being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第33節 VS京都サンガFC(NACK5スタジアム大宮)

巻き上がる紙吹雪と共に幕を開けたホーム最終戦。
何とか勝ち点3を奪って残留を決めたかったが、無念の引き分け。
残留決定は最終戦に持ち越す事に。

kobe3.jpg
こんな日に限ってカメラが電池切れ。携帯でスンマセン・・・。

〔大宮公式〕J1第33節 VS京都サンガFCの結果

驚きは主税のスタメン!!前節の負傷交代から驚異の復活です。
また、センターにはキャプテン慶行が佐伯と共に収まる。
両サイドは大悟と内田。大悟は主税とポジションを替えながら広範囲に動く。
京都は4-4-2でのスタート。
柳沢が中盤との繋ぎ役として下がり目に位置する事もあるが、基本的には完全な
マッチアップの形を取る。シジクレイはボランチに入る。

序盤、前からプレッシャーを掛ける京都に対して、大宮の中盤はボールを落ち着かせる
事が出来ない。風の影響もあったと思いますが、選択肢は右サイドに流れるクレメンへの
ロングボールに限られていた。
しかし、この試合初と言える、中盤を経由するパスワークから待望の先制点が生まれる。
前半12分、左サイドで佐伯の縦パスを受けた大悟がクロス。
ファーまで流れたボールを内田がゴール前へ折り返す。ニアに走りこんだ主税がシュート。
GK水谷に弾かれたボールをクレメンが右足で決め、貴重な貴重な先制点を奪取!!
攻撃陣が一斉にゴールを目指した素晴らしい得点シーンでした。

得点後しばらくは大宮の時間帯。
一時的に京都のラインが下がり、慶行がロングシュートを狙う場面やバックラインから
時間を掛けてビルドアップする機会が出来る。
この時間帯はセカンドボールを拾い、大宮のDFラインがロングボールを狙う際に
右サイドで内田、佐伯が断続的に相手DFの裏を狙う意欲的なフリーランを見せた。
京都のラインが崩れ、中盤にも歪なスペースが出来た。
このような場面はこの試合に限らず今後も作って欲しい。
しかし、この時間帯に追加点は奪えず、流れは少しずつ京都に。

柳沢と林の連携から裏のスペースで決定機を作られたものの、サイドでのプレスを起点に
守備全体が大きく破綻する気配は無かった。
しかし、京都はビルドアップ時にシジクレイがバックラインやサイドでボールを引き出し、
サイドでの圧力を高めてくる。全体的に押し込まれた状態から、ロングボールを蹴られる
事が増える為、セカンドボールを拾う位置が低くなる。主税やクレメンが前線でキープに
奮闘するが、大悟や内田が攻撃に出る距離が長くなり、攻撃の厚みは無くなった。
前半終了間際、安藤の強烈なミドルに背筋が凍るが、ポスト。
何とか1点リードで折り返す。

後半、ロングボールやヘディングでの競り合いが続く。
クレメンが自陣まで下がる事が増え、京都はラインを積極的に上げてくる。
同時に大宮のDFラインが下がり、その前のスペースを使われる場面が増える。
後半13分、カウンターから林に決められ、失点。京都に追いつかれる・・・。
カウンターに備えてラインを下げる大宮DF陣の動きを見越した柳沢にライン前の
スペースで上手く起点を作られましたね。

勝ち点1で残留が決まる京都。ホーム最終戦、引き分けでは残留が決まらない大宮。
当然、攻撃への意思を見せたのは大宮。
主税や大悟を起点に、人数を掛けた繋ぎでサイドからのクロスには至るものの、
京都のDF陣が人数を揃えて待ち構える中で、決定機はなかなか作れず。
大悟から出た土岐田へのスルーパスやゴール前へ飛び出すウッチーへのマサが
アウトサイドで出した浮き球には心躍りましたが、ゴールは奪えなかった。
そういえば、久々のクレメン幻のゴール(完全にオフサイド)もあったなあ・・・。
但し、内容的には京都のカウンターや、中央での崩しにヒヤリとする場面も多く、
京都の固い守備も印象に残った。

大宮は特にリード後の状況で2点目を奪いに行く姿勢に物足りなさを感じた。
残留への勇気が慎重さを上回る様な、吹っ切れた闘い方が見たかったな~。
冷静に振り返れば、引き分けでも良しとすべき試合内容でしょう。

【頑張りを形に】
各選手の頑張りは十分に伝わってきましたね。
それだけに何とか結果に繋げたかったな~。何が足りなかったのか。
前半、高い位置でパスカットした場面でショートカウンターを狙い切れず、
結局はDFラインからの遅攻に変わる場面が多かった。
また、終盤相手陣内に押し込んで、大宮がセカンドボールを拾う展開の中で
サイドからクロスを上げる事に手を尽くした攻撃では、中盤が出て行った後に
前線での足が止まり、結局は単調なクロスに終始した。
前線が中盤の繋ぎに連動して動きなおしたり、ゴール前のクレメンの足元に
ボール付けたりという変化が足りなかった。

もう1点は、やはり交代策について・・・でしょうか。
土岐田に期待した役割も曖昧だった。それに加え、森田の投入が遅かった。
また、投入後の森田が低い位置でのプレーが多かった事は意図不明。
気持ちと結果を繋ぐ為の作業は難しいね。
チームとしての伸びしろがそこにあるのも間違いないのだけど。

【雑感】

・江角、超ファインセーブ!!佐伯の短距離反射砲を(苦笑)

・片岡は厄介な2トップ相手によく頑張った。カードも貰わず、体を張った。
相手の楔に対して強引なインターセプトを連発。地上戦は完璧。

・主税は試合の状況に合わせたプレー選択が素晴らしかった。
怪我を感じさせない献身的な守備も光る。

・佐伯、守備の出足が良く、前線への飛び出しも意欲的で良かったぞ。

・波戸さん、カットインからのシュートは惜しかった!
パスと見せかけて・・・という読みが完全に外れ、相手全員が余裕でついてきたのにはビビッたはずだが(笑)

・この日のマサはワシの好きなマサ。

・柳沢の動きの緩急にはサッカーの楽しみが詰まっている。

・角田は不安定な出来。色んな意味でね。

・水本君、惜しかったよ!オウンゴールが。

・山西主審=リスタートの位置にうるさい人として認識完了。

・それにしても、社長の挨拶はいつも聞いていて気持ちが良いなあ。

kyoto1.jpg

ひとまず、愛するホームともしばしのお別れ。残るはアウェー磐田戦を残すのみ。
絶対に自力で残留を決め、笑顔でシーズンを締めくくりたいですね。

| 大宮アルディージャ | 00:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヤナギ上手かったっすね。
ロングボールの処理スピードが早くて
憎らしいほど効果的なカウンターになってました。

クレメンさんはホーム側のゴールが嫌いなようです。
おかけで副審を確認する反応速度が高まりました。

| ぴの | 2008/12/02 01:51 | URL |

ぴのさん

ホント、柳沢にはいつも驚かされますね。
彼のプレーを見ていると、サッカーは球技であると共に
陣取りゲームなんだな~と感じます。

確かに、クレメンはアウェー側ばっかですね。
その代わり、オフサイドゴールはもれなくこちらですが。

遅ればせながら、誕生日おめでとさんです!!
PCよりも、レイトン教授なら家まで取りに行きますよ~。

| hisau | 2008/12/02 23:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/214-703f4ad6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。