being there 

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤマザキナビスコカップ決勝 広島VSG大阪

2014110801.jpg

2014110802.jpg

11月初旬。ちょうどサンフレッチェも秋から冬を迎えつつある。
新たな生命を宿すのか。それとも自己に停滞するのか。
エリクソンのライフサイクルに照らしてみたら、そんな季節が到来しているかの様。
一人のファンとして見ると、依然として彼等のサッカーは十分楽しい。
そして、そのプレイレベルには呆気に取られて薄ら笑いを垂れ流しちゃう。

それでも、今シーズンを戦いとして見れば、自陣に引いたゾーンでは跳ね返す力が足りず、
相手を掻い潜るパスワークにも自らの走りを欠いている。昨年までの風は無い。

2014110803.jpg

序盤はガンバが構え、広島が繋ぐ。
青山が丹念にサイドへ流し込み、柏と山岸の両翼は早目にクロスを送る。ボックスまでは迫る。
対するガンバは攻撃時の前線のを整えて決戦に臨んでいた。
パトリックが水本を連れてサイドに流れ、空いたスペースを阿部が斜めに侵入する。
ペナのカバーに走る柴崎と山岸の後退に乗じて、米倉が高い位置を奪い二次攻撃を窺う。
生まれた中盤のスペースで宇佐美がボールを引き出し、バイタルへ颯爽と運び込む。
また、遠藤がロングフィードで効率良く広島の間延びを誘い、陣地を挽回する。

2014110804.jpg

しかし、柴崎が相手の一瞬の隙を突いてボールアウトを達し、山岸は粘り強く守る。頼もしい。
寿人が精力的に走り、前で相手ボールを引っ掛ける。ペースを掴む。
岩下のハンドで得たPKを寿人が決めて、先制。

35分、直樹の左足が岩下を襲い、その跳ね返りを寿人が押し込む。女神の気配を感じるぞ。
既に立ち上がりからの緩やかな広島ペースは去り、直近の時間には急激にガンバが試合を
握り始めていたからなあ。
この時間帯に此方へゴールが転がるのであれば、「今日こそは」と緊張が走り始めた。

しかし、その3分後には遠藤が左サイドへ流れると魔法の杖を優雅に振るう。
後出しジャンケンと言われようと、あの瞬間は「あーコレはやられたな」と時間が止まった。

2014110806.jpg

1点リードで折り返したが、後半頭も圧倒的にガンバが攻めたてる。
後半から大森がサイドに入り、遠藤が中盤の底から攻撃に圧力を加えると防戦一方に。
立て続けの林のシュートストップに「神懸かり」という形容が浮かんだけれど、イヤイヤそれは
林に失礼だなあとか呑気に思ってたが、最早風前の灯。
「直樹よ、岩下からレッドカードを強奪するのだ」とか祈るだけでは劣勢は変わらない。勿論。

54分、またもインスイングのクロスからパトリックに叩き込まれ、遂に同点。
さらには、昼寝がしたくてグズり始めた息子を宥めてたら、目を離した隙に大森に逆転ゴールを
決められており、ムカつくやら悲しいやらムカつくやら。何なんだよ長谷川健太の黒シャツはよー。

山岸の悔しさや3バックの足掻き、皆川の焦りなど、色々な感情を心に留めながら念を送る。
しかし、試合終了。またもカップには手が届かなかった。

表彰式は見ずにスタジアムを後にした。
帰り道で漠然と感じていたのはサンフレッチェの強さと次の季節について。
相手の対策が進んでいる事もあるけれど、まずは自らに目を向けたい。
屈めた膝は以前の筋力を失っている。課題はゾーンの守備とビルドアップの精度かなあ。
ゾーンの守備については一時期オプションに挙がっていた4バックも含めて、チームの体幹を
支えるやり方を模索すべきかなと。悉く1対1の守備で奪い切る面子でも無いと思うし。
ビルドアップについてはウイングバックは羽交い絞めにされる展開を避けるのが第一。
また、西川が居ない現在、サイドで壁を作る方法(選手)なのか、中盤を飛ばす方法なのか、
オプションは必要になると思う。精度、精度って言っても、青山やカズ、柴崎の能力は十二分に
高いし、塩谷、水本、千葉ちゃんの足元にも何の文句があろうか。
繋ぎの始点を高める為の中盤の守り方か、ペナの攻略に力を集中する為の速攻か。
どちらにしろ、ソッコや皆川などなど、選手個々の力を活かす方向を目指して欲しいよね。
それだけでまだまだ十分に戦えると思うし。ホント。
ガンバとの実力差を感じると共に、春を待つ気持ちも芽生えたゲームだった。
もっと言えば、秋から冬を楽しむ気持ちも蓄えた一日だったわ。

2014110808.jpg

直樹についてちょっとだけ。
3年越しの念願がようやく叶い、サンフレのユニ姿を観れて嬉しかった。
ただ、思ったよりは興奮しなかったかな。何か、自然だった。
当然だけど広島の一員として自然だったし、ちょっと試合に絡み切れない感じも自然だったし、
キーパーよりも高く飛び化け物っぷりも自然だったし、試合中のドス黒いスピリットも自然だった。
まだまだ、広島でタイトルを取って欲しいと思うし、もっともっともっとチームに貢献出来ると思う。

2014110809.jpg

次の季節へ向けて、背番号9の背中を追い続けていこうと思います。
スポンサーサイト

| サンフレッチェ広島 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。