being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャンプ終了&練習試合(慶応大学戦)

御殿場でのミニキャンプが終了。
フィジカル面の向上とチームコンセプトの確認がメインの様子。
選手達のコメントを読む限り、充実したキャンプだった様子で何よりです。

そして、本日は慶応大学との練習試合が行われました。所用で観戦出来ず・・・。
〔大宮公式〕慶応大学との練習試合結果
噂の練習生のプレーは気になりますね~。
市川の復帰は嬉しい限り!!藤田が3得点ってのも、良いですな~。

さて、残りのシーズンですが、戦い方が大きく変わる事は無いでしょう。
但し、シーズン半ばを経過した現在、「攻守の切り替えの早さ」というコンセプトから
導き出されるアクションは限られており、その強さや継続性も十分では無い。
今後の戦いを勝ち抜く為にも、プレーレベルでの更なる徹底が不可欠ですね。

最大の焦点は、FWへのサポートの徹底、になるでしょうか。

この点に関しては、序盤戦のメインキャストは主税だった。
但し、主税一人に負う部分が大きく、主税がサイドの守備に走らされる
展開になると、途端に2トップが孤立する。
守備面での担保があれば、大分戦の前半のような戦い方を再現する事も
可能だと思うが、現状、大宮の中盤に相応の流動性は装備されていない。
3トップに関しても同様。サイドの攻防に少ない突破口を見出す展開では
有効だと思いますが、中盤が押し込まれるとトップが孤立する。

当然、ボールを奪うラインを高めに設定し、攻撃の早さを引き出す事が最も重要な
課題となるでしょう。最近は、押し込まれる時間帯が増えていますからね。
また、同時に守から攻への切り替え時の「質」を求めたい。
中盤の役割を整理し、「狙える選手が狙う」という連携を観たいなあ。
ダイアモンドと3トップの下敷きが活きてくるような形であれば、最高だけどね。

そして、単調な流れに陥りがちなチームにとっては、オプションを増やす事も必要。
この点では、ボールポゼッションに可能性を見出す事になるのでしょう。
最低限、中盤不在の流れを避難する為の手段でも良いと思う。
結果的には、中盤を飛ばす状況と繋ぐ状況を織り交ぜる事で、前線の動き出しと
中盤のサポートの態勢を整え、無駄な消耗を避ける事が出来ると思う。
千葉戦の戦い方は、一つのモデルとしたいところです。

加えて、期待したいのは、新戦力を生かした連携を高める事ですね。
前線のサポートではヨンドクに期待。
オプションを増やすという点ではドゥドゥに期待ですかね。

あ、残り15分での失点の多さも、どうにかして欲しい(苦笑)
まあ、交代策ですかね。終盤、守備での意思統一を促すような
交代策が全く見られないのは、今後を考えると更に心配。
自ら勝ち点を失っている余裕なんてどこにも無いですよ。

J1昇格後のシーズンで繰り返される、夏以降の失速。
「大宮アルディージャの反逆」の中で、三浦元監督はこのように述べている。
「・・・まずは、チーム戦術に力を入れながら、開幕からチーム力を前面に出していく。
秋以降というのはポテンシャルの差が出てくる。要は、強いチームが勝ち点を取る
サッカーをしてくるので、その時に現れるのが実力というものなんだ」

これが現場の実感なのだろう。
(それじゃあ、残り5試合での「強さ」は何なんだ(笑)というツッコミは置いておいて)。

シーズンの残りをどのように戦い抜く事が出来るのか。
チームとしてのポテンシャルを見せる時が来た。

※そういえば、NumberWebで平野選手のブログが始まっていますね。頑張れ、平野!

| 大宮アルディージャ | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/339-bad41e39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。