being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第29節 VS東京ヴェルディ(味の素スタジアム)

中盤の運動量は目に見えて落ちていた。
サイドにボールが振られた際、前半に比べて秒単位で寄せが遅れている。
目の前で繰り返される服部を起点とした相手の形には気づいていたはず。
飯尾が下がってボールを受ける動きで塚本を引き出す。
ディエゴや平本が中央から塚本の裏のスペースへ斜めに流れ、レアンドロを外へ釣り出す。
服部はそのスペースへボールを入れる。

土岐田がアップを終え、ベンチに呼ばれたのは後半20分。
足が止まってきた主税に代えるつもりだったのだろう。
しかし、何故かもう1度アップに戻り、再度呼ばれたのは約10分後。
一方、中盤の足も止まり、最低中央1枚・サイド1枚は変えざるを得ない状況。
ディエゴが塚本のサイドに流れてボールを受け始める。右サイドは破綻寸前。
それでもベンチは動かず。

〔大宮公式〕J1第29節 東京ヴェルディ戦の試合結果

6連敗。残留争いのライバルとの直接対決をまたしても落とす。
帰路の時間は長かったな・・・。
こんなチームでもまだ降格が確定していないんですよね~。不思議というか残酷というか。

人身事故の影響でスタジアムへの到着は試合開始30分前。
到着した瞬間、大宮のスタメンが発表。
クレメン・主税の2トップ。両サイドは右に慎、左に内田。センターはマサと佐伯(ここが
一番意外だった!)。大悟はベンチスタート。片岡はベンチにも入らず。
左SBには波戸さんが何気に復帰。そして、右SBには塚本がプロ入り初スタメン!!
ヴェルディは1トップ気味の布陣。名古屋戦同様、サイドに2枚置く形。

残留を掛けた試合という事もあり、両チームともに慎重な、というよりは臆病な立ち上がり。
ロングボールが飛び交う展開が続く。大宮はDFラインでの繋ぎを省き、ロングボール主体。
ゾーンのブロックを固めて、奪ったボールは早めにクレメンへ当てる。
この辺りは横河戦を踏襲する形。

クレメンへのロングボールの際のフォローについては若干の工夫が見られたが(主税が
裏に入る)、依然として不十分で人数が足りない。
また、ロングボールの選択肢が少なく、次第に相手の対応も安定。

プレスの起点は低めだがサイドを早めに抑える姿勢は見えました。
ヴェルディのミスが多かった事もあり、前半は何度か好機を作るものの得点には至らず。
慎は決定機で決めたかったな・・・。
セットプレーやディエゴが前を向いた際のワンツーからピンチを迎えるが、前半は0-0で
折り返した。ここまではプランに沿った内容だったと思う。

横河戦では前半はゾーンで守り、後半はボールを持つ時間を増やした。
前半は守備を安定させ、0-0で凌ぐ。
そして、両チームの運動量が落ち、中盤にスペースが開いてきた場合、ボールを回す
時間を増やして流れを盛り返す。そんなイメージ。
横河戦の前半と後半のギャップはこの試合で現実像として結びつつあった。
横河戦の後半、ボランチに入った大悟。
その大悟をベンチに置いた采配が奏功する展開に見えたのだが・・・違いましたか。

時間の経過と共にヴェルディがボールを持つ機会が多くなる。
両サイドは勿論、ロングボールの蹴り合いの中で後手に回りがちだった、マサや佐伯の
運動量が落ち始めている事に気づく。中盤のフィルターの薄さは決定的にも見えたが
5分・・・10分・・・15分・・・。運動量を補う為の交代策は無い。
ボールを前に簡単に運ばせない為に、サイドの1枚を代えるだけでも出来なかったか。
引き分けも視野に入れていたみたいだが、それならば尚一層理解できない時間だった。

攻撃に形が無い事は深刻だが、まずは守備を立て直す事が最優先だったと思う。
セットプレーや相手のミスを生かして得点出来れば・・・とも思ったが、甘かった。
守備の改善だけでも最低限の結果に繋げたかったが、それも甘かった。

千葉、磐田との試合を残しているのは唯一の救い。
状況は苦しくなる一方だが、まだ道は残されているよな。

【塚本、初スタメン!】
序盤は試合の硬い雰囲気に飲まれそうだったが、徐々に動きが出てくる。
守備での軽率な対応やビルドアップ時の判断の遅さは今後の課題。
結果的に失点に絡む事になったが、仕方が無い場面、展開だった。
あのシーンで縦パスが簡単に出てくる事も問題だしな。

