being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナビスコ第3節 VSジュビロ磐田(NACK5スタジアム大宮)

VSナビ磐田(0520)②

マトのPKによる1点を何とか守りきり、1-0で勝利。
不安視されたDFラインの奮闘もあり、完封で終えられた事や依然としてグループ首位で
あるという事実は嬉しい事ですが、内容に目を向けると決して楽観視は出来ないですね・・・。

〔大宮公式〕ヤマザキナビスコカップ第3節 ジュビロ磐田戦の試合結果

個人的に注目していたDFラインは、右から土岐田・片岡・マト・波戸さんでした。
ウォンジェが左サイドハーフで、先発が予想されたデニスはベンチスタート。
また、驚いたのはベンチ登録が6人だった事。
某携帯サイトが繋がらず、スタメンすら判らない状況だったのですが、何度数えても
1人足りない・・・。張監督によると「アクシデントがあったので【J'sGoal】」との事ですが、
予定の選手(新井君ですかね?)に何かあったのでしょうか。心配です・・・。

VSナビ磐田(0520)①

開始直後、早くも焦点は土岐田とジウシーニョのサイドに絞られる。
前田が片岡と土岐田のサイドに流れ、ジウシーニョが中途半端なポジションで前を向いて
ボールを受ける為、右サイドの対応が後手に。
また、攻撃で上がったスペースを使われた土岐田が、たまらずファウル。
落ち着きの無い立ち上がりの中、開始9分でイエローカードを受ける。

これを機に波戸さんを右SBに変更。ウォンジェが1列下がり左SBへ。
土岐田は左サイドハーフへ移る。結果的にはスタメンの選択は明らかな失策。
元々ジウシーニョという最も厄介な選手とのマッチアップですからね。

但し、配置転換自体は功を奏し(だったら最初からそうしろよ!と誰もがツッコミを入れたはず)
右サイドは落ち着きを取り戻す。主税と波戸さんの連携により、一発で崩されたり、
深く進入される場面は無くなり、最悪の場面ですら確実にディレイ出来ている。
次第に、ジウシーニョは同サイドから離れ始める。
(比べる対象が土岐田というのも失礼な話ですが(苦笑))やはり、波戸さんは偉大だなあ。

試合を通して、攻撃でワクワクしたシーンは限られていましたね。
前半10分~20分くらいの時間帯に数回。
早めに前線に当て、トップが落としたボールをサイドに展開し、逆サイドはクロスに備えて
ダイアゴナルにゴールへ向かうという形。結果的にPK奪取に繋がったのも同様の形でした。
右サイドで主税が溜め、PKラインの裏を狙った土岐田が那須に倒されPK獲得。
これをマトが落ち着いて決めて先制!!

但し、それ以降の攻撃はDFラインからのロングボール一辺倒。
相手のDF裏を狙い、数的不利の中でもマイボールにしようと奮闘する石原と藤田の姿は
ある種の「苦行」(苦笑)可能性を感じるのはたまに訪れるセットプレーくらい。
セットプレーからのマトの完璧なヘディング(ゴールライン付近で棒立ちだった相手ディフェンダーに
ぶち当てる・・・)
が決まっていれば、もう少し楽な試合運びが出来たのでしょうが。

後半は自陣に押し込まれる時間が長くなり、防戦一方。
サイドから崩される場面や、カウンターから決定機を作られる場面が増えた。
(特に、相手のバイタル付近で慎がシュートを打ち切れず、ボールロストから相手のカウンターが太田の
シュートに繋がった場面は失点を覚悟した)


中盤の運動量が減り、守備のラインがズルズルと下がってからは、全く流れを引き戻す
事が出来ませんでしたね・・・。
ロングボールのセカンドが拾えずに相手のターンが続き、前線で何とかボールを収めた
としても、中盤が飛び出して絡む事は出来ず(同じ状況の表裏ですけどね)。

VSナビ磐田(0520)④
高木は安定感溢れるプレー。特にハイボールの処理は安心して観る事が出来ました。
終盤、キーパーには珍しく足が攣ったような仕草を見せて不安を誘うが、事無きを得る。


確かに、守備陣は良く頑張りました。
安定した動きを見せた高木や、体を張った守りでゴール前を固めたマトと洋介のセンター
2枚(連携が著しく改善された・・・という訳では無いが)
サイドに鍵を掛けてラインの押し上げを図る波戸さん。
また、中盤の底でピンチを潰し続けた慎と早十も献身的に働いた。

VSナビ磐田(0520)⑤
慎はハイパフォーマンス継続中。左に持ち替えて放ったミドルは今シーズン最もゴールに近づいた(笑)
早い時間帯に傷を負ったように見えましたが、大事には至らず一安心。


一方で、チームとしての戦術的な試合運びは感じられず(この「我慢」が選手個々の「忍耐」に
繋がる・・・と期待して良いのだろうか)
、結果オーライにも見える。
この試合でも、リーグ前節の名古屋戦同様、選手交代による修正を見る事は出来ず。
磐田が途中投入された成岡が中盤の底で配球役となり、イ・グノと交代で入った萬代を
利用して前線の圧力を高めてきたのに対し、大宮の交代は実質「土岐田→デニス」のみ
(その他2名は戦術的な交代ではない)
既にカードを貰っていた土岐田の交代自体(2枚目を貰っても不思議では無いプレーも有り)
遅かったと思いますし、その他でも手を付ける箇所は幾らでもあったと思う。
内田や渡部君が居るのだから、疲れが見える主税や藤田を代えるという考えがあっても
良いし、バイタルを締めると同時に低いDFラインを回復する為にマサを投入(三浦さんに
毒され過ぎ?(苦笑))
も有りだと思った。何よりもサブのメンバー選択には疑問が残る。
本職のSBが波戸さんのみ・・・という事であれば、塚本(怪我・・・なのか?)や村山をベンチに
入れておくべきだと思う。現に土岐田はポジションチェンジを余儀なくされ、萬代が投入
される直前の時間帯からは、ウォンジェのサイドも破綻が近づいていたように見えました。

