う」のかは、未だ見えなかったな。
このゲームでは、左で作って右を走らせるサンフレッチェにとって、ジョルジ・ワグネルは
粗の多いディフェンダーとして映る事が多かったはず。システムの陰に個性が消えた感じ。

全体のバランスを見ても、攻撃のダイナミズムは柏本来の出来とは程遠く、頻繁に見られた
中盤の距離感の近さは停滞の原因であり、結果だと思う。
パスを繋ぎながらコンパクトな陣形を保つ一方で、相手ディフェンスを剥がす為のオフの
動きはぎこちなかった。前線での釣瓶の動きや裏抜けの連携を更に高める必要があるし、
最終ラインの展開から相手を剥がす仕掛けを施したり、サイドで数的優位を作るパターンも
増やさなければならない。
あと、相手陣内でボールを奪うという点で広島との差は大きかったですね。
大谷や茨田に対する青山と森崎和のアプローチは整然としており、尚且つ圧力が強い。
端的に言えば、前線3枚のプレスの方向付けの差が最も大きかったと思うけれど。
現状だと攻撃の始点は下がり、その分前線に掛かる負担増も明らか。その点でも持ち前の
攻撃力を犠牲にしている気がしましたね。
各選手の能力に疑いは無いけれど、この新システムが本当のオプションに成り得るのか
どうか。今後に注目。

その他では、ボランチ青山の充実っぷり(あの役割は「ボランチ」と呼ぶに相応しいっす)と、
奇しくもレイソルの3バックと噛み合った事でより実感出来た清水と石川の頼もしさ。

柏に関して言うと、近藤のイエローはメチャ痛かったでしょうな。
その他では、キムチャンスのプレイヤーとしての骨太っぷりが好印象だったのと、栗澤や
田中順也が控えに居るという点で「戻れる所はある」と痛感させられた事。

そうそう、直樹については、1トップに投入された事にまず驚きましたね(寿人が大事を
取ったという事もありますが)。今年はシャドーよりもトップでの勝負になるかもね。
まあ、直樹は直樹でしたね。良い意味で。
フィジカルが強い柏の守備に対しても、直樹の軸の強さやスピードは反発力十分だったし、
あの時間であれだけ掻き回されると、相手陣内は消耗するよね。
今年は昨年以上の活躍が求められるし、怪我無く闘い続けて欲しいですね。


| サンフレッチェ広島 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高円宮杯U-18チャンピオンシップ 東京VユースVSサンフレッチェ広島ユース

〔JFA公式〕高円宮杯U-18サッカーリーグ2012チャンピオンシップ結果
〔スポーツナビ〕広島ユースが3連覇、野津田が2年連続MVP=高円宮杯

両チームのキャラクターと各選手の才能が眩いゲームでした。面白かった。
ヴェルディとしては、攻撃面で主導権を握る時間が長かっただけに、結果的には失点の
仕方が勿体無かった。特に開始直後のセットプレイと野津田選手のミドルへの対応は痛恨。
逆の視点で言えば、広島の試合巧者ぶりが際立ったゲームでした。

広島はトップチームと同じく3-4-2-1の布陣。
守備時には両ウイングバックを下げて人数を掛けて守る一方、奪ったボールを早目に
トップに当て、サイドから迷わずアーリークロスを入れる等、自らの術に徹する。
少ない人数で攻め切る。それが難しい状況では、セカンドを拾って人数を掛けて攻撃を
作り直す。守備に人数を掛ける分、その辺りのオプションの多彩さには手慣れを感じる。
勿論、チームの特長の一つであるトランジションの徹底こそが真骨頂なのは間違い無い。
2シャドーと両ウイングバックのプレスバックや挟み込みは要所要所でゲームの流れを
変えていましたね。
前半20分以降や後半頭など、ヴェルディの攻撃陣に押し込まれる時間帯も多かったが、
その際もチャンスを窺う落ち着きにチームとしての強さが見られました。
また、サイドからの攻撃に対する守りにも安定感があった。3バックが狭い間隔で中央
を閉じ、両翼や中盤の底がサイドのアプローチに出るという最終ラインの作り方にも
熟練を見た。

選手個人ではやはり野津田選手が圧巻でした。初めて1試合通してそのプレイを見た
のですが、評判通りの好選手ですね。
2得点1アシスト(2年連続のMVP)というチームを勝利に導く仕事は勿論、総合的に
チームへ貢献出来る選手ですね。サイドでのプレイ選択、中盤のスペースを使う動きや
守備意識等、他の選手を活かし、他の選手に活かされる働きも多かった。
ボディバランスやステップの力強さも十分。あと、先制点と1アシスト(絶品!)を
叩き出した利き足とは異なる右足の能力にも目を見張る。既にトップ昇格が決定済み
(既にJリーグデビュー済み)との事で来期以降の活躍が早くも楽しみですね。

あと、8番の末廣選手も目に付きましたね。判断の良いシンプルなプレイがとても
印象的でした。恐らく、ボールを受ける前に周囲の状況がよく見えているのだろう。
とにかく、気の効く選手だなあという感想を頻繁に抱いた。終盤、両足を攣って
交代したのですが、それまでの献身を考えると拍手を送らざるを得ませんね。

対するヴェルディは、所謂「タレント集団」との呼び声が高く、トップ昇格6人と
いう異例の年代。プロの予備軍とは言え、高校年代の選手にタレント云々というのは
やや違和感もあるけれど、このゲームを観ただけでも、特徴的な選手が多いのは確か。
ただ、個人での打開に陥る場面が多く、その点が広島との最大の違いに見えました。
本来はもう少しパスが繋がるチームだと思うのですが、サイドの局地戦で孤立したり、
バイタルの攻略でやや急いでしまう場面が目に付きました。それも広島のボールを奪う
アクションが与えた影響の一つなのかもしれませんね。

両サイドバックを高く張らせ、押し開けた中盤でボールを動かす様は相当レベルが高い。
また、カウンター時に前へ運ぶ中盤の能力は軒並み素晴らしい。
特に11番の前田選手10番の中島選手は、タイプは違えど、更に高いレベルでも十分に
通用する印象。
前田選手はボールを受けた後のトップギアへの入りが早く、トップスピードに乗ると
手を付けられない程の勢いを感じた。シュートも強烈ですね。
中島選手は線は細いけれど、間で受ける技術と巧みなスラロームで相手の逆を取るのが
上手い。高いシュート意識もそうですが、ドリブルの仕掛けも攻撃的ですね。

ゲーム自体はヴェルディの攻撃陣に注目する時間が多かったのですが、痛かったのは
後半開始直後に得点を決めた後の流れで追いつけなかった点。
特にサイド攻撃が不調は響いたかなと。ただ、中島選手を筆頭に中央を強引に攻める
意識もあり、その点には非常に感心しました。それでも広島のゴール前は崩れなかった
ですけどね。勝負勘や駆け引きにも唸らされるゲームでした。

最後に個人的に覚えておきたいことを2点。
1点目は、今大会を最後に8年間の広島ユースの指導を終える森山監督の言葉。
「気持ちには引力がある」
運動量と球際で勝つという選手達の意志は、確かに勝利を引き寄せた。

もう1点は、表彰式での高木大輔選手の表情と態度。
準優勝チームの一員として高円宮や協会のお偉方と握手をする恒例の場面ですが、
表面上は悔しさを微塵も見せず、両手で握手を求めながら笑顔で挨拶をし続ける姿を
見て、ちょっぴり心が動いた。

技術や力だけでは無く、幾つかの心も印象に残るゲームでした。

| サンフレッチェ広島 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。