being there 

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引越しのお知らせ

ブログの引越し先が決まりました。結局、今回もとりあえずはFC2ブログです。

http://bandwagonesque.blog.fc2.com/

前回もお伝えした通り、今後は好きな音楽を中心に書いていく予定です。
これまでサッカー関連でリンクをつけて下さっていた方は、気付いたら適当に外しておいて
下さいね。それでは。
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当ブログへリンクして頂いている方々へ



最近、走りながらこの曲を聴く瞬間が死ぬ程苦しいっす。ホント、痺れるなあ。

えー、早速本題です。
唐突ですが、一昨日あたりに「そうだ、新しいブログを始めよう」と思い立ちました。
これまでの様なサッカー中心のブログは止めて、音楽や言葉に纏わるエントリを垂れ流すことに
なると思います。他所へ引越しするか、それともここを更に掘り返す事にするのかは、追々決め
ます。引越しが良いのだろうけど、面倒臭そうなんだよなー。いきなり腰の重さが鉄屑の如く。

という訳で、これまでサッカー関連で当ブログへリンクを付けて頂いていた方は、お手数
ですがリンクの解除をお願い致します。
気付いたら適当に外しておいて下さいね。
知らない間に単なるグルメ日記とかに変身していても一切の責任は負いませぬ。

私が把握しているだけでも、何名かの大宮ファン以外の方々(浦和方面やシエナサポ(笑)の
方も!)にもこの様な辺境の地へリンクを頂いておりました。改めて感謝の一言っす。

それじゃあ、とりあえずは熱い音楽を聴きまくって、仏像を拝み、酒を飲んでね。
閉じないように抵抗しつつ、しょぼい自意識は出来るだけガンガン捨てて。
改めて、Living well is the best revengeって言葉の意味を考えたりしながら。
まあ、何となくリスタートを切るつもりです。

| 未分類 | 01:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベルデニック監督就任

〔大宮公式〕監督就任のお知らせ
〔大宮公式〕新監督就任記者会見レポート
〔J'sGOAL〕【大宮】ベルデニック新監督就任会見(12.06.05)

ベルデニック監督の就任が決まりました。
シーズン途中からの立て直しという事で簡単な仕事では無いですが、何とか監督の色を
チームに浸透させて欲しいですね。
求められるのは明確な戦術と規律の徹底でしょうか。いずれにしても、選手達がイキイキ
とプレイ出来ると良いですが。
記者会見を読む限り、3バックへの転換は無さそうですし、ソフトランディングが示唆されて
いますが、個人的にはある程度ラディカルなアプローチもアリだと思う。単純にシステムや
戦術だけの問題では無いですけどね。 
残留というタスクを考えると現実論に傾かざるを得ないけど、それによって風向きが変わる
場合があると思うし。ズデンコさんの手腕に注目っすね。

また、井上さん(ユースコーチ)のヘッドコーチ就任にはビックリしましたね。
何がビックリって、経歴の「明石南高校」というところ(そこかよ)。もしかしたら実家は結構
近所だったりしてな。今度秋葉とかで聞いてみよ。

一般論として、シーズン中の監督交代は新監督に大きな負担が掛かると思う。
ベルデニック監督には、各選手の能力、キャラクターを把握し、結果と改革の両輪を回して
いく必要がある。相当な時間を要する事は間違いないですからね。それだけに、新監督に
大きな負担を負わせる訳にはいかない。
岡本GMや井上コーチの存在は鍵になるし、選手達にはこれまで以上の仕事が求められる。
何よりも、この危地を乗り切る為にはクラブ全体の力が問われるでしょう。
目を見開いて、チームの動きを追い掛けたい。

| 大宮アルディージャ | 21:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理想の監督

鈴木監督退任後の報道を見ると、後任にはベルデニック氏が有力との事。
ああ日本在住だしね・・・などと、1分程はゼムノビッチさんと勘違いしておりました(苦笑)
一方、妻は「ズンデコ」と思っておりました。夫婦揃ってスットコドッコイだと思います、ハイ。

