being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第10節 VS大分トリニータ プレビュー

〔大宮公式〕J1第10節・大分トリニータ戦(ホーム)前日レポート

連敗中の両チームの心理面や連戦中のコンディションを考えると、ミスゲームの
側面を強調した闘いになりそうです。
前節、立ち上がりから失点を喫したDFラインには怪我明けの波戸さんが戻り
(誕生日オメデトさんです)、CBは冨田とマトのセットになるだろう。
勝負を成立させる為にもまずは安定した守備に期待。

苦しいロングボールが増えるとは思いますが、簡単に弾き返され続けると中盤が
間延びする悪循環に陥るでしょう。中2日で攻撃面の連携が向上するとは思えないが、
こんな時だからこそチームとして最低限の狙いを抱えておく必要があると思う。
例えば、時にはFWがサイドに流れた所にフィードを打ち込んでいく事。
この試合では、相手の左サイド(鈴木?家長?)の裏はポイントの一つ。
左サイドはウオンジェにゴリ押しして貰うとして、主税にはサイドよりも中でのプレイが
求められる。セカンドボールに絡み、攻撃時には2トップをフォローする。
主税に掛かる期待は大きい。逆算すると、FWが右サイドで深さを作る事が出来れば、
攻撃時の動きは生まれると思う。

相手が4バックを取ってきた場合は、堅いゲーム運びから前線の圧力で押し込んで
いくしかないでしょうね。
また、雨の可能性がある為、新潟戦同様に相手のDFラインの裏のスペースを使う事が
難しくなった際に、どのように意思統一するか。

2トップが予想される石原と藤田にとっては、引き続き苦しい戦いになるでしょう。
中盤のフォローが少ない状況では、まずはシュートで終える事が重要。
まあ、デニスやクレメンを差し置いて起用されているのだから、やるしかない。

大分は怪我人が続出(ウェズレイが再度離脱のようですね)、6連敗中で最下位と
いう状況。昨年の守備の強さを考えると想像が出来ませんが、失点も多いんですね
(最多失点は大宮なのですが(苦笑))
しかし、この状況での大分の意気込みは相当なモノでしょう。
両チーム共に意地を掛けた闘いになるでしょうが、熱さの中でも冷静に。

さて、スタジアムに向かうとするか。

| 大宮アルディージャ | 10:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/291-82220f2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。