FKやCK、クロスでのキックについては特徴を垣間見せた。
あと、良いな~と思ったのはDFラインでのパス回しの際のトラップ!
不思議な事に練習試合等ではあまり感じなかったんだけど・・・。
まあ、ワシの目が節穴だったのか、他の選手が良くないのかのどちらかだ。

【雑感】

・人身事故で足止め。試合開始30分前に何とか到着出来ました。あ~疲れた。

・江角、執念のキャッチ連発!柴崎のミドルを弾かなかったのは驚き!!残り試合も頼む!!

・主税は機能せず。但し、高い位置で前を向ける選手は主税くらいしか見当たらず。

・内田は切り替えの早さが目立つ。序盤の良い時期を見ているよう。

・慎、ゴール前に入ってくるタイミングは抜群!その後がなぁ~・・・。

・冨田とレアンドロ、久々に安定していたんじゃないでしょうか。今後に繋げてくれ!

・ディエゴのワンツーはわかっていても、キツイね。

・ヴェルディのDJは暑苦しい。

<追記1>→レアンドロ、軽率なミスもあったね。忘れとった。

<追記2>→大事な事を忘れとった。敵をイライラさせる柱谷の才能は神懸り的!

既にアホみたいに切り替えました。まだ可能性があるというのが不思議だもんな。
傍目には既に終わっているのかもしれないけれど。
もう失うモノは無いでしょ。やれる事は限られている。あと、デニスと慶行はまだですか?

| 大宮アルディージャ | 10:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして!
通りすがりのケンと言います。
東京V戦現地で見ましたがやはり攻撃時の押し上げの遅さとちょっとしたパスの精度が遅攻に繋がったのではと…
あとやはり2番は守備はド下手で攻撃も中途半端。
大学最高の右SBと期待されて入団した割に今までトップに絡まなかったのも納得です(・・;)
物珍しさと贔屓目にみても…
卓朗が見たい!
と思いましたが…

| ケン | 2008/10/20 13:19 | URL |

お疲れ様でした。全く同感です。
「何で変えないのか?何を待っていたのか?」そればかりが気になります。ギリギリまで耐えて、トキタ投入で一気に蹴りを付ける気だったのでしょうか?流れを読みまだ耐えられると思っていたのか。選手が気の毒に見えてしまいます。前半動けていただけに。大悟ボランチ先発僕はこれにかけたいです。守備面でのリスクは目をつぶってでも得点にこだわりを見せることがチームに自信と流れを取り戻すきっかけにと思うから。実は僕はそんなにネガっていません。一勝できればいけると思っています。それが遠いということも良くわかります。でも下を向いても仕方ないし。塚本の新戦力、主税や江角の頑張り、DFが安定してきたこと、後は決定力のみ。デニス頼みになりたくないですが、後一歩の所まで何とか来ていると思っています。もう少し。だから諦めません。

| kei | 2008/10/20 14:52 | URL |

実に的確なレビューだと思います。概ね同意します。

かなり余裕がない状況ですが、前向きに捉えるしかないですね。
結果には繋がりませんでしたが、ここ数戦見受けられた選手の迷いが消えていました。
現状からは劇的な変化は望めない。一つ一つクリアしていくしかないですね。
残り時間は限られていますが、守備面はよく整備されていました。

中盤は攻守のバランスが良い選手を並べましたが、逆に中途半端になってしまった。
慎や内田は走れるうちは良い仕事をしていましたが、
後半は奪えない、拾えない、回せない、出て行けない。
ああなると前線のサポートまで望むのは酷です。さすがに運動量が追いつきません。
慶行がいればある程度ポゼッションができて楽もできるのですが・・・。
横河戦から準備していた戦い方のようですし、交代には思い切りが欲しかったですね。

攻撃面はとにかくクレメンにボールを集める事、そして周囲のサポートを速くする事。
ここに来ての塚本起用はセットプレーを期待されての事でしょうね。
以前に比べれば、ゴール前のFKやCKにも期待感がありました。
あのフィードがあれば深い位置にいても相手の脅威になり得ます。
これでクレメンがファールでも貰えれば良いのですが、
未だに日本のDFのやり口が分かっていないようです。
戦略上、早十が健在ならば早十を使ったと思うのですが怪我ですしね。恐らくですが。
勝負はこちらのセットプレー。そして交代で切ったカードに勝負を委ねる。
切るのが遅いのは置いておいて。
忍耐強く戦う事を選んだのだと思います。ああ、何だか懐かしい。

