being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The Who 来日公演(日本武道館11月17日)

b0098910_14304581.jpg

唐突に音楽の話なのですが。いや~、最高のライブでした!!
大宮の5連勝を観る事が出来た・・・くらいの満足感かもしれない(笑)
まあ、5試合分くらいの高いチケット代を考えれば妥当かな・・・って、おっと!!騙されるところやったぞ。
大宮は5連勝どころか、ムニャムニャ・・・。やはりThe Whoは偉大だった(笑)


200811171629000.jpg

2004年の「Rock Odessey」での初来日に続き、遂に遂に、初の単独公演!!
という事でやって来ました日本武道館。

開演前から観客のテンションは高め。盛大な拍手でバンドを出迎える。
年齢層は当然の事ながら高め。事前の評判では客のノリが悪い云々との事だったが、
全くそんな事は無かった。むしろ最高の雰囲気。

出た~!!生ピート、生ロジャー!!
ワシを含めたいい歳したオッサン、オバサンが大熱狂!
1曲目「I Can't Explain」のイントロで、ピートの両膝曲げのジャンプがいきなり炸裂!
大音響で繰り出される研ぎ澄まされたリフの途中、ウインドミルも連発!!
書いていてアホみたいだが、「カッコ良い」ってのは単純な事だよな~と。

個人的に60~70年代のバンドは「勢い」の初期よりも「完成度」の中期以降を好む事が
多いのですが、The Whoは別。
中期以降の大作、コンセプト重視の曲も良いが、何と言っても初期の曲がカッコ良い!!
この日「I Can't Explain」を聞いて、その思いが深まった。
ピートのパワーコード、カッティング。ロジャーのソウル。これだけで充分。
小難しいフレーズとか、全くいらない。リズム、音圧、そして存在感。
ジェラードのミドル並み(それ打たれちゃ~、しょうがない)の無抵抗感。
えっ、その例えが分かりづらいって?知りません、そんな事。

前評判通り、ザックのドラムは素晴らしかった。
手数の多いフレーズを簡単に操り、複雑な構成でのメリハリも良い。
原音の大きさは天性ですかね。
ベースのピノ、ギターのサイモン(コーラス良かった!)、キーボードのジョンも裏方に
徹しつつ、タフなライブを作っていました。

「Baba O'reily」ではイントロの大歓声から始まり、ピートのVoパートにおける
武道館全体の大合唱に至る流れが鳥肌モノだった。アレは泣く。
個人的には「Won't Get Fooled Again」がベスト!
ポップなコーラスから起伏に富む展開でのバンドマジック。凄いジジイ達だよ、全く。

アンコールでのトミーメドレーを経て、「Tea & Theatre」で約2時間のライブは終了。
いや~、ライブであんなに汗をかいたのは久しぶりだ。
死ぬ間際には走馬灯のように記憶が蘇る・・・って言いますが、その断片に紛れ込み
そうな時間を過ごす事が出来ました~。
世界で最もカッコイイ60過ぎのジジイ達に乾杯!!

| 音楽 | 23:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ザ・フーは何度か聞いたことがある程度の素人です。
ウンドミル奏法(風車弾き)を始めてやったミュージシャン、
ってことと
ザックと言えばどうしてもOASISのドラムというイメージが強いです。
リンゴの長男で「ドラムは人から教わるものじゃない」と父から言われ教えてもらえなかった話は有名。
ザ・ビートルズ、OASISで育ってきた人間ですので、
偏った知識しかありません。申し訳ないです。
興味のあるバンドなのでこれから聞いていきたいなと思います。
有名どころですと、トラヴィスの来日公演がありますよね。
10月のレディオヘッド(さいたま)は行って来ました。
ザ・フーの様なライヴを想定した曲作りをするバンドではなく
彼等の音源はライヴでは表現しきれないので、
音源では聞けないアレンジがしてあって面白かったです。
ライヴはいいですよね!
サッカーもライヴが一番!
ビールも生が一番!
発泡酒しか買えない自分が言うのもなんですが笑

| kei | 2008/11/19 09:56 | URL |

いやぁ~ホント素晴らしいライブでしたね!!
満席の武道館であの一体感は奇跡じゃないかと・・・。
生きてて幸せ~~i-185の瞬間でしたね。
特に「Baba O'reily」は、自分も感動して号泣もんでした!!
ピートさん、ロジャーさんカッコよすぎです。

