being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天皇杯5回戦 VS名古屋グランパス プレビュー

今シーズンのリーグ戦では連敗(しかも完敗)を喫した相手。
名古屋との天皇杯5回戦です。
連勝の勢いを途切れさせない為にも重要な一戦ですね。

〔大宮公式〕天皇杯5回戦 名古屋グランパス戦 前日レポート

【予想フォーメーション】

大宮アルディージャ
クレメン 主税
内田金澤
佐伯大悟
波戸塚本
片岡レアンドロ
 江角 

名古屋グランパス
ヨンセン
マギヌン小川
吉村中村
阿部竹内
増川吉田
 西村 

エルゴラによると勤続疲労の冨田に代えて片岡をCBに起用する模様。
累積警告によるレアンドロの不在等に備える意味でも、必要な「ベストメンバー」起用
かもしれませんね。
名古屋のフラットなDFラインにギャップを作る為には、主税のFW起用が適任なのは
言うまでもありませんが、状況によっては土岐田や市川の「FW起用」を観てみたい。
現時点ではデニスの復帰時期やコンディションが読めないだけに、FWのオプションが
少ない点は少し気に掛かります。
そして、何といってもセンターに入る大悟には注目ですね!

対する名古屋は、代表戦の為に玉田を欠く。
中盤から積極的にボールを引き出し、相手のディフェンスにはギャップを、自らの
中盤には流動性を与える玉田の不在は大きい。
それでも、小川・マギヌンのポジションチェンジを含めて、SBを絡めた両サイドの
仕掛けには安定感があるチームです。
サイドを早めに抑え、中村・吉村への負担を増やす展開に持ち込みたい。
サイドアタックを武器とする新潟との闘いを次節に控え、サイドでの攻守は最大の
注目点かもしれませんね。

名古屋はサイドでの数的優位を作る事に長けており、結果的に中村・吉村を自由に
すると、執拗なサイド攻撃を浴びる事になる。
特に過去2戦では、大宮の中盤センターが低い位置に沈み、相手の中央を捕まえる事に
苦労した。しかし、今回は違う!!
千葉戦同様、大悟が中央で高い位置を取る事が出来れば、見応えのある真っ向勝負に
持ち込めるかもしれん。完成度の高い名古屋の中盤に対して、センターに大悟を置く
新しい闘い方がどれだけ徹底出来るのか。残留争いを左右するポイントにもなるでしょう。

相手のサイド攻撃についてはある程度覚悟すべき。
但し、最後の局面でどれだけ厳しく闘えるか。
特に塚本の対面となる相手左サイドには要警戒。
マギヌンや左に流れた小川がカットインした際のレアンドロ・塚本の連携は重要。
簡単に阿部にクロスを上げられる様では苦しいと思う。

以前も書きましたがそして完全に裏切られましたが(笑)、セットプレーにも期待。
以前に比べると少しづつではありますが可能性を感じる場面が増えてきたと思う
(川崎戦では内田のFKをファーの冨田が折り返した場面など)。
高さがある相手ではありますが、チャンスは必ずありますよ!

苦しい残留争いの最中だが夢のタイトルも残されている。
全てを勝ち取る為にも好ゲームを期待しています。

| 大宮アルディージャ | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/204-bde7265a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。