being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第32節 VSアルビレックス新潟 プレビュー

もう一度思い出したい。

昨年11月24日、FC東京戦。
終盤、2トップを下げて中盤の選手を入れ、一時的に0トップの(実際は、走れなくなった
慶行が1トップの)状態となる。
思惑とは裏腹に勝ち点1すら手放すような消極的なベンチワーク。
しかし、全く別の強い意思を持つ男が大宮には居た。
「上がるな」というベンチの指示を無視し、勝ち点3を目指したレアンドロ。
膠着した展開が予想される、残留を掛けた大一番。
必要なのは負けない為の策では無く、全員が勝つ為の強い意志を持つ事だ。

〔大宮公式〕アルビレックス新潟戦 前日レポート

【予想フォーメーション】
大宮アルディージャ
クレメン 主税
内田金澤
片岡大悟
波戸塚本
冨田レアンドロ
 江角 

アルビレックス新潟
アレッサンドロ 矢野
松下マルシオ・    リシャルデス
本間千葉
松尾内田
永田千代反田
 北野 

天皇杯名古屋戦で綻びを見せたDFライン。
当然冨田が戻るでしょうし、しっかりと建て直したいですね。
大悟センターは鍵を握るポイントの一つ。
読めないのは大悟の相方。片岡か、それとも佐伯か。
好調のウッチーにはゴールに絡むプレーを期待したいですね!
宏太が復調気配の模様ですし、FW陣では誰がベンチに入るのかにも注目ですね。
デニスの復帰は難しそうですが・・・。

新潟はアレッサンドロ、松下などがコンディションに不安を抱えている様子。
しかし、共にスタメン出場が濃厚でしょう。
天皇杯のFC東京戦で起用された田中や河原はベンチスタートでしょうか。

前節、新潟は激しい中盤の守備で鹿島の攻撃を真っ向から凌いだ。
両チームの順位や置かれた立場を考えると、試合の立ち上がりは硬い試合展開になる
可能性が高い。DFラインからのロングボールの精度を制限しつつ、お互いが中盤の
潰し合いに焦点を合わせた闘いになるでしょうね。
だからこそ、序盤からチーム全体で先制点を取りに行く姿勢を見せる必要がある。
積極的にシュートを狙ってくれ!

最大の鍵を握るのは両サイドの攻防。
特に、大宮は内田のサイドで押し込む回数を増やす事が出来るか。
対面の新潟の右サイド(マルシオ・内田)には注意が必要。
マルシオが絞ったり、矢野が右サイドに流れたりする事も多い為、結果的にはサイドだけ
では無く、冨田や片岡(佐伯)との明確なマークの受け渡しが重要になると思う。
対するウッチーも最近はゴールへ向かう動きも増えているだけに、主税や片岡(佐伯)が
ワイドに構えたウッチーの裏を走りぬけられるか。
両チーム共、サイドを起点にいかに早くシュートに持ち込む事が狙いとなる。

両チーム共に組織的にポジションを崩すスタイルでは無い。
お互いがコンパクトな陣形を保つ事で、中盤が圧縮される可能性が高い。
試合を動かす為には中盤がポジションを崩してスペースを作るか、DFラインの前で
ボールを受けた際の仕掛けを増やすか。主税や大悟に対する期待が大きい。

この試合では冨田とレアンドロの集中した守備にも期待。頼りにしてるぞ~。
開幕の新潟戦を録画で見直してみると、新潟のロングフィードに対して、冨田が矢野に
競り負けるだけでは無く、コントロールされる場面も多かった。
ハイボールの競り合いは勿論、矢野は前を向いた時に厄介な相手。走られる事を恐れて
ラインを下げるのでは無く、狭い中盤に相手の2トップを押し込める工夫が必要です。
また、アレッサンドロとの相性が悪そうなレアンドロには何とか頑張って欲しい!
冷静に燃えてくれよ!!(カードは避けるようにね)

新潟は寒そうですが、少なくとも熱い闘志を持ってアウェイ・ビッグスワンでの決戦に
臨みたいですね。何度繰り返しているのか思い出せないが、正真正銘、残留を掛けた
大一番ですよ。大宮の力を見せてくれ!

| 大宮アルディージャ | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/209-99a79438

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。