being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

反復の美学(名古屋グランパス)

13節を終わった時点でリーグは一旦中断。
ナビスコも実質終わり、脳内大宮にも飽きてきたので他チームの印象などを
書き留めて暇をつぶします。

今回は名古屋グランパス。
TV観戦では浦和、東京V、G大阪、FC東京との試合を見ました。
Jリーグの中では攻撃の形を持っている数少ないチームだと思う。
最大の印象は装飾が少ないサッカーをするという事。

時間帯により差はあるが、シンプルなサイド攻撃の徹底が印象的。
小川・マギヌンを基点にサイドバックの上がりを絡めて、数的優位をつくる。
行き詰ればセンターの中村・吉村などに繋ぎ逆サイドに展開。
基本的にはこのパターンを執拗に繰り返す。
また、時間帯によっては両サイドがポジションチェンジをする。
その場合、利き足とは逆のサイドに配置された小川とマギヌンがカットインの動きを
行い、そこにSBのオーバーラップを絡めて、相手SBを釘付けにする。
また、ヨンセンのポストプレーやサイドへボールを引き出す動きを単純に使って、
空いたスペースを玉田が利用とするという形も多い。
前監督時のグランパスは適材適所という言葉とは程遠いシステム先行の印象が
あった(個人的にフェルホーセンはどこが良い監督なのか判らなかったが、PSVは
優勝しているし、さらによく判らん)。今シーズンは各選手の特徴が活かされており、
尚且つ「闘う」チームになっている事が分かる。

戦術や試合中の采配などで監督の良し悪しが評価される事も多いが、基本的には
選手に闘う姿勢を植えつける事が、最も重要で難しい部分だと思う。
カリスマに負うところもあるのだろうが、ストイコビッチ監督はハードワークの
必要性を選手に染み込ませる事に成功している。また、基本的とも言えるスタイルを
徹底する事で結果を出しつつあるという事も、長期的に見ても重要だと思う。
今後、選手自身でベースを崩す事は簡単に許されないし、戦術面の余地も大きい
ので、当面は限界を感じる事も少ないだろう。

最後に、中村直志について。
昨年右サイドに配される事が多く、攻撃に絡む事に苦労していたようだが
今シーズンはセンターの広大なスペースで存在感を示している。
Jリーグで同じような仕事が出来ている選手を思い浮かべる事は難しい。
強いて言うなら小笠原か。今後も仕事の質を保てるかどうかには注目。

| Jリーグ | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/19-cb0f1099

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。