being there 

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011年3月16日

自らの無力さは自らの中に留めなければならない。
落ち着いて出来ることを見極め、無闇に感情を振り撒く事だけは避けたい。
「不謹慎」という言葉の標的を探す事も含めて、ですね。

一部のマスコミは被災者に届けるべき情報を軽視し、被災地の悲惨な状況を
被災者では無い人間に向けて垂れ流し続ける。
視聴者とは誰なのか、という大きな疑問や怒りを感じるが、それを撒き散らす
のも今やるべき事では無い。

また、この期に及んで情報を摘み食いし、最前線で働く人々や専門家を
「評価」するような事も避けたいと思う。
今更、原子炉の詳しい構造などを知りたいとは思わない。
まずは、近隣の人達が今後どうすべきかが重要であり、被災者では無い人間が
説明責任のレベルで利害を突き合わせている場合では無い。

改めて、自分が出来る事は限られると痛感している。
それだけに、今は無力さと向き合い、落ち着いて行動するしかない。
被災地から離れた人間が、自分の無力さを払拭するが如く、無闇に動く事も
控えるべきだろう。


仕事帰りの道中、計画停電の予定時刻2時間前に近くのコンビニに立ち寄った。
財布から不安を支払う様に大量の食料をビニールに詰め込む人を見掛ける。
空っぽに近い店内の棚から一食分の食料を掴んで店を出ると、通りを挟んだ
小さな畑で80代位の爺さんが黙々と鍬を振り下ろす姿が目に入る。

被災地の為に今出来ることは限られている。何も無い、という方が正確かも
しれない。残念ながら、被災地の生活を救える知識や技術は持っていない。
それならば、今は自らの仕事をしっかりと行いたい。
そして、彼の地を想像しながら、出来る事に取り組むしかない。

3月11日以降、身の回りでは人の力を感じる場面が増えた。
希望を持ち続けたい。

スポンサーサイト

| 未分類 | 11:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北地方太平洋沖地震

昨日、三陸沖を震源とする国内観測史上最大のM8.8の地震が発生しました。
灯りを失った信号機。跳ねる交差点の車。広がる喧騒。気味が悪い青空。
ふと、その瞬間の光景が目の前に蘇ります。

まずは、被災地の方々の無事を心から祈ります。
残念ながら、既に津波や火災による壊滅的な被害が確認されています。
今後も余震が続く事が予想されます。また、原子力緊急事態も宣言される等、
予断を許さない状況ですが、二次災害等による被害が最小限に収まる事を
ただただ願います。

天災の力には勝てません。
しかし、人は無力では無いという事だけは信じたいです。

| 未分類 | 16:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

J1第1節 VS鹿島アントラーズ(カシマサッカースタジアム)

次の扉は激しく開け放たれた。
前半は新たな地平を垣間見た。後半は厳しい現実の裂け目から二度の閃光が差し込んだ。
大きな意味を持つゲームだった。そのインパクトの前に、今はちょっぴり足が竦む。

三度リードするも、終了間際の失点で引き分けに終わった。悔しいですね。
現地観戦ならば、ガックリと肩を落としていたのは間違いない。
それでも尚、鮮やかなスタートだとは感じていたはず。TV画面を睨みながらそう思う。

内容を振り返ると、数え切れない粗が曝け出された。しかし、現在論う点は無い。
前のめりに倒れ込むその意気を観ると、後半の息切れにも今はただ拍手を送りたい。
4年ぶりのTV画面越しに見る開幕戦。ゴール後の選手達の笑顔が最も心に残った。

〔大宮公式〕J1 第1節 鹿島アントラーズ戦の試合結果

アルディージャはシティカップと同じスタメンで臨む。

序盤、大宮の息が荒れる。各選手の足にボールが付かず、中盤のバランスが見出せない。
最終ラインではヨングォンが相手のFWに鋭く食いつく一方、ゴール前には穴が出来る。
しかし、北野が連続セーブでピンチを凌ぐと、次第にチームに活気が漲る。

ディフェンス陣がラインを押し上げて、青木と上田がアプローチを早める。
青木が相手のボランチに圧力を掛け、相手のコントロールミスを上田が拾う。
高い位置でセカンドボールを拾うと、前線の動き出しが相手陣内にスペースを作り出す。
リズムを掴む。

また、最終ラインからの繋ぎがチームの新生を印象づける。ヨングォンが坪内から離れて
味方の中盤をトライアングルに引き込むと角度と距離を測りながら、次々と中盤へ繋ぐ。
中盤の底では上田がボールを捌く。中盤からサイドバックにボールを戻す際、横並びでは
無く、段差をつけて顔を覗かせる。鹿島の中盤ボックス内でボールを集め、サイドを変える。

