being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第30節 VSジェフユナイテッド千葉(NACK5スタジアム大宮)

JEF1.jpg

JEF2.jpg

完全に乗り遅れましたが(泣)・・・。ヨッシャ~!!
何とか最後の一線で踏みとどまりましたね。
現地観戦の皆様、お疲れさまでした~。
浦和・横浜FMサポの同僚にニヤニヤ見守られながら、
携帯で速報を確認していましたが、後半は怖くてなかなか見れず。
試合終了の表示を見た時、安堵から腰が抜けるかと思った。

昨日、録画で試合を見てようやく勝利を実感。同時に嬉しさと怒りが。
ワシが現地で見れない時に限って、何で2試合分もシュート打っとんねん(泣笑)!!
まだ、ワシにとっては6連敗だぞ(泣)!ここからだ、ここから。


〔大宮公式〕J1第30節 ジェフユナイテッド千葉戦の試合結果

録画を見ての感想をダラダラと。
遂に、大悟がボランチで先発。相方は片岡。塚本は前節に続き、先発。
千葉は新居の1トップ。ミシェウはベンチ(結果的にはこれが大きかったと思う)。
巻をベンチに置き、後半勝負(リード時は前線の守備強化)のアウェー仕様。

大宮は、立ち上がりから高い位置でセカンドボールを拾い、
シュートで終える積極的な姿勢。
ロングボールの際に中盤がクレメンを追い越す意図が見え、
二次攻撃にも大悟や片岡が絡み、サイドの上がりも自然な流れに。
千葉は谷澤の怖さが目立つものの、前にはボールが収まらず。
しかし、有りがちな事ですが、攻勢の時間帯に先制される。
波戸さんのクリアミスを深井にさらわれ、中央への折り返しを谷澤が決める。

ただ、この後の時間帯もブレる事なく、攻撃の形を保ち続ける事は出来た。
昨今の試合を考えると、よく崩れなかったと思うよ!
セットプレーでの塚本のキックの可能性と、クロスの時にゴール前に中盤が
枚数を掛ける事で得点の気配は続いていた。
前半35分、塚本のサイドチェンジを内田がニアへ折り返し、大悟が左足ボレー!!
大悟が遂にやってくれましたね!待ちに待った貴重なゴール!

後半開始直後、クレメンが池田に倒されPKゲット!!
やり直しにも動じず、主税がキッチリと決めて逆転。
時間が進むにつれて大宮の中盤の運動量が落ち、ロングボールに対して
ラインを下げる場面が増え始める。
この後、巻の投入に対するマサの投入は的確だったと思います。
この試合はチーム全体の守備意識にも改善の兆しが見られた。
前半は運動量、後半は1対1での執着心が目立ち、何とかピンチを凌ぐ。
長い長い守備の時間帯を何とかカード地獄で乗り切り、6連敗を脱出。

戦術的な事も大きいですが、意思や勇気が無ければ実行には結びつかない。
依然として課題は多いものの、各選手の気持ちとチームプレーの繋がりが
見え始めた事が良かった。

【存在感】
遂に、大悟がボランチで先発!開始40秒に最初のシュート。
ボールを触る機会が多く、ゴール前への進出も積極的。
やっぱり、大悟はこうでなくちゃな!存在感抜群でしたよ。
前半は重心が高い攻撃を牽引していた。両サイドとの関係も良好。
今後の試合では、ゴール前でクレメンや主税と絡む場面が増えると、
SBのスペースが開く場面が増えてくるかもしれません。
大悟が相手陣内でキープし、片岡がサイドを駆け上がった場面などは
攻撃の迫力は勿論、勝利への意思を感じた。
次節出場停止は残念ですが、苦境が続いていた攻撃に関しては、
手ごたえを得る事が出来たと思う。

JEF3.jpg
(現地特派員の妻からのお土産。あ~、その勇姿をスタジアムで観たかったよ・・・)

