being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第21節 VSジュビロ磐田(熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

DSC_4028.jpg

う~む・・・、何とか逆転したかったですけどね・・・。
何とも残念な形からの失点と、悔しい試合内容。

前半の内容からは、前線からの守備や攻守の切り換え等のコンセプトの再建は
感じられたものの、攻撃のアプローチに中断前からの改善は見られず。
一方、後半はラファエル投入により攻撃が活性化されたものの、石原をベンチに下げて以降、
守備におけるコントロールを失い、チームは全く別の表情を見せた。

トータルで見ると、この試合結果(正直、後半途中からは敗戦の可能性も高まっていたと
思いますが)は、チームの総合力不足と捉えて前に進むしかありませんね。

〔大宮公式〕J1 第21節 ジュビロ磐田戦の試合結果

真夏の熊谷というシチュエーションから想像される程の暑さは無かった。
メインスタンドの屋根がピッチに陰をつくり、日が傾いた後には風が涼しく感じられた。

大宮はドゥドゥに加えて新加入のラファエルを早くもベンチに入れてきた。
試合前は、恐らくフィットしていないであろうラファエルを入れる位ならば、市川だろ!市川!
とか思っていましたが、ラファエルよ、スマン(笑)CBにはマトの相棒として片岡を起用。

試合の立ち上がりは悪くなかった。
守備に重心を置くミラーゲームの中で、大宮は落ち着いた戦いでペースを掴む。
お互いに早いタイミングで2トップを走らせる展開だったが、セカンドボールを早めに回収し、
前線へのフィードに対する圧力でも上回る。
それに加えて、戦況に応じてDFラインから作り直すコントロールも出来ていた。
早十や慎がミドルを狙い、波戸さんがオーバーラップからペナに突入する場面も。
今一つ厚みに欠け、右サイドの連携に失望する事も相変わらずだったが、早十が中盤で
前を向きルックアップする場面では、何かが起こりそうな雰囲気も。

しかし、好事魔多し。アンラッキーとも言える形から、失点を喫する。
右サイドの深い位置に侵入した相手を、主税と塚本が相手を挟みに行った瞬間、
半ば不運な状態から間を抜けられて、フリーでクロスを上げられる。
ファーで待ち構えた西が豪快に決め、磐田がワンチャンスをモノにする。
前半を1点ビハインドで折り返す。しかも、何とも重く圧し掛かりそうな1点だった。

流れを変えたのは、藤田に代わってハーフタイムに投入されたラファエルだった。
前線で確実にボールをキープし、シンプルな捌きで周囲を活かす。
プレー全体から視野の広さや、デビュー戦とは思えない落ち着きが感じられた。

特に中央でのパス交換で相手のDFラインを食い付かせ、塚本の滑走路を広げた事が大きい。
前半の右サイドには可能性が感じられなかったからなあ。
監督からの指示も「サイドを使って早めにクロスを上げる」だったようで、期待通りか。
また、足元への楔に対するアクションもまずまず多彩で、リーチの長さを生かした独特の
間合いで仕掛けるドリブルも今後に期待を抱かせた。
何よりも、ボールを捌いた後のリターンを貰う動きが良いなと。
結果はオウンゴールとは言え、同点弾を呼び込んだラファエル。
デビュー戦としては上々の活躍だったかな。

スタメンとなると別の問題も浮上するでしょうが、少なくともデニス以上(笑)の
守備意識は感じられた。張監督のサッカーにも何とか適応できそうかなと。

DSC_4055.jpg

同点から5分後の62分、更にベンチが動く。石原に代えてドゥドゥ投入。
連戦を見据えての交代策か、ドゥドゥとラファエルの連携を中心に攻撃の突破口を広げる
狙いだったのかは分かりませんが、結果的にはこの交代策を契機にゲームはオープンな
展開に突入する。