前半11分、二人の意志が通う。サイドに開いてボールを受けたヨングォンが最前線で裏を
狙うチョンスの動きに合わせて左足を振り抜く。アレックスと伊野波を振り切り、チョンスが
ボックス内でバウンドしたボールを叩く。飛び出しを躊躇した曽ヶ端の脇を抜き、先制!!
待望の先制点を手に入れる。

その後、鹿島が前線にボールを飛ばすが、明らかに普段の作法では無い。
大宮の中盤が相手陣内で圧力を掛けて、最終ラインが大迫と興梠を背後から詰める。
前後に分断する鹿島を尻目にセカンドボールを奪ってサイドへ展開する。
チョンスの動き出しに応じて、2列目が相手の最終ラインの前で隙を窺う。ゴールに向かう
意識が伝わって来る。優勢が続く。

大宮の攻撃陣はシティカップの時とはまた別の顔を見せる。
主税は衛星としての機能に向上が見られた。チョンスの動き出しを利用し、時には自らが
チョンスを追い越す事でバイタルにスペースを作り出す。
ラファは攻守のバランスを重視する佇まい。時にはサイドバックのカバーの為に自陣深く
まで戻り、結果として攻撃時にボールに触れるエリアは限られた。
一方、右サイドで渡部が躍動する。逆サイドで溜める流れが多く、必然的にスペースでの
仕掛けを担う機会が増え、積極的なプレイで前線の動きを活性化させた。

大宮はシンプルにフィニッシュへ至るが、追加点の気配は遠のく。守備では野沢のミドルを
弾き返す等、北野が落ち着いて要所を締める。前半終了。

後半に入り、風雲急を告げる。
後半の立ち上がりにCKのこぼれ球を伊野波に蹴り込まれて同点とされるが、その2分後に
渡部の突破から得たFKを上田が豪快且つ繊細に蹴り込み、再度突き放す。

しかし、内容に目を向けると劣勢の目が強まる。鹿島のサイドバックがポ位置取りを高め、
中盤では簡単にボールを運ばれるシーンが増える。相手の大きな展開に青木や上田の
アプローチも弱まり始めた。前半のハイペースを考えると想定内とは言える。
但し、リードしているこの時間こそボールを繋いで息を整えたかったのも事実。

また、杉山が頭を打ち倒れたシーン辺りからは笛が多くなり、前からボールを奪うという
一体感を失い始めた印象が残る。勿論、各選手の疲れがファウルを招いた事も考えると、
前半の戦いを90分を続ける事は出来ないという事だろう。

58分にまたもセットプレイから失点。CKから岩政にヘッダーを喫し、再び同点。
それでもアルディージャには反発力が残っていた。64分、左タッチライン際からチョンスが
ドリブルでカットインすると右足から強烈なロングシュートを叩き込む!!凄い。

69分、運動量豊富にピッチを駆けた主税を下げて、東を投入。同時にラファを前線に上げ、
4-4-2へ移行。サイドの守備を抑えると共に、ラファとチョンスのキープ力に攻撃を託す。

鹿島が一方的にボールを繋ぎ、ゴール前に迫られる回数が増える。
大味な展開に大宮の選手達の足が更に鈍る。最早、青木は標的を見つける事も出来ない。
相手のロングボール攻勢に対して、自陣に籠もるが、セットプレイを与えて途中出場の
田代等の高さに散々脅かされる。
大宮は76分に深谷を入れて中央に高さを加え、86分には上田に代えて慎を投入し、
中盤に燃料を継ぎ足す。それでも逃げ切る事は出来なかった・・・。

93分、小笠原のスルーパスに抜け出した野沢がグラウンダーのクロスを入れると、身を
投げ出した坪内の足に辺りオウンゴール。残り1分、勝ち点3が手から滑り落ちる・・・。

残り時間を考えると、何とか時計を進められなかったのかという後悔は頭を掠める。
ただ、90分のカウンター(ラファへのチョンスのパスが流れた)を決めていれば・・・という
気持ちの方が大きい。何よりも、相手のシュートミスと上田、チョンスのファインゴールを
思い返すと、これでも勝てないのか・・・という力差に愕然とするだけに、リードの時間帯に
ボールを動かして試合を優位に進められなかった点を心に留めておくべきなのだろう。


【雑感】

・チョンス爆発!!特に3点目(自身2点目)はワールドクラスの一撃でしたね。
アレは生で観たかったっす・・・。結果を知りながらも、録画を観て叫んじゃいました。ニハトばりの弾道じゃ。
この日は裏を狙う動きで2列目がボールを受けるスペースを作り出した。特長であるタメが効くキープを
活かす為にも、今後はラファや主税と共に流動性を生み出して欲しい。


