being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

移籍・契約更新動向(その2)

12月23日現在の移籍情報に関する情報をまとめておきます。

まずは、森田のV甲府への完全移籍について。

〔甲府公式〕森田浩史選手 大宮アルディージャより加入
〔大宮公式〕森田 浩史選手、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍のお知らせ

大宮でのプレー同様、甲府の為に印象的なゴールを決めてくれると思う。
J1昇格を目指すチームの為に貢献してくれる事を期待しています。
頑張れ森田。走れ森田!

そして、荒谷は札幌への完全移籍が決まりました。

〔札幌公式〕荒谷弘樹選手コンサドーレ札幌に完全移籍
〔大宮公式〕荒谷 弘樹選手、コンサドーレ札幌へ完全移籍のお知らせ

今年は江角の陰に隠れて、出場機会を得られませんでしたが、長らく大宮のゴールを
守り続けた荒谷。たとえベンチに居ても、その落ち着いた佇まいでチームに安心感を
与えてくれる存在でしたね。
札幌でも黙々と自分の仕事を全うする事でしょう。今後の活躍を祈ります!

次は獲得に関する記事です。

〔ニッカン〕鳥栖FW藤田の争奪戦が敗退で本格化

20日の天皇杯準々決勝に敗退したことで、鳥栖FW藤田祥史(25)の争奪戦が本格化する。
すでにG大阪、大宮から正式に獲得オファーが届き、大宮の編成担当者が横浜戦を視察した。
J2通算46得点(今季18得点)の決定力に加え、この日もFW広瀬の先制点を導いたポスト
プレーに定評がある。残留を含む三者択一だが「天皇杯が終わったばかりで(移籍問題は)
これから考えるが、年内には決めたい」と話した。[2008年12月21日]


〔報知〕湘南FW石原獲得へ…大宮

大宮がJ2湘南のFW石原直樹(24)の獲得に乗り出していることが、22日までに分かった。
石原は今季リーグ戦に41試合出場18得点。得点ランキング3位の好成績を残している。
クラブはFWデニス・マルケス(27)、FWラフリッチ(27)との契約を更新したばかり。
だが今季途中、デニス・マルケスが故障のため欠場してからは得点力不足に陥り、残留争い
に巻き込まれた。そのため、FW陣の補強に乗り出した形だ。[2008年12月23日]


宏太と桜井様との更新をしなかった以上、即戦力のFWは必要だと思います。
藤田・石原選手共に今季J2で18得点の選手。
プレースタイルは異なりますが、成績の上では素晴らしい選手ですね。
データによると石原選手の決定率は佐藤寿人以上なんですね。

〔ひかりTV SOCCER〕J2総合・月別/個人ゴール/シュートランキング

次にまだまだ続く、中澤選手の情報。

〔スポニチ〕中沢あきらめん!大宮が1億5000万円用意

大宮が横浜の日本代表DF中沢佑二(30)の獲得に向けて、年俸1億5000万円(推定)の
3年契約の巨額オファーを用意したことが22日、分かった。高原(浦和)の1億4000万円を
上回る現役Jリーガーの日本人最高年俸。関係者によると出場給などの出来高や、親会社
NTTの広告事業に関連した契約を含めると年間総額約2億円のオファーになるという。
すでに年俸1億2000万円を提示していたが、横浜も同等の金額で慰留しているため条件
面を見直した。

中沢は今季で横浜との契約を満了。30歳を迎えて移籍金が発生しないこともあり、複数の
クラブが興味を示している。浦和はオファーを見送ったが、一度は獲得断念の方針を固めた
神戸は方向を転換。大宮、神戸、横浜の3クラブによる争奪戦が繰り広げられている。
中沢はこの日、Jリーグアウォーズに出席。これまでは横浜残留に前向きな姿勢を示していた
が「重要な決断なので焦らずに決めたい」と心は揺らいでいる様子だ。

大宮はすでに、中沢と代理人の田辺氏と接触。渡辺社長、来季監督に就任する張外龍
(チャン・ウェリョン)氏が直接出馬して熱意を伝えた。渡辺社長は「絶対に必要な選手。
誠意は伝えた」と明言。今後は専用の練習場の建設に着手するなど代表選手の受け入れに
向けた環境を整えていく。世界的な金融危機の中、異例の大型提示で日本最高DFの獲得に
全力を注ぐ。[ 2008年12月23日 ]


〔ニッカン〕大宮が中沢獲得へ横浜以上の破格条件提示

大宮が獲得を目指して正式オファーを出している横浜DF中沢佑二(30)に、破格の条件提示
をすることが22日、分かった。同日のJリーグ・アウォーズ開催前に、渡辺誠吾社長ら大宮側
が中沢と話し合いの場を持った。既に横浜は18日の契約更改交渉で、年俸1億2000万円の
3年契約(金額は推定)という条件を提示。これを受け、渡辺社長は「マリノスより上回る条件
は提示しますという意志は伝えた。2億円? それはないでしょ。ただ(獲得は)絶対にあきらめ
ません」と話した。[ 2008年12月23日]


え?本気・・・なんですかね。本気だとすれば、金が有るんだなあ・・・との感想のみ。
1億5千万っすか。1円を置くのとは違うんやで!(中途半端に元ネタ忘れた)
マト選手の獲得は単なる噂だったのか(もしくは進んでいない)・・・との邪推すら
思い浮かぶ、その執着っぷりにはちょっとビックリ。
プロのクラブとしては、実績や知名度に優れた中澤選手の獲得(もしくは獲得の噂)で
実力と共に、(大宮の重要課題の)人気の向上を目論む姿勢は必要だとは思います。
そういう意味では「絶対に必要な選手」というのは判らないでもないが、何だかな。
今年も残留争いに加わり、目標の一桁順位すら達成出来ないチーム。
優勝争いや、ACLを狙える位置で「CBに一人優秀な選手が居ればな~」と
いうような成績を残したチームでも無いですしね。問題は「そこ」だけでは無い(苦笑)
どんな時でも上昇志向は必要だと思いますが、やっぱり、物事には優先順位があると
思うんだがなあ。練習場の整備も不十分な現状ですからね。
色々含めて「金はある!」って事なんでしょうかね。よく判らんな~。
まあ、マリノス残留で収まるのではないでしょうか(キッパリ!)。

12月10日の公式リリースでの「他チームへも現段階で7名のオファーを
しているところです」という言葉に指を折って確認してみると、
まだ表に出ていない情報もありそうですね。
もしくは、このまま何も出てこなかったりして(苦笑)。
年内には、ある程度見えてくると良いんですけどね。まったりと待ちます。

| 大宮アルディージャ | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/228-962f2fea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。