being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Travis 来日公演(東京国際フォーラム2月27日)

単独での来日ツアーは10年ぶり。
フジロックでの来日はありましたが、何かとタイミングが合わず不思議な事に(?)
これまでライブを観た事がありませんでした。
ついでに東京国際フォーラムでのライブも初めて。

travis2

正直な所、新譜がしっくりこなかったのですが(特に音作り)、ライブで聴いてみると
新たな魅力も感じましたね。
元々、美メロと清潔なアレンジが素晴らしいバンドなので、新譜の曲が間に入ることで
良い薬味になるとでも言うか。バンドとしてのチャレンジをしていくのも良いものですね。

そして「Driftwood」、「Sing」、「Turn」等の名曲が生で聴けて嬉しかったなあ。
鮮度が高いアレンジも良かったです。鍵盤が良いアクセント。
新譜からでは、「Before You Were Young」が印象に残る。
途中のドラムアレンジにちょっぴり興奮。

ダギーの「Ring Out The Bell」は予想外のプレゼントでした。
ついでに超名曲の「Just The Faces Change」、「The Distance」も演ってくれればなあ。
冥土の土産にでも出来たのだが(苦笑)
それにしてもダギーの名曲率はバースの打率並みやな。

アンコールの「Flowers In The Window」ではバンドの温かい人柄に似合う素晴らしい
仕掛けもありました。あっという間の2時間弱。

抜群の演奏力がある訳では無く(失礼!)、派手なアレンジに頼る事も無く。
それでいていつまでも聴いていたい気持ちになるライブでしたね~。
欲を言えば会場の音響が良ければ・・・。
というか、実は小さいハコの方が似合うバンドなのかもな・・・と。


長く続けて欲しいバンドだなあ。
あまり構えずに、何度も何度も、何年も何年も来日公演を観に行く。
そんな将来も良いな。帰路に着く途中、そんな事を考えていました。

DSCN0798.jpg

| 音楽 | 00:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

立て続けに失礼いたします(苦笑
トラヴィスですか。懐かしいですね、ってまだ前線で頑張ってますけど。

バカ売れしたのってもう10年近く前ですよね?
2枚目のアルバムはホントによく聴きましたよ。
「ロックしてえ~!!!」って歌ってた頃と今は大分違うんでしょうか?

| スーザン | 2009/02/28 00:37 | URL |

いやいや、本当にコメント有り難いっす(笑)

私も2・3枚目は良く聴きました。
その後のアルバムは、まずまず・・・という感じですが。

>「ロックしてえ~!!!」って歌ってた頃と今は大分違うんでしょうか?
新作はその頃の「若さ」が若干復活しており、
オッサンリスナーとしては受け取り方に苦労していたりします(苦笑)
曲単位では、相変わらず良い曲を書いていますよ。
個人的には、ロックよりも優しいアレンジが似合うバンドだと思っています。

どうやらスーザンさんと私は、同じ頃に同じような音楽を
聴いていたっぽいですね~(苦笑)

| hisau | 2009/02/28 01:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/259-e9c21eeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。