・早くも大きな存在感を発揮した上田。FKでの美しいゴールでサポのハートを掴む。
シティカップに比べるとフィットを感じましたね。前半のゲームを作り出した青木との連携には今後も期待が
高まる。パスの強弱、タイミングによって周囲を動かした。そうそう、前半終了間際にチョンスのシュートを
導いた柔らかいパスには唸りました。今後も楽しみですね~。


・度重なるビッグセーブでチームを支えた北野。北野の為にも勝ちたかったけどな・・・。

・開幕スタメンを飾った渡部は攻守に溌剌としたパフォーマンス。正直、感動した。
前半の途中には、レギュラーを奪うべき選手に成長したんだなあ・・・と実感を得た。ボールを受けた後に
前を向く意識に鋭さを増し、ドリブルには自信も感じられた。サイドアタッカーとしてのトレンドの主流である
自サイドとは逆足で突くタッチを自らの武器にしつつある。また、90分間守備に効く点も見逃せませんね。
中盤が優勢であれば、ゴールに向かう動きは十分に計算が立つ。とにかく早くゴールが欲しいね。


・3失点に絡み、最後は自らのオウンゴールとなればツボの悔しさは想像して余りある。
特に前半は自身は安定したプレイだった。しかし、ヨングォンとの連携にはまだまだ改善の余地が大きい。
杉山や村上のメンタリティも考えると、今のツボには最終ラインを統率するという重要なタスクが課せられる。


・ヨングォンのロングフィードでのアシストは秀逸。

・ラファは攻撃面での存在感が希薄。シティカップにも増してプレイエリアは限られた。
昨年の依然度の高さに比べるとずっと健全だと思うが、ラファの能力は十分に発揮されていない事も確か。
状況に応じてチョンスや主税とポジションを代えながら、高い位置で相手に脅威を与えて欲しい。
チーム全体のバランスを観ながら・・・という段階ですが、暫くは時間が必要か。


・TV画面越しからでも、青木のプレイに相当な意気込みを感じた。
終盤はボロ雑巾の様だったけどw、前半のプレイを観るとそれ自体は仕方が無い。前線へのフリーランや
相手ボールへのアプローチ等、強い決断力が感じられるシーン多し。上田とのバランス自体も悪くないが、
前半のペースでは後半をコントロール出来ない事も事実。この高い壁をどの様によじ登るのか。頑張れ青木!


・リーグ初出場の東は劣勢の中でカウンターに絡み切れなかった。
やはり積極的な仕掛けが出来る選手だとは思った。一点。終了間際のファーへのクロスは軽かったかなと。

・上田のゴールにいつになくはしゃぐ淳さんwまあ、展開や時間帯も最高でしたからねえ。

・交代策には賛否があるかもしれませんが、上田を終盤まで引っ張った意図はやはり重要。

・野沢のスパイクがたまらなく気持ち悪い。

・ラファは1対1で伊野波にボールを触れさせず。ラファLOVEの伊野波頑張れw

・鉄人八塚アナの相槌ほどテキトーなものは無い。



ゲーム中の選手達の表情は非常に充実している様に見えました。
山積する課題は勿論視界に入るだろうが、今年のチームに対する手応えは選手達が最も
感じているはず。ただ、手応えだけでは勝ち点は増えない。
次節ホーム開幕戦、広島戦。まずはやはり守備になるだろう。
鹿島戦は出入りが激しい展開だっただけに、安定したゲーム運びの土台となる守備を
再び見直す事になると思う。次こそは勝ち点3を手に入れたいな。

| 大宮アルディージャ | 19:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開幕前夜

いよいよ新シーズンが始まります。
アルディージャの戦いは日曜日のカシマスタジアムで幕を開ける。

私事ですが、仕事の関係で開幕戦は観に行く事が出来ません・・・。
中継での生観戦も無理なので、ひたすら祈りつつ帰宅後の録画を楽しみにします。
今年は仕事やその他事情により、特にアウェイ観戦はなかなか難しそうな予感。
ホームは何とか皆勤したいけど先が読めない。
かと言って、テンションが下がっているかと言えば、全くそんな事はありませぬ。
ホーム観戦のモチベーションは早くもオーバーヒート気味だし、アウェイゲームも録画等で
例年以上に必死に見守りたい気持ち。負けゲームすら覆す執念で見てやるぞ~、コノヤロ。

そういえば、先週位から雑誌等で順位予想を見掛ける機会が多いですね。
今年のアルディージャは降格候補では無いみたい。ふ~ん。
マガジンの素さんのダークホース評価にはニヤニヤしました。解説者等の一桁順位等の
予想に悪い気はしない。でも、結局のところは信じてはいない。当たり前だ。
これまでのシーズンを思い返すと、順位予想なんか信じてたまるかw 

