being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタールVS日本(2010 FIFAワールドカップ アジア最終予選)

〔FIFA公式〕カタールVS日本

遅くなりましたが、代表勝ちましたね!久々に観ていて楽しい代表戦だったな~。

TV画面を通して見る以上にリスクを負った戦い方をやり遂げたと感じる。
突如として顔を見せ始めた「接近・展開・連続」のイメージ。

現在の代表の生命線である敏捷性に優れる前線のプレスに加えて、中盤での局地戦の
見極めが的確で、持続性も十分だった。DF陣がディレイさせる間に中盤や前線が戻って
ボールを奪い切るという場面が繰り返される。流動性が仕込まれた玉田・田中達・大久保
の配置に加えて俊輔が的確なバランスを取ることで、サイドで優位に立った。

唯一、先制点までの時間帯はイーブンの流れだったが、内田の1本の縦パスから
先制点を奪えた事が大きい。12分くらい、田中達が右サイドをドリブル一発で切り裂き、
コーナーを奪ったプレーが分岐点だったと思う。

横の揺さぶりに欠けるカタールの繋ぎに対し、サイドの高い位置で挟み込むという戦略は
俊輔と大久保の献身的な守備によって支えられた。
不相応なパスミス等、コンディション不良を感じさせた俊輔だが、引いて見守るのではなく、
自ら進んで労働に勤しみ、コンセプトの実現を目指した。
相手のDFラインがボールを持つ際は、高い位置に進出し、前線3枚でプレスを掛ける。
ロングボールのこぼれ球に対しては、中盤の底と協力し、守備を行う。
岡田監督の起用に見事に応えたと思う。

個人的には長谷部のプレーに最も驚かされた。
中盤の底に堂々と構え、逞しい守備を見せたかと思えば、長距離のドリブルでゴール前に
進出する得意のプレー。攻撃時のSBのフォローも的確。散らしも安定。
ボランチとしては満点に近い・・・と言えば少し褒めすぎかな。
ウズベキスタン戦と同様、遠藤と同時に前から相手を捕まえに行き、バイタルのスペースを
空ける場面も見られたが、チーム全体の守備バランスを見ると自然な成り行きだったかも。

結果は勿論、収穫の多い内容は今後に繋がるはず。
但し、まだまだコンセプトに縛られる段階では無いでしょうね。
最終予選は続く。

| 日本代表 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/208-6889c25a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。