being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第32節 VSアルビレックス新潟(東北電力ビッグスワンスタジアム)

niigata3.jpg

天に掲げるレアンドロの両手が少し滲んで見えた。

一人少ない新潟に対して、30分近くの大半を勇気に欠けるパス回しで過ごすチームに
苛立ちながら応援を飛ばす。「何て情けないチームなんだ・・・」と。
軽率なファウルによってPKと残り試合の欠場を招いたレアンドロが意地のヘディングを
叩き込んだ瞬間、視界に広がるゴール裏が崩れる感じがした。
「もう1点取りに行け!」と叫びながら泣きそうになっていたワシは、大宮と同じ位、
いや間違いなくそれ以上に情けない。

〔大宮公式〕J1第32節 アルビレックス新潟戦の試合結果

余りにも色々あり過ぎて、何から書けば良いのやら・・・(苦笑)
試合終了の瞬間、異常に長い試合だったかのような錯覚が。色々な見方が出来る試合
内容だったが、一先ずは残留のライバルに勝ち点3を与えなかった事を良しとすべきか・・・。

開始直後、どことなく動きに硬さを感じる新潟は低い位置でのパスミスが多い。
対する大宮はカウンターからのクロスに精度を欠き、得点出来ず。
序盤、守備に関しては安定。相手の両サイドを慎と内田が早めに抑え、上がりを控える
SBと連携しつつ、大悟や片岡が高い位置で相手ボールを奪う。
新潟はFWへの縦パスやサイドチェンジ等の展開が作れず、ボランチへのバックパスが増え、
狙い所が絞られる。
序盤、大悟と主税の距離感が良く、中盤で奪ったボールを攻撃に繋げていた。
特に大悟のアウトサイドでのパス→塚本のシュートの場面は、慎がダイアゴナルに走って相手SBを釣り出した
スペースに、塚本が走り込むという見事な流れでした。


しかし、前半20分に主税が負傷退場。主税自身、動きが良かっただけに残念だろうな・・・。
慶行を投入、大悟がトップに近い位置へ。
スコアが動かず、雲行きが怪しくなり始めた前半35分。
目の前が真っ暗になるような場面が・・・。マルシオのクロスに対してペナルティエリア内で
レアンドロが矢野を突き飛ばし、PK献上。それに加えてレアンドロにはイエローカードが。
遂に累積8枚で今シーズンの残り2試合での出場停止に。
最も恐れていたカードが最悪の場面と共に訪れるなんて・・・。
アレッサンドロのPKは何とか江角が触るものの、そのままゴールイン。
1点ビハインドのままハーフタイムへ。

後半7分、DFラインの裏へ走り込む大悟目掛けて慶行がロングフィード。
大悟のトラップは大きくなるが、躊躇したGK北野の飛び出しが遅れる。
微妙な判定だったが、大悟が北野に引っ掛かりPK獲得。

ボールを抱えて離さない慶行の姿勢を見ながら、「外さないな」と確信した。
いや、クッキアイオは全く予想しませんでしたけれども(笑)
ゆっくりとゴールに吸い込まれる瞬間は何が起きたのかすら分からず。
あれはもう生で見たくないな~、心臓に悪い(笑)
トッティをTVで見るくらいが丁度良い、ホント。

ここからが長かった(苦笑)
同点に追いついた直後、セットプレーからアレッサンドロに勝ち越し弾を決められる。
ガックリうな垂れていると、喜びの余りにユニフォームを脱いだアレッサンドロが2枚目の
警告で退場していく姿が・・・。何じゃそりゃ。
新潟は矢野1枚を前線に残し、全員が自陣で守る覚悟を決める。
次節以降の事を考慮してか、累積リーチの片岡を下げてマサを投入。
大宮は手数を掛けて丁寧に繋ぎながら、緩急が訪れる事は無く、最終的には新潟DFの
人数が揃う敵陣目掛け、単調なクロスを挙げる事に終始。ミドルを打つ姿勢は無く、
サイドを抉る工夫も少ない。それに拍車を掛けて混乱を生んだ、宏太投入。
正直に言って、森田に期待する事なんて年に何度も無いけど(スマン!)、この展開で起用しないのであれば
森田をベンチに入れている意味が分からん。


相手が自陣を埋めスペースが無い展開では、宏太が前を向いてボールを受ける機会は無く、
効果的な交代では無かった。右サイドから絞り、重層的な攻撃を作りたかったのかなあ。