欠けているのは「弱者の論理」だと思う。
大宮は客観的に見て、J1で毎年残留争いをしている弱者だ。
リードしている状況ではそれを最大限に生かす方法を模索すべきだし、相手が嫌がる
部分を突く姿勢が絶対に必要。自分本位の発想で「何とかなるだろう。何とか頑張れ」と
考えていても、そう簡単に勝ち星は転がり込んで来ないと思う。
この辺りは、樋口監督時代の「アクション」の定義に関する疑問と全く同じ。
嫌な書き方をするが、現在のチームには「バランスが良い」と言いながら漫然と試合展開に
身を任せている余裕など、全く無いと思う。
これは、特に「次の試合」の事を考えると、敢えて書かざるを得ない。

【雑感】

・日本代表の岡田監督が観戦していたようですが、石原の事は忘れて下さい(苦笑)
あのボレーが決まっていれば・・・と思うと、ヒヤヒヤ(ワクワク?)する。
岡ちゃん、ジュビロの前田選手はやっぱり素晴らしい選手でしたね!(笑)

・途中投入されたデニス。頭上を越えるボールを眺めるだけで終わり、ご機嫌斜め。
フリーで待つ場面が結構あったんだけどね。勿体無い。

・マトさん。高さでは抜群の存在感。PKもキッチリと決めて勝利に貢献しました。
ただ、自らのマークに気を取られ過ぎて、ラインを下げるケースがありましたね・・・。
一瞬のスピードで裏を取られる事を避けたいのかな。まあ、高さで負ける事は
ほぼ無いだけに、気持ちは十分に分かりますけどね。

・早十は名古屋戦同様、攻守に絡む機会多し。前半は捌きの中心になる時間帯も。
サイドへの顔出しも効いていたと思う。守備面は、質よりも量でカバー。

・ウォンジェは浮き球に対する落下地点の目測が不安定かな。
ヘディングで被りそうになったり、踏み込み過ぎる場面が多かった。

VSナビ磐田(0520)③
側転を披露したアルディ。無茶し過ぎて「頭」が取れないように気をつけろよ(笑)

| 大宮アルディージャ | 22:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

何でしょう?このモヤモヤする嫌な感じは(苦笑

名古屋戦と同様に先制すればある程度試合にはなることは分かりましたが、
先制するためのプロセスがあってないようなものであり、
安定とは無縁の試合が続いていますね。これで良いんでしょうか。

監督自身が選手交代に臆病になってますよね。
リーグ初黒星を喫した川崎戦の交代失敗から有効な手がほとんど打てていないような。
開幕前から思っていましたが、夏場もあれで行くのでしょうか。
勝ったのに不安の方が勝ってしまう・・・選手はどう感じてプレーしているのかが気になります。

| スーザン | 2009/05/21 23:33 | URL |

先日は突然お邪魔してしまい申し訳ないです。いや、本当にお邪魔だったでしょう(苦笑)
普段は自分のブログをアップするまで、みなさんのブログを読まないことを基本としているのですが、印象的なシーンが少ないため、カンニングも兼ねて(・・・ってオイ!)
石原への感嘆が続きながら、時間が進むにつれてダービーへの不安が募る試合でしたね。hisauさんの「もう替えろ×2」を何度耳にしたでしょうか(笑)
日曜日は選手個人の頑張りに期待しつつ、中断の1カ月をクラブはどう過ごしていくのかに興味がシフトしちゃってますね。

チームが無敗のままなら、間違いなく石原は青いユニフォーム着ていたでしょうね。石原がボレーを外した後に、二人で同じことを考えていたのが非常に楽しかったです。

| ライトアップ | 2009/05/22 00:23 | URL |

スーザンさん

>先制するためのプロセスがあってないようなものであり・・・
全くその通りですね・・・。攻撃に関しては早くも行き詰まりを感じます。
守備の連携は少しずつ整っていくのかもしれませんが、それも一旦
壊してから・・・の流れですからね。

選手交代に関してですが。
シーズン開始直後は、判断も早く、交代も適切だなあと
感じていたんですけどね。
仰るとおり、川崎戦(特に渡部の件ですかね)から目に見えて
動きが少なくなった気がします。意図的なのか無意識なのか・・・。

このままだと、夏場には石原と藤田が死にそうですね・・・(苦笑)

| hisau | 2009/05/22 21:47 | URL |

ライトアップさん

磐田戦はどうもでした。お邪魔なんてとんでもないです!
京都土産まで頂き、本当に有難うございました(さっそく頂き、美味しかったです!)

>hisauさんの「もう替えろ×2」を何度耳にしたでしょうか(笑)
そんなにうるさかったですか(笑)全く記憶にございません(嘘)
確かに、配置転換の時点で「もう替えろ」と言っていた覚えが・・・(苦笑)

>石原がボレーを外した後に、二人で同じことを考えていたのが非常に楽しかったです。
ホントにそうでしたね~。あれはヤバかったです(笑)・・・と言いつつ、
石原の代表入りを期待していたワタクシが居るのですが。
何とかワールドカップに食い込めないかな~(半ば真剣です)。

| hisau | 2009/05/22 21:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/300-52b0dc90

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。