being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オランダVS日本(国際親善試合)

終わってみれば、余りにも予想通りの試合内容と結果だったかなと。
オランダ対日本。
代表に対して持つ集合的無意識を丹念に辿るかのようなゲーム。
でも、フットボールにおいては、その「予想通り」が何と難しい事か。
その意味では、収穫の多いゲームだったとは思います。
強いて言うならば、このゲームが1年、いや半年でも早く行われていれば・・・とは思いますが。

ハイプレスで相手の中盤を苛立ちを誘いながらも、相手DF陣の目前では
丸腰である事を自ら認めるような仕掛けに終始する。足が止まった後半は
相手の速攻に防戦一方となり、既に打つ手は残されていなかった。

オランダが様子見の立ち上がりだったとはいえ、序盤のプレッシングは試合を
膠着させる事に成功した。人数を掛けてボールを奪い、密集地帯での繋ぎから
トランジションの早さを強調するという戦い方も、ある程度は実現していたと思う。
特に前半は、アタッキングサードへの人数の掛け方にもチャレンジする姿勢が
感じられ、後は個人戦術や技術の部分が大きいのかな・・・というのが正直な感想。

攻撃面では、サイドでの人海戦術からニアゾーンを狙うという昨今の方向性を
更に突き詰めていく事も必要だと思いますが、この試合では中央からダイレクトに
仕掛ける姿勢がもう少し見たかったかなあと。
まあ、それでも伏線も少なからず見えてきたと思いますが。

しかし、一部報道等を読んで思ったのは・・・、何でそんなにネガティブなのかと(笑)
世界レベルで見ると決してトップクラスとは言い切れないオランダのDF陣に対して、
脅威すら与える事が出来なかったのは事実ですよ、そりゃ。
それでも、方向転換の必要は全く無いと思いますけどね。
ある程度やりきった部分があったが故に、課題の大きさが良く分かるゲームでした。
それを少しでもポジティブに捉える事が出来ないのであれば、元々フットボールを
舐めていただけだろ!と言ってやりたいわ。まあ、それは良いとして。

本田については、攻撃面で良さが生きる展開ではありませんでしたね。
但し、前半の展開で本田が居ればどうなったのか・・・という問いかけは無意味ですからね。
個人的には、玉田と岡崎のセットは中心にすべきだろうとの印象を持っていますが、
前線の組み合わせには、今しばらく悩む事になるんでしょうね。

これまでに何度か触れていますが、岡田政権下の日本代表は嫌いでは無いんです。
イデオロギー的にも、スタイル的にも。
個人的には岡田監督には惹かれる部分も多い。例えば、そば好きとか(苦笑)
勝負師としてのリアリズムと、指導者としてのアイデアリズムを兼ね備えていると思うし、
垣間見える「持たざる者」としての視点も好きだ。

唯一、メンバーについては好感を持っていないが、これは簡単且つ極めて深遠な理由(笑)だ。
何故なら大宮の選手が入っていないから。

とか書いていたら、大宮に新加入選手が来たぞ!!

そういう訳で、ガーナ戦を楽しみにしていますよ、頑張れニッポン!!
(スイマセン。完全に流しました(苦笑))

| 日本代表 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/357-91332ffc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。