ベルデニック氏に関しては、何故か名古屋時代の印象が微かに残っている位で(千葉の時
は全く知らん)、その人柄やサッカーの志向等は良く知りませぬ。
EURO2000のスロベニアの礎を作ったとか(ホントかよ)、3バックとか、金ガッポリとか(笑)
文字情報だけで判断すると鈴木政権からの「転向」やクラブの方向性の揺らぎも感じます
が、まあ見てみないと分からん。正直、後任が「誰か」は余り興味が無いけどね。

ただ、ここまでの流れを見ると、ガッチガチに戦術で固め、手取り足取り1から10まで教えて
くれる監督が適任だとは言えるかなーと。戦術に従って負けたとしても、それは戦術が悪い
からであり、責任は監督にあるという言い逃れが可能ですしね。選手としての成長などは
一旦おいて置こう。もし結果が出れば給料は上がるので、まあそれはそれで。

また、早めの選手交代でカードゲームを制する様な監督が望まれる。
粗の多い選手もキッチリフォローしてくれる様な采配が理想ですよね。そうすれば、単なる
一芸選手や60分限定の選手も見違える様な活躍をしてくれるだろう。選手の実力以上の
モノを引き出して、自信をつけさせるのも監督の仕事ですよね。あと、相手のシステム変更
に対してはベンチワークで対応出来る監督が絶対条件。

そして、今一つモチベーションが上がらない時には、しっかりとやる気を引き出してくれる
監督じゃないとね。時には激高して選手の気合を入れてみたり、その一方で個別にカードを
渡したりしてね。「オマエが努力しているのは分かっている。その努力はいつかきっとチーム
を救うはずだ」的なね。自分で書いてて既に吐きそうだけど。
あと、選手達から「あの監督は何考えているか良く分からないよねー」的な声が挙がるのは
間違っても避けなければダメですよね。だから、ミーティングの最後には全選手からの質問
タイムを設けるべきかと。「この練習を続ければ、何か良い事があるのですか?」的な(笑)
んで、そんな質問をした奴から干していくというね。そしたら、結局誰も選手が残らなかった
りしてな、ウヒヒ。って、完全に脱線してしまったわい。

本来、監督と選手の関係は親と子では無いし、先生と生徒では無い。監督は選手を率いる
リーダーである一方、個人事業主同士という点では選手と対等な立場でもある。
と考えると、上記の様な監督に向けられる「理想」は色々な意味で倒錯していると思うけど、
大宮に関しては別という事で。とりあえず監督がそこまでやるべきだ。やるべきっぽい。
その分、新監督には2億程度は差し上げちゃって下さいよ。ズデンコウハウハ。

うーん、そう考えるとカペッロとか理想だな。毛色はちょっと違うけどファン・ハールでも可。
2億でいけるかなー。
とりあえず、軍曹か教授っすよね。選手を駒か兵隊の様に扱う「ザッツ指揮官」で、その上
規格外の激情家が良いよなー。失点したらベンチで小便漏らすレベルのね。
無理ならトルシエでも良いよ、この際。上の「理想」は結構満たしていると思うし。
トルシエなら流石に2億で4年契約とかで十分でしょ。恐怖の4年縛り。
個人的には全員嫌いなタイプの監督ですが、今の大宮に合っていれば誰でも良いわ。
それにしても、ファン・ハールに重用される渡部とか、トルシエに突き飛ばされる青木とか
・・・・・意外に見てみたいな(笑)

まあ、極論は程々にして。ただ、色々な見方は出来ますよねえ。

唐突ですが、今シーズンの開幕戦でFC東京のある選手のプレイを観て、ワシはビックリ
しました。多分、同様の印象を抱いた人が2名くらいは居るでしょ、きっと。クソ、2名かよ。
正直、ワシのこれまでのイメージとは大きく異なっており、献身的な動きとプレイの持続力
に驚いたのですが、恐らく、それを見た人の多くは「ポポヴィッチって、選手に規律を植え
つけ、モチベーションを高める事が出来る良い監督なんだなあ」と思うんですよね。多分。
それは良く分かります。
ただワシとしては「やっぱりあの選手は信用が置けない奴だな」とも思うのです。

それくらいの勢いで選手には期待していますよ、って我ながら無茶な締め方だなあ。

| 大宮アルディージャ | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。