being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

表裏一体

とうとうバルサに土がつきましたね。
やっぱりダービーは別物ですな。エスパニョールあっぱれ。

それはさておき。え~、忘れないうちに「ダークサイドオブ栃木戦」という事で(笑)

まず、縦に早い攻撃はDFラインからのビルドアップの怪しさと表裏一体。
逆に言えば冨田・マトの足元を考えると縦に急がざるを得なくなるのかも。
SB経由からサイドで人数を掛けて組み立てる事よりも、半ば強引にでもボランチに
預けたり、ロングボールを放り込む事を優先する事になりそう。

プレスの起点は昨年と比べると低かった。
相手のSBは勿論、中盤の底を自由にする場面が多発。前線からの組織的なプレスは
殆ど見られなかった。どちらかというと、コンパクトな3ラインの維持に神経を注いで
いたようなので、この辺りは心配無用かもしれませんが。まあ、後は使い分けでしょう。

また、昨日のエントリでも書いた「中央で人数を掛けた攻撃」の弊害もアリ。
守備に移った瞬間、サイドの高い位置で捕まえにいく事が難しく、ズルズルとラインを
下げる場面が多かったと思います。この辺りは要修正か。

慎と新井のダブルボランチは観ていて面白かったです。
ポゼッションを握ってゲームを落ち着かせる事が多い慶行に比べると、簡単にパスを
捌く場面が多く、早めに前線に預ける(当てる)プレイが多い。
昨年は場合によって大宮のボールポゼッション(遅攻)が相手の守備陣形を整える
手助けにすら陥っていたように見える。試合を落ち着かせると言えば聞こえは良いが、
それは自らの為なのかそれとも相手の為なのか。その点は全く手付かずだったと思う。
自らの安定ではなく、相手の嫌がる事を優先すべき時はある。特に、慶行の離脱を
ポジティブに捉えるのであれば、チャレンジすべき方向性だと思います。

但し、組織的な連動が未熟な段階では、前に急ぐ事自体が目的になる事も多くなりそうだ。
また、試合の流れに応じてボールをキープ出来ないと、守備陣を苦しめる試合展開に
なる可能性も大きい。これも表裏一体ですよね。

最後に、守備陣の連携はやはりまだまだ・・・ですね。
冨田・レアンドロも少しは時間が掛かりましたからね。暫くは仕方が無いかなあ。
現状、マトからはレアンドロ程の機動力が感じられなかったので、高いラインを作る
のであれば、裏のスペースやサイドのケアについては、より連携を確認する必要が
ありそうですね。

まあ、今日はネガティブに過ぎるかな。
ぶっちゃけ、昨年の同時期に比べて仕上がり自体は悪い(苦笑)と思いますが、
昨年は当初のコンセプトがシンプルだったという事もありますしね。
今後のチームの成熟という点では、異なる曲線を描くでしょうし。まあこれからですか。

さ~て、早くも心配と期待がゴチャゴチャして参りました。
早く開幕戦を観たいような、観たくないような。そんな今日この頃。


| 大宮アルディージャ | 21:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>縦に早い攻撃は、DFラインからのビルドアップの怪しさと表裏一体。
全くそのとおりですね。同意します。
縦に急ぎ過ぎな気がしましたし、組み立てはかなり雑な印象を受けましたね。
深い位置に放り込んで、そこからまたプレスをかけて、という流れなので
あれを続けるのは体力的に相当厳しいでしょう。
慶行が入ることによってどういう変化が起こるのか、非常に気になるところ。

波戸さんがフリーになっていて「マト!マト!」って叫んでるのに
マトは無視して縦へ、っていう展開が多々ありましたね(苦笑
サイド攻撃は主税や早十、慎の飛び出しが主でサイドバックの絡みはほとんどなし。
塚本が上がっているところでボールを拾って得点を決めましたが、
かなり突発的なかんじでしたね。
厚みのある攻撃はあまり期待できない感じでした。

守備面の連携は言わずもがな、Bチームの体たらくを見るに
ネガティブになるのは無理もないでしょう・・・。
開幕が待ち遠しい反面、やはり不安が大きいですね。

| スーザン | 2009/02/23 22:48 | URL |

スーザンさん

>あれを続けるのは体力的に相当厳しいでしょう。
ホントにそうですよね。
相手のDFラインの裏を狙う動き自体は活発でしたが、
状況によっては、単なる無駄走りが増えそうです。
栃木戦でも時間が経つにつれて、行き当たりばったりの感がありましたし。

波戸さんの孤立については、可哀想でしたね(苦笑)
マトが、単に「楽をしている」ように見えました、アレは。
昨年は、オートマティックにSBに預ける場面が多く、
それはそれで、う~む・・・という感じでしたが。
高い位置で中盤が繋ぎ、仕上げにSBが絡んでくるという場面は
ありましたが、確かに突発的だったかもしれません。

Bチームは・・・大宮の正体なんでしょうが(笑)、
個人単位ではもっと無理をして欲しかったなあというのが正直な所です。

まあ、不安を楽しめる位でないと、大宮なんて応援してられませんね(笑)

| hisau | 2009/02/24 00:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/257-ad98bfec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。