being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第12節 VSコンサドーレ札幌(NACK5スタジアム大宮)  

2008年5月10日 16時キックオフ
J1第12節 VSコンサドーレ札幌(NACK5スタジアム大宮)  

試合結果(大宮アルディージャ公式)

朝から雨が降り続き、上着+ポンチョを着ても震えるほどの寒さ。
試合前、多くの人が雨を避ける為にコンコースで時間を過ごす。

左MFに主税が入り、前節までスタメンの慎はベンチ。
怪我明けの宏太が復帰し、デニスと2トップを組む。
札幌はルーキーの宮澤がダヴィと2トップ。クライトンはセンターMFへ。
マーカスはベンチ(浦和戦をTVで見たが、失点につながるパスミス等あり)。

開始直後から出足が鈍く札幌ペース。
開始直後のダヴィのミドル、コーナーからのヘディング等で押し込まれる。
球足が早いピッチ状態にも苦しみ、昨年を思い出させる様な、行き場の無い
DFラインでのパス回しが更に札幌のプレスを呼び込む形になる。
試合後に森田が語ったように、この時間帯はロングボールで吉原を走らせ、
相手DFラインを下げさせても良かったと思う。
札幌のDFラインは高く保たれ、ラインの間に楔を入れる事も出来ない状態。
守備時は寄せが遅く、攻撃時は人が動かず、流れが変わる気配が無し。
前半18分、相手コーナーキックから慶行のヘディングがオウンゴールとなり失点。
その後、多少ポゼッションの時間が増えるが「キープの為のキープ」に終始。
前半終了。

後半開始から、大悟に変えて土岐田を投入。
前半に比べて札幌のラインが低くなり、相手ラインの前でボールが回る状況は
続くが決定的な崩しは無い。
デニスのキープから慶行の左足ミドルはポスト。
後半23分に宏太と交代で森田投入。1分後。セットプレー後の流れで、ペナ前の
レアンドロから左に残っていた冨田へ。
冨田からニアへのグラウンダーのパス。DFと競り合いながら森田が押し込み同点。
その後、主にサイドからの崩しで攻めるが、手数が多く精度も欠く。
「おいおい・・・ホームなのに引き分けじゃマズイぞ・・」とイラついているところで
85分に札幌のコーナーキックから失点。引き分けも取れませんでした・・・・。
札幌は後半足が止まり押し上げが難しく、攻撃の形はあまり出来なかったが
少ないチャンスをしっかりとモノにし、勝利に値する内容だったと思う。

【アクションサッカー】
(特に)前半の「リアクションサッカー」にガッカリ。
ボールを持てるようになった後も、相手DFの前でボールが回っているだけで主導権は
札幌が握っていたと思う。「ポゼッション=アクション」では無いという悪例。
札幌はDFとMFの2ラインの間を狭め、楔のボールに対しては挟み込む気配が充満
(大宮サポにとってはおなじみの光景)。
先制されるまでにロングボールを使わず、先制後覚悟してラインを下げてきた相手に
DFの外を回すだけのポゼッションに終始。試合展開、内容を考えると、この試合の
大宮は「リアクション」だったと思う。

相手に捉われず、同じやり方を貫くという姿勢を「アクション」と呼ぶのであれば、
最低限必要なハードワークは見せて欲しかった。

【三浦札幌】
相変わらず守備組織は見事。開始直後に前がかりだったのも作戦通りでしょう。
セットプレーで得点出来た事も理想通りだったはず。
先制されると厄介だろうなあとは思っていたが、勝ち越しまでされるとは・・・。
三浦談「試合中は大宮の選手に指示を出しそうになった・・・というのは冗談です」
この嫌味がムカツク!!!
 
【雑感】

・大悟は45分で交代。最近は自らで勝負する事が少なく、怖さがない。
主税が中に絞り気味で、スペースがなかった事を差し引いても交代は妥当。

・後半から出場した土岐田は好印象。追い越しやキープなどで健闘。

・片岡は相変わらず体を張ったディフェンスで貢献。頼もしかった。
ただ、リードされている展開で片岡が目立つのは・・・・・。

・クライトンがルーキーFW宮澤のフォアチェックやポストに対して拍手しながら鼓舞
していた。プレー以外でも「良い選手だなあ」と思いました。

現在の大宮はあくまでも守備をベースにしたチームであり、「攻撃的な守備」という
基本は忘れず、さらに磨いていく必要があると思う。
前からプレスを掛ける(ロングボールを蹴られても我慢しつつ)というベースの徹底が
見られなかったのが残念でした。三浦監督への恩返しは次回へ持ち越し。

次節はアウェー川崎戦。当然手強い相手だが、早くも降格圏が気になる状況の為、
勝ち点3が欲しい。見方によっては攻撃的な守備を見直しやすい相手だと思います。
ハードワークと共に今年のベースを取り戻す闘いを期待しています。

| 大宮アルディージャ | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/2-80b5776d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。