【雑感】
・クレメンのPKゲットは、確かに微妙な判定。
前半18分の内田が倒された場面の方がPKに見えましたが。
・内田は運動量、積極性ともに良かった!左足でも可能性を感じる
クロスが上がっていましたね~。交代時の負傷は大丈夫かなあ。
・クレメン、録画ですら終始気迫十分。現場では怖さすらあっただろうな~。
フォローが増える事で少しではありますが良さが戻る。献身的な守備には拍手。
・レアンドロ、千葉サポからのブーイングに値する活躍。あの怒りは有難いくらい。
・塚本は前半の攻撃で目立つ。守備では谷澤に圧倒されるが、これから。
・波戸さん、レッドの場面は仕方なし。失点時のプレーや、簡単に深井や根本に
クロスを上げさせた場面は、レアンドロにキレられても仕方なし。
・新居→巻、レイナウドは良く分からん。結果的には助かったのかな。

まずは、残留争いに踏みとどまりました。
主税が言うとおり、この1勝はあくまでも始まり。
既に総力戦は始まっている。天皇杯を挟み、残り4試合。
千葉戦で見られた、各選手の気迫や執着心をベースに
チーム一丸となって最後まで粘り強く闘おう!

| 大宮アルディージャ | 10:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

文面から悔しさが滲み出ているのを感じます笑
ともあれ調子は上向き天皇杯含めて残り4戦期待できそうですね。
いい時の大宮を生で観れるチャンスはあると思いますが
千葉戦は間違いなくベストゲーム。
あれを上回れる試合が出るかどうかは・・・汗
樋口さんも「天皇杯全力でとる」と言い切りましたね。
その通り。温存してる場合じゃない。常に全力。そういう立場。
隣のチームがやったことを見れば温存なんていってられないって!
今が正念場。チーム一丸。がっつり勝ちましょう!
次節勝てればめちゃくちゃデカイですよー!!

| kei | 2008/10/28 12:57 | URL |

ラフリッチvsボスナーはK-1グランプリ状態でした。

前半だけで全弾打ち尽くすほどの大宮シュート地獄は見物でしたよ。
(おそらく次節分の借用書付きです)
今までのノーゴール地獄は何だったんだ(笑)

ともかく真ん中で光り輝く大悟はカッチョよかったっす。

| ぴの | 2008/10/28 16:53 | URL |

keiさん

>千葉戦は間違いなくベストゲーム
言わないで~(笑)!!ベストゲームは今後の試合に
あるはずですよ!!というか、そう願いたいです~。

天皇杯については当然全力で望むべきですよね。
全力で望まない限り、得るものは少ないと思います。
リーグ戦については、残り4戦をトータルで考える事よりも、
川崎戦に勝つ事を考えるべきですよね。

| hisau | 2008/10/29 00:16 | URL |

病気で床に伏してまして、私も同じく無念の不参戦でした・・・。

千葉の消極策に助けられた部分も多々ありますが
良くも悪くも今年の大宮を象徴した試合だったかなと。

大悟と片岡のセンター二人の出来の良さは勿論、
それに引っ張られてか内田や慎もヴェルディ戦と対照的に躍動してました。
とにかくコンディションがみんな良さそうなことは好材料。
マサも良い仕事をしていたと思います。
サブで出てくる選手も体は切れています。
土岐田が何だかテンパっていたのは置いておいて(苦笑)

塚本は守備の原則は一応守ってるんですけど、結構ヒヤヒヤしますね。
大宮の攻撃はショートパスが主体、と言うかほとんどなので
塚本のミドルパスは攻撃面で良いアクセントになりそうですね。

| スーザン | 2008/10/29 20:33 | URL |

ぴのさん

何なんでしょうね。あのシュート意識。むかつくわ~(笑)。
正直、大悟の貢献が大きいと思いますけどね!キッパリ!

デニスが戻ってきたら、また異常にボールが集まって、
結果的にシュートが減ったりして・・・。

| hisau | 2008/10/30 11:01 | URL |

スーザンさん

そうだったんですね・・・。お大事になさってくださいませ。

中盤の出来の良さはどう見るべきなんでしょうね。
サポとしては、単に喜んでいれば良いんでしょうけど(笑)
これまでの数試合は何だったんだと・・・。

塚本の守備は確かに危ないですね~。
カバーに気を取られているのか、1対1で詰めるタイミングを
見失っているようですし、安全に行き過ぎているようにも見えます。
大悟の得点に繋がるサイドチェンジ等、攻撃では特徴を出しつつ
あるので、あとは守備でもトップの試合に慣れて欲しいですよね。

| hisau | 2008/10/30 11:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/196-4114e200

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。