塚本は良かったと思います。神経太そうで好きですね私は。
セットプレーのポジション取りで相手FWを堂々と突き飛ばしていて笑ってしまいました。
変に気を抜くところがあるようで、判断が悪い場面もありましたがそこは経験ですし、
ハイボールの競り合いや走り合い等、フィジカル的にも問題はないかと。
現役時代(大昔ですが)にサイドのポジションをやっていたので
あの右足のボールタッチとキックの種類の豊富さ、精度には惚れ惚れしました。
彼には今後も大いに期待したいです

余談ですが、私にとっては味スタが最寄の競技場でして、
良いやら悪いやら分からないですが、帰途は大変短かったです・・・。

| スーザン | 2008/10/20 20:15 | URL |

ケンさん

ケンさん

はじめまして。コメントありがとうございます!

押し上げの遅さは今後も覚悟しなければならないでしょうね・・・。
残りの試合では、ラインを整える時間が増えるでしょうし。

>あとやはり2番は守備はド下手で攻撃も中途半端。
守備については、経験不足なのは間違いないですね。
相手の寄せに対して、後手に回る事が多かったですよね。
攻撃については、まだまだ底を見せていないと思います。
シーズン前の練習試合では(不得手に見えた左SBでしたが)、
タイミングの良いオーバーラップも見せていましたし、
短い時間ですが、ここまで見る限り右の方が明らかに選択肢は
多そうです。しばらくは守備でのタスクに追われそうですが、
長い目で見れば、期待しても良いのでは無いでしょうか。

卓朗は・・・、横河戦でのプレーを見ると底は脱したように
見えましたね。経験が持つ選手ですし、攻撃に掛かった時の
プレーは楽しい選手ですからね。
個人的には確かに見てみたい気もしますが。
ただ、今のチーム状態だと、やはり守備に追われる時間帯で
どうなのかな・・・という心配もあります。

| hisau | 2008/10/20 23:57 | URL |

keiさん

お疲れさまでした~。
後半途中のジリジリとした展開は苦行のようでしたね・・・。
前半終了の時点では、良い結果を期待していたのですが・・・。

ただ、一つの波は過ぎ去ったと見ています。
仰るとおり、次は攻撃面でどのような形を求めるかがポイントに
なるのかもしれません。
この点で失敗するようだと、再度守備が崩壊する可能性は
否定出来ませんが、最後の勝負所でしょうね。

まずは一勝ですよね。それが千葉戦である事を強く望みます!
どう考えても、ここで諦める事に何のメリットも無いですよね。
チーム、サポ共に見苦しい程の抵抗を見せるしか無いと思っています。

| hisau | 2008/10/21 00:15 | URL |

スーザンさん

客観的に見れば、物足りない部分は多いですが、
前向きに捉える必要もありますよね。

塚本起用の狙いはロングボール重視の戦術とのセットでしょうね。
セットプレーの殆どを任せるというのは、さすがに驚きでしたが。
次のプレーに移る為に、ワンタッチでボールを置く上手さには少し唸らされました。
当然、判断云々の課題はありますが、スーザンさんの仰るとおり、
フィジカル的には基準に達していると思いました。
後は、より攻撃に絡んで、キックの精度を生かして欲しいですね。
スーザンさん、サイドだったんですね~。
そうすると、あのキックの種類の多さは、より面白く見えるかもしれませんね。

クレメンのパフォーマンスは落ちていますね。
狙いが不明確なハイボールの競り合いに飽きているように見えます。
低い位置では足元に入れ、素早いフォローが必要でしょう。
ゴール前での能力には疑いが無いので、もっと高い位置でクレメンを生かしたいところです。

>私にとっては味スタが最寄の競技場でして、良いやら悪いやら
>分からないですが、帰途は大変短かったです・・・。
いや、絶対良かったと思いますよ!
あの試合の後で、2時間くらいの帰路は耐え難いモノがあります。
と言っても、普段は大宮からの帰路で苦しんでいらっしゃるんですね・・・(苦笑)。

| hisau | 2008/10/21 00:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/108-19c913cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。