やってみなきゃわからん。とりあえずやるだけだ。
だから全試合応援する。それだけ。

開幕前夜。今年も一年戦えるのは改めて幸せな事だと思う。
まずは、カシマスタジアムで戦う選手、スタッフ、サポーターの皆様に念を送ります!
いざ新シーズン!!

| 大宮アルディージャ | 01:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新シーズンのアルディージャに望む事



ナイス!ウォンジェ~!!ACLで決勝点かあ。頑張っている姿を観ると嬉しいね。
あ、マトさんは早速イエロー貰ってるのか。今年のACLは何だか身近に感じますな。
コッチも頑張らんと。

さて、大宮的には開幕までいよいよあと3日。
今年も個人的な希望を羅列してみる事に。

・・・と、その前に昨年のニッチな願望を猛反省してみましょう。

①7失点はしない → 達成!
②6失点もしない → 達成!
③ホームで8勝以上 → 失敗(5勝6敗6分)
④得失点差0 → 失敗(得失点-6:得点39、失点45)
⑤3連勝(2006年以来) → 失敗(16~19節は引き分けを挟んだ3勝があったけど)
⑥中盤が16得点以上(勿論、慎のミドルもね!)
→ 大失敗(MF登録は僅か4点。金久保2点、早十と浩が各1点。ちなみにDFは
15得点。深谷6、マトと村上が各3、坪内2、規郎1)

⑦76分以降の時間帯での失点合計8以下 → 失敗(11失点)
⑧ナビスコ決勝トーナメント出場(天皇杯で国立行き、も可) → 失敗
⑨代表選出2名以上(ワールドカップ後) → 失敗
⑩泰史と共に戦う強さを見せつけろ → 失敗

一昨年にも増して散々な結果でした・・・。そんなに難しいのか。うん、難しいか。
①、②は淳さんの監督就任で危機を脱した感も。あ、それでもガンバには5点取られてたかw
それ以外は全て達成出来ず。
③に関しては、鈴木監督就任後の成績(4勝3敗6分け)を考えると何とか今季こそ。
⑥は大きな課題として圧し掛かった。
⑦は一昨年の17失点からは改善されたが、やはり終盤の15分が最も失点が多い時間で
ある事に変わりは無かった。立ち上がり15分の失点(昨年は10)と共に何とか克服したい。
⑧、⑨は可能性も低く、正直終盤戦はそれどころでは無かったw
⑩の判断は簡単。スタジアムを訪れた泰史に余りにも多くの不甲斐ないゲームを見せた。



それでは今季の個人的願望を。

①ホームで9勝以上
②得失点差プラス5
③3連勝(2006年以来)
④中盤(MF登録)が14点以上
⑤後半の得点 合計25点以上
⑥開始15分の失点 合計6点以下
⑦二桁ゴール選手の誕生 
⑧ナビスコカップ決勝トーナメント出場(天皇杯で国立行き、も可)
⑨代表選出2名以上
⑩泰史がNACK5スタジアムのピッチに立つ

①は、昨年5勝のチームに対してちょっぴり高いハードルかもしれない。しかし、勝ち点50と
いう明確な目標の為にもこの程度の勝ち点を望む。②も同様。

昨季の最大の失望だった④については、ややハードルを下げた。 
ラファ、チョンス、直樹がトータルで25点程度決めてくれる事も期待しているが、チームが
目指す方向性を考えると中盤の得点力にもやっぱり期待したい。
特に、中盤5枚の布陣も併用するのであれば、主税や金久保、東と渡部等の奮起も願う。

⑤については、昨年18点からの上積みを期待する。ちなみに昨年の一桁順位チームは
最小でも横浜FMの21点。そして、そのマリノス以外の全チームが後半の得点数が前半を
上回る。今季のアルディージャは選手層の厚みが増した。終盤でのカードで得点を奪い、
勝ち点を引き寄せたい。

⑥は見方によっては厳しく見えるかもしれない。しかし、昨季の一桁順位チームはG大阪と
川崎を除き(いずれも8失点)、全て6失点以下。ガンバと川崎には早い時間帯の失点を覆す
攻撃力がある事を考えると、立ち上がりの失点減少は必達目標にも感じる。

⑦はいい加減頼む。⑧はひたすら楽しみにしている。

⑨はフル代表という事で。直樹に対する期待は勿論、他チームのサポーターからすると
「シーズン前には名前も知らなかった」という選手が選ばれる事にでもなれば嬉し過ぎる。

⑩の達成の為には、泰史の大きな努力は勿論、クラブの成長が不可欠。
泰史をピッチに立たせる事が出来れば、このチームは今よりも確実に強くなっているはず。

シーズンの幕開けを待ちながら、全てが叶う事を祈る。

| 大宮アルディージャ | 02:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。