being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第8節 VSモンテディオ山形 プレビュー

明日はホーム山形戦。
第7節終了時点で3勝2敗2分で5位の山形。
名古屋戦や前節の鹿島戦を観る限り、山形は攻守共に連動性やチームとしての
狙いが感じられるチーム。現在の順位は全く偶然では無い。
高い位置からのプレッシングとリトリートしてのゾーンディフェンスを兼ね備える
守備は、組織的で安定した印象。
連敗後にホームで迎える相手としては、本当に難しいチームですね・・・。

〔大宮公式〕第8節・モンテディオ山形戦(ホーム)前日レポート

【予想フォーメーション】

大宮アルディージャ
デニス 石原
早十主税
片岡慶行
パク塚本
マト冨田
 江角 

モンテディオ山形
古橋 長谷川
北村キム・ビョンスク
佐藤秋葉
石川小林
石井レオナルド
 清水 

え~、またもや注目は2トップですかね(苦笑)
恐らくデニス先発で来るのではないかと。色々な意味でターニングポイントになりそう。
慎の代わりには、フィジカルモンスター片岡だろうな。不思議なワクワク感!
波戸さんの状態が心配ですが、難しければ泰史が右でパクが左か。

ボールの動かし方に工夫が無ければ、閉じたゲームになる可能性が大。
お互いに組織で相手のギャップを突く事が最優先となる(デニスは除く)。
大宮としては、まずは新潟戦で失った高い位置からのプレスを取り戻す事。
デニス先発の場合はこの点が心配ですが・・・。
相手の秋葉・佐藤に自由を与えるようだとポゼッションで押し込まれる。
サイドで基点が出来た時の山形はゴール前に人数を掛けてくるだけに、守備の局面では
その周辺のタイミングが勝負の分かれ目になりそう。

攻撃ではこれまで通り石原に裏を狙わせる速攻がファーストチョイスになるでしょうが、
同点の状況では簡単にスペースを与えてくれないだろうな。
デニス先発の場合、早い時間帯ではデニスに簡単に預け、ボールを多く触らせておく
のも良いと思います。
注目したいのは両サイドハーフ(主税と早十かな)。攻撃時の中盤の構成力には改善が
見られない現在、まずはFWの近くで仕事をする回数を増やす事でしょうね。

また、相手に引かれた場合はしっかりとシュートで終わる事が大事。
DFラインが下がって前線が孤立した新潟戦では、後半の立ち上がりにシュートで終わる
場面が続き、ペースを掴み掛けた印象が残っている。
特にこちらのDFラインが下がるような状況では、強引にでもシュートを狙っていく必要が
あるでしょう。片岡キャノンの出番ですね!

ミドルと共に膠着した展開でポイントになりそうなのはセットプレーですかね。
石川の変幻自在のキックから繰り出される山形の多彩なセットプレーには要警戒。
鹿島戦ではファーで待ち構えるレオナルドや長谷川を囮にしつつ、ニアを狙うパターンも
見せており、一筋縄ではいかない印象です。
前日練習ではセットプレーの練習に時間を掛けたみたいだし、その辺りは準備万端か。
ここ数試合を見る限り、大宮サイドとしても速いボールをニアや中央に入れていく事が
狙いになりそう。

連敗の状況では何よりも結果が求められる。
局地戦で粘り強く闘い、相手より多く走る。
見栄えが悪かろうが、やるべき事をやりきって欲しいと思います。
何よりもホームでの戦いです!(埼スタはまた別物ですからね)
何としても勝ちたいっすね。

| 大宮アルディージャ | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/287-c7332367

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。