being there 

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J2第23節 栃木SC VSジュビロ磐田

思考は現実化する。
その左足がアダイウトンからのリターンをダイレクトで叩く。
楔で裏返された中美が慌ててインターセプトを試みるが、それをも見透かすかのように
膝上を通る浮き球を駒野へ届ける。
インサイドで放たれたボールは自転を止め、そして再び芝を転がり始めた。

ボスロイドのゴールへの道筋は康太の2本のパスで開かれた。
変わらぬ姿と変わりつつある心の重なりを見て、サッカーの魅力を改めて堪能する。

久しぶりに見たサックスブルーは現実と闘うチームだった。
アウトで押し出し、インスイングで合わせた駒野のクロスと頭二つ抜けたボスロイドの
ヘッダーも選手の技術や能力そのものと言える。
それだけに現時点での限界と未来の可能性が同時に見えた。

後ろの6枚は個々で奪い切れる力には欠ける。
その為、一旦はオリジナルポジションを固め、その上で松浦やアダイウトンが弾幕を作る。
また、リーグ屈指のフォワードを活かす潔いラッシュは、強者の理想から解き放たれている。
使い捨てのスタイルでは無く、選手達がサッカーが上手くなれるかどうか。
その土台は作られている。
J1に慣れた目からすると足りない物が目に付くのも正直なところだけど、見方を変えれば
J1のチームも足りない物ばかり。その不足の差は勝負では無く、サッカーに行きつく。
サッカーに立ち向かうチームへと正しい運が転がると良いな。
スポンサーサイト

| Jリーグ | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。