being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

EURO2008 6月12・13日

途中からのTV観戦でしたが、代表戦は3-0で勝利ですか。
やっぱりエースストライカー中澤は頼りになりますねえ。

【GROUP B:クロアチア1-2ドイツ】
クロアチアは前線からのプレスが機能しペースを握る。
攻撃ではサイドチェンジを有効に使い、シュートで終える。
スルナの先制点後もクラニチャルが決定機を迎えるなど
クロアチアペースで前半終了。後半ドイツが前がかりに
なったところを何とか凌ぐとオリッチが貴重な追加点!
ポドルスキに1点を返されるものの試合終了。

ドイツはサイドでの劣勢が明らか。
特に左サイドのポドルスキが中にポジションを取る事が多く、
クロアチアのサイド攻撃に対しては後手後手に。
恐らく2トップがDFを連れて作ったスペースを使って、
ゴール前に入る事を期待されているんだろうけど。

モドリッチはEUROで初めて見ましたが評判どおりの好選手。
ロシツキを思い起こさせるボールタッチと視野の広さで、
中盤を仕切ってしました。スパーズでのプレーも楽しみ。

【GROUP B:オーストリア1-1ポーランド】

録画未確認。オーストリアが終了間際のPKで同点に追いつき、
何とか最終戦に望みを繋げる。

【GROUP C:フランス1-4オランダ】
前半CKからカイトが決めオランダ先制。
その後もポゼッションを取りながらオランダが優勢に試合を進める。
フランスはリトリートして守りを固めるも、中盤の守備が緩く、
攻撃時には人数が足りない状態。
後半開始直後、フランスは前からの守備を行いペースを握るも、
アンリが決定機を外す。痛すぎる・・・。
対するオランダは途中投入したロッベン、ファンペルシーの
2人でカウンターから追加点。緒戦のイタリア戦に続き、
カウンターを決めやすい展開に持ち込んだ事が大きい。
セットプレーは大事だよなあ。結果的には4-1でオランダが快勝。

オランダの攻撃力は圧倒的だと思います。
が、今のところ「リードの際は」という括りが付きますが。
緒戦と同じ感想ですが、スコア程の実力差は無いでしょう。
もともとカウンターにはもってこいの人材がいます。
スコアレスが長く続いた時にどのような闘いが出来るか。

フランスは優勝候補だと踏んでいましたが・・・怪しいかな・・。
守備重視で立ち上がりのつもりがセットプレーで失点し、
慌てて前がかりになると、カウンターを食らうという後手後手の流れ。
また、1点を返した後すぐに失点するというお粗末な展開。
あれでは勝てません。ルーマニア戦ではメンバーを変えてくるだろう。
とりあえず相手ゴール前での人数を増やせないと苦しいぞ。

【GROUP B:イタリア1-1ルーマニア】

ダイジェストのみ確認。ブッフォンがPKを止め、かろうじて引き分け。
イタリアはかろうじて望みを繋げた。

フランスとイタリアの最終戦は決勝T進出を掛けた闘いに。
まあ、ルーマニアがメンバーを落としたオランダに勝ち決勝T進出!
みたいな展開も、それはそれで大歓迎です!

| 海外フットボール | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/27-19c34077

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。