ドゥドゥのプレーについては、FC東京戦の印象と大きな変化は無いですね。
まず、プレーエリアが低い。頻繁にハーフウェーまでボールを貰いに下がってくる為、
結果的には前線でラファエル1枚を残して戦う時間が増えた。
逆転を目指すチームとすれば、前線に飛び出す選手が明らかに不足していた。
そして、守備面での貢献が皆無に近い為、相手ボール時に中盤が明らかに押し込まれた。
(以降の時間帯では、中盤でゆっくりと繋がれ、サイドでの数的不利に陥った。敗色すら漂う展開に。)
足元のプレーには安定感があり、簡単にボールロストする事は少ない。
低い位置からの縦パスにも独特のセンスがある。球種も多い。
但し、今の大宮にとって余りにも扱いが難しいプレースタイルである事は間違いない。

ドゥドゥ投入後は大宮の中盤が下がり、サイドは守備に追われることに。
この試合を「絶対に勝たなければならない試合」と位置付けるのであれば、
石原は絶対に残すべきだった。
その後のオープンな試合展開で、何とか拮抗していたように見えたのは、
DF陣の頑張りと両ボランチのコンディションの良さに依る部分が大きいと思う。

DSC_4054.jpg

大事な3連戦の緒戦はドロー。
短期的にはラファエルとドゥドゥのフィットも重要なファクターだと思うが、それ以上に
重要なのは前半の戦い方の徹底と改善だと思います。

そして最後に。このゲーム、最も輝いていたのは早十のプレーだった。
ゲーム開始直後のロングシュートを皮切りに、攻守共に積極的なプレーを連発。
相手中盤のプレスが比較的緩かったとは言え(特に後半)、中盤の底でボールを的確に捌き、
捌いた後のポジショニングでも大胆な判断で中盤を動かした。
また、ボールを預けて前線に飛び出し、フィニッシュに絡む意欲を見せた。
慎とのバランスも良く、役割が整理されてきた印象も。守備でも良く走っていた。

個人的には、昨年しつこく(苦笑)大悟に臨んでいたボランチ像に近かったかも。
それが、早十によって実現される可能性を感じるとは・・・。さすがに驚きだ(笑)
うむ、誉め過ぎかな(笑)
まあ、1試合だけで評価するのは早計だと思うけど、今後も思い切り期待したいなあ。
ちなみに、早十は何気に(失礼)スタミナあるよなあ。
完全に妄想ですが、恐らくグアムキャンプでのフィジカルテストでも信頼に足る数値を出していたんだろうなあ。
そうで無ければ、幾ら早十の左足が完璧(張監督談)と言っても、ここまで重用される理由がイマイチ分からん
(って、結局全然誉めていない感じでまとめてしまった(苦笑))


【雑感】
・そういえば、熊谷のビジョンはムービーが表示出来ないんだよなあ。
メンバー表示のドット丸出し感に、「ポートピア殺人事件(苦笑)」を思い出した。

・片岡はイグノ(さすがに、ちょっとコンディションが悪かったか)を完封。
空中戦も健闘。1対1と共に判断にも安定感が。フィジカルは充実一途(笑)

・塚本は攻守共に苦戦。主税との連携でタイミングが合わず、攻撃参加の機会を
逃し続けたツケが守備で押し込まれた原因にも見えた。頼みの右足も最悪に近かった。
特に攻撃では大胆なプレーを期待しているぞ。

・ウォンジェは良いクロス上げているんだがなあ・・・。右でタメた際にはフリーになる事も
多いだけに、速いサイドチェンジからもう少しウォンジェのサイドを使って欲しいなあ。

・藤田は前半で交代。ポストこそしっかりとこなしていたが、フィニッシュに絡む事は無し。
まあ、求められる事とやるべき事は変わりないぞ。次だ、次!

・江角はクロスに対して安定した飛び出し。終了間際のポロリにはビビったが(笑)

・個人的には、「ミスター高圧的(笑)」との印象が強い高山主審(いや、それは変わり無いが(苦笑))
流れを切る事が少なく、ストレスが無い試合を演出。良かったです。

・ところで、コイツはなかなか愛嬌がある奴でしたな。
DSC_4024.jpg

ああ、コイツですけどね(笑) 「マナビィ」という生涯学習マスコットらしい。
そんな出自のクセに、アホみたいな表情をしているのは何と突っ込むべきか(苦笑)
そういえば、アルディもハマっていたが、頭の毛並みの良さは相当なモノでしたよ
って誰も興味無いですよね。