ミドルと共に早めのクロスが足りないようにも思えた
(まあ、森田を起用しない時点で狙いが異なったのでしょうが)。
ハイボールに対しての相手GKの飛び出しが不安定に見えた事と、ボックス内の人口密度の
高さにより、尚更飛び出す事が難しい状況だった事を考えると、クロスに対するこぼれ球に
掛ける姿勢を強調しても良かったと思う。また、単純に早めにクロスを上げないのであれば、
前線によるボールの引き出しが少なかった。まあ、この辺りの崩しには慣れていない(苦笑)という事で。

相手に怖さを与える事が少ないまま、残り時間が5分を切る。
左サイド、波戸さんが大胆なカットインから右足でニアへ速い弾道。
待ち構えたのはパワープレーでゴール前に入っていたレアンドロ。
角度、軌道共に難易度の高いボールに合わせたヘディングはクロスバーを叩き、同点!!

niigata2.jpg

その後、慶行のダイビングヘッドに沸いたが、逆転には至らず。試合終了。
アレッサンドロ退場後の攻撃については拙さ満載だっただけに、レアンのゴールは値千金。
失点は2点共に軽率とも取れるだけに、勝ち点1をポジティブに受け止め、ホームでの勝利
に繋げたい!!

niigata4.jpg

【雑感】

・レアンドロ、愚行にも神様は見捨てなかった!!劇的な場面が似合う男だ。
但し、残り2戦は出場できず。間違いなく痛いですが、仕方が無い。

・慶行、大悟への見事なパスとPKでのチップキック。プロだね~。

・波戸さん、工夫が無い展開の中、ビッグプレーでした!

・主税、大丈夫でしょうか。心配です・・・。

・20分程度でしたが、大悟、片岡の両センターにはワクワクしたぞ。

・クレメンは寒さのお陰で?安定したポストプレー。

・塚本、松下に対して守備で辛抱。後半、押し込まれる時間帯でも落ち着いて対応。
繋ぎの中で時折見せる大胆なポジショニングが目を惹く。

・自ら言うだけあって、江角はPK強いね~。
いや、決められたんだけど。止めそうな気配は強いし、惜しかったが・・・。

・またまた、マルシオリシャルデスはパスを出した後も怖い。良い選手。

・矢野は目指せ「ダルマさん」!スピードがあって怖い選手なのですが・・。
シンドイ役回りだったとは思いますが、ちょっとね。

・帰りの新幹線は社長と同じ車両だった。社長、お疲れ様です!!

残り2戦。依然として苦しい状況には変わりが無い。
但し、自力で残留出来る状況にも変わりが無い。
次節、京都とのホーム最終戦。レアンドロ不在や主税の負傷等、心配事も多いですが
尚更チームとしての総合力で絶対に生き残るぞ!!

| 大宮アルディージャ | 23:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

内容自体は悲観するようなものではなかったと思います
新潟にPKを与えるまでは良い感じで試合を進めていました
大悟と片岡の組み合わせはよく機能している印象ですね
主税負傷後に大悟が前に入っても機能性をある程度維持できていました

新潟が10人になってからは拙攻が続きましたが
あれだけ引かれる展開に大宮は慣れていないですからね

塚本、カットインして大悟のスルーパスを受けた場面、決めてほしかったですね
松尾にサクッとかわされたシーンは目を覆いたくなりましたが・・・

問題は次戦、主税の位置に大悟、レアンドロの位置に片岡を回して
中盤センターは慶行、佐伯の組み合わせが妥当だと思いますし
今の大宮の生命線であるクレメンと内田、慎の頑張りがあれば上手く回るはずです

| スーザン | 2008/11/25 00:40 | URL |

スーザンさん

そうですね。私も内容自体は悪く無かったと思います。
特に主税が負傷するまでは、観ていてワクワクしましたよ。
大悟のプレーは良かったです。FWでも意欲的なスタイル
だったと思います。

塚本ですが、松下にはもうちょっとやられるかな~と予想して
いましたが、一発で飛び込まず慎重に対応していました。
松尾のオーバーラップの場面は・・・、そんな場面もあったような(笑)

次節の選手起用は色々な意味で興味深いですよね。
京都との組み合わせも考えないといけないですし、
主税やデニスの状態にも左右されそうですね。

| hisau | 2008/11/26 00:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/210-da79a641

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。