being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

我那覇選手処分取り消し 追記

〔Jリーグ公式〕スポーツ仲裁裁判所(CAS)裁定結果について

〔裁定理由(裁定書第48項より抜粋)〕
Jリーグは、何が正当な医療行為であるかを判断するための詳細な条件を、
実体的にも手続的にも、具体的に示す十分な措置をとっていなかった。

これが全てだろう。チェアマンの「我々も反省すべき点もある」というのはこの部分を
指しているのだとばかり思っていたが、その周辺の言い訳からは本当に理解している
のかどうかは怪しい。
※細かい事を言うようだが、このような会見で「我々」とか「反省すべき点」と
いうのは止めたほうが良いんじゃないの。その他に言いたい事があるんだろうけど
当事者としての会見なんだから、まず「我々には反省すべき点があります」が筋だろ。

「今回の仲裁の裁定においては、焦点となった静脈内注入が、正当な医療行為か
否か、すなわちドーピング違反であったか否かについて明らかにしてほしいと、
当事者の双方が望んでいた。にもかかわらず、裁定では、それが判定されることはなく、
残念でもあり困惑してもいる。」という発言からも、Jリーグとしては今後も主体的に
判断する立場には無いという事なんでしょうね。
それこそが改善すべき事だと明確に指摘されているのに。Jリーグの参考訳(半ば
意図的な直訳だなあ)を読んでも、そうとしか読めないんですけどね。

仲裁に対して「裁定では、それ(ドーピングか否か)が判定されることはなく、残念でも
あり困惑してもいる。」という発言をしている時点で競技運営の主体としての問題意識
の低さが判る。

独自のドーピング規定を作れって言っているわけではなく、「WADA規程」等に沿って
競技運営主体としての細規を明確にするって事すら無理な話なのか。
それが無理な話ならば、競技運営主体としては機能していないのだから、独自の判断で
制裁を課す事も止めるしかないよな。


| Jリーグ | 14:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/14-51b07f00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。