それにしても、ライブが始まる前からみんなテンション上がりまくっていたので、最後まで持つのか心配でしたw
(オッサン・オバハンばかりだったので・・・)
終わった後、外に救急車が来ていなかったので、ファンもメンバーも無事だったのね~と、とりあえずホッとしました(笑)

| ぴちょん | 2008/11/19 16:31 | URL |

ああ、hisauさんは行かれたのですね
まさかこのBlogでこの話題に当たるとは思わなかったな(苦笑

このバンドの主役とも言えるリズム隊が故人になってしまって、
前回から来日公演にも二の足を踏んでます。
単純に金銭的な問題だったりもするのですが、どうもタイミングが合いません。

昔からザック・スターキーのドラムは評判でしたね。
その他爺さんの頑張りは観ておくべきだったかもしれませんね。

意気地がない私は「The Kids Are Alright」のDVDを見返しては在りし日の姿を拝むのみです。
行けば良かったかなぁ・・・。

| スーザン | 2008/11/19 21:07 | URL |

keiさん

ザックは子供の時に、キースにドラムを教わった事があるんですよね~。
そのザックがフーのバックを支える事になるなんて、何だか感慨深い話ですよね~。
OASISの新譜でも叩いているようですね。既に脱退?したとの話もありますが・・・。
私もOASIS世代と言えるのかもしれませんが、
最近のアルバムは聞いていません(苦笑)。2ndは名盤だと思います。

>10月のレディオヘッド(さいたま)は行って来ました。
面白そうですね!音響や映像等、凝ったライブをしそうですね。
「OK Computer」は凄いな~と思ったのですが、個人的には
その後の「KID A」の打ち込み路線がダメで(苦笑)聞かず嫌いが
続いております・・・。

>有名どころですと、トラヴィスの来日公演がありますよね。
あ!実は既にチケット取りましたよ~!!
何気にライブを見たことが無いんですよね。
来日自体は多いはずなんですけれども。

ライブは良いですよね~。
ただ、オッサン化と共に(苦笑)、見たいな~というバンドが
来日しないという傾向にあるのが、寂しい限りです・・・。

| hisau | 2008/11/19 23:55 | URL |

ぴちょんさん

いやあ、最高のライブでしたね!!
「Baba O'reily」での「Don't CRY~」のくだりの
大合唱は多分一生忘れないと思います。

ピート、ロジャーの存在感は凄かったですね。
特にピートの立ち姿には惚れ惚れしました。
さすがに終盤はバテるかと踏んでいたのですが(笑)、
後半の演奏の方がテンション高かった事は驚きでした。

| hisau | 2008/11/20 00:00 | URL |

スーザンさん

私も、このエントリで皆様からコメントを頂けるとは思わず、嬉しいやら、戸惑うやら(笑)

今年はなかなかライブに行く機会が無く、鬱憤がたまっている中での
来日発表だったので、勢いでチケットを取っちゃいました(笑)

ザック、良かったです。
綺麗にまとめ過ぎるのではなく、適度に崩しつつ、
曲の勢いを崩さないプレーだと感じました。

オーディエンスの反応が素晴らしく、それに触発されたかのような、
素晴らしい演奏でした。あの気難しいピートが、満足気な表情で
繰り返しお辞儀をしていたのが印象に残っています。
もしかしたら、このライブが音源化されないかな~とか淡い期待を抱きつつ。

| hisau | 2008/11/20 00:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/206-53d5429c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。