DSC_4016.jpg

| 大宮アルディージャ | 02:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

先日は・・・というよりもいつもお世話になってます。

早十のフィジカルテストはかなり良かった・・・というのをエルゴラか専門誌かvamosかで今年読んだ記憶がありますね。「本当に???」と心の中で突っ込んでましたが(苦笑)

自分もメンバー表示はファミコン、昭和を思い出してました。個人的にはC・フジモトがツボでした。キャプテンとちからがかぶってるみたいな。

プレーだけならこの試合は、慎の左足ロングサイドチェンジを見れただけで、高速飛ばした甲斐があったかなぁと思っております。

明日、応援よろしくお願いします。神宮球場より祈っております。

最後に、hisauさんのブログのブックマークを外しました。ちょっとスポーツナビにトラックバックし始めたので、万が一ご迷惑がかかるとまずいと思いましたので。気にしないでくださいね。

| ライトアップ | 2009/08/18 23:30 | URL |

個人的「ミスター高圧的」は岡田正義さんです。こんばんは。
そしてラファエルごめんなさい(苦笑

センターラインの充実ぶりは素晴らしかったですね。
早十、慎、片岡がこんなに頼もしく感じる日が来るとは(泣

この試合の意味は大きい気がします。ターニングポイントかも知れません。
タフさには進歩の跡がハッキリと見えたかなと思いますね。
1試合通してあれだけ走れればたいしたもんです。
去年のこの時期は地球に優しいエコサッカーでしたからね。

個人的には主税と塚本の攻守における連動性も悪くなかったと思います。
確かにつまらない連携ミスでチャンスを数回潰してしまいましたけど。
主税が山本脩斗に圧力をかけて塚本が村井を捕まえに行くとか
守備面はかなり意思統一がなされていた気がします。
塚本に代えて土岐田とかやらなければ(苦笑)向上の余地はあると思います。

ドゥドゥはどうしたもんでしょうか(笑
前線3枚なら結構やってくれそうな感じはしますけどね。

熊谷マスコットのニャオざねは結構インパクトありました。
アルディ&ミーヤと一緒にマカレナ踊ってるのは見ましたけど、
動きに結構キレがあって笑いました。

| スーザン | 2009/08/19 00:04 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/08/19 00:10 | |

ライトアップさん

先日はどうもです。色々と頂きまして、ありがとうございました。

>早十のフィジカルテストはかなり良かった・・・
やっぱり、そうなんですか。後半、周りの足が止まってきてからでも、
ボールに絡む機会が多いですし、疲れからのミスも少ない気がしますし。
その辺りも張監督の信頼を得ている原因かもしれませんね。

C・フジモト!!(笑) よく見ていますね~。一瞬、クリスチャーノかと思いました(笑)

慎のサイドチェンジ、確かに凄いキックでしたね。最近、ミドルも左で狙う事が多い気がします。

ブックマークの件、了解しました!わざわざ教えて頂いてありがとうございます。

| hisau | 2009/08/19 09:39 | URL |

スーザンさん

岡田主審は最早殿堂入りですよね、高圧レフェリー界の(笑)

早十、慎、片岡のセンターライン、高いレベルを維持してくれれば、これ程嬉しい事は無いですね。

スーザンさんの仰る通り、よく走り、タフに闘った試合でした。
これを続ける事が出来るのか、どんな相手にも貫く事が出来るのかが、
今後のシーズンを左右しそうですね。
どこかで疲れも来るとは思いますが、ラファエルや市川の力も得ながら
チームの幅を広げてほしいですね。

塚本サイドですが、前半の守備は良かったですね。後半はそれよりも前に
問題が多すぎて、押し込まれてしまいましたが。クロスとサイドチェンジで
いつになく変なボールを蹴っていましたが。(スタの影響もあったのかな?)

キレがあるんですか!!ニャオざね。それはちょっと見たかった(笑)
情けない目でしたけどね。何だか寝巻みたいな格好だったし。
あいつ、踊るのか・・・。

| hisau | 2009/08/19 09:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/344-e5cd09a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。