being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第25節 VS清水エスパルス(アウトソーシングスタジアム日本平)

P1000101.jpg

「余りにムカついたので、帰りに大宮で久々に日本酒飲んじゃったよ。
美味しかったなあ。えへへ・・・」と、アルディをリスペクトしてみたところで、
ええい!やっぱりモヤモヤが晴れんわ!ふ~、やっぱり振り返るしかないのか・・・。

鹿島戦とは対照的なゲームでしたね。先制されると苦しくなる事は、既に
今シーズン証明尽くされていますが、これだけ内容が悪いとなあ・・・。
リードされてからは、こちらが狙っていた事を簡単にやられてしまった感じ。
磐田戦以降の3連戦と合わせて考えると、課題は何一つ変わっていないんだな。
残留する為には、先制点の有無が今後も大きな影響を与えそうだ。

〔大宮公式〕J1 第25節 清水エスパルス戦の試合結果

大宮は鹿島戦と全く同じスタメン。
清水はナビスコ杯で負傷した青山に代わり児玉がCB。代表帰りの岡崎が先発。
心配された雨は時折小粒が落ちてくる程度。
雲間から陽射しが入ると蒸し暑さすら感じる中、13時キックオフ。

前半4分、清水が先制。左サイドからのアーリークロスは波戸さんが弾き返すが、
そのこぼれ球をヨンセンにミドルで叩きこまれる。大宮名物エアポケット。
崩された訳では無く失点自体はアクシデンタルだったが、これで試合の流れが決まる。
そして、その流れを変える事が出来ないのが実力の無さ。

P1000122.jpg

20分、マトの楔をラファがアウトでDFラインの裏へ落とし、石原が決定機を迎える。
キーパーとの1対1で放ったシュートはゴール右へ逸れる。
試合を通じて最大の決定機だったなあ。

前半、攻撃の可能性が無かった訳では無い。
特に主税が鍵を握っていたように見える。狭い局面での駆け引きや技術は相手のサイドに
警戒を与えていたし、スペースを探して2トップのサポートに一際意欲を見せた。
右に流れるラファをおとりに石原へ縦パスを通したシーンは、来た!と思ったが。

P1000135.jpg

しかし、守備の不安定を招いたのも右サイド。
サイドを離れスペースを探す主税の動きが、結果的には守備への切り換え時に塚本の
サイドを突かれる要因にも見えました。相手のサイドにボールが入った際や慎が前から
嵌めに掛かる際には、枝村が斜めに入ってくる為、慎と早十が中に縛られる。
枝村が開けたスペースに本田が入るシーンもあり後手後手。
こうなるとなかなか前に出られない。

マトが集中を欠くプレーを続けていた事もあり、守備面での修正は全く進まず、
同時に攻撃の際の判断力や勇気を擦り減らすかのように時間が進んで行く。

正直、主税が自重する事で守備を整理する、という手は無かったと思います。
それよりも、ビハインドの状況でチーム全体から主税の意気を押し上げるような勢いが
感じられなかった事が何とも残念だなと。
縦の楔が攻撃のスイッチに成らないし、中央に人数を掛ける事も無いので、サイドに
ボールを付けた際に相手がズレていない。内田もゲームから追い出されちゃった感じ。

前半終了時、考えようによっては良く追加点を食らわずに済んだなと思った。
1点差だと何が起こるか分からんしな、とか考えたが、後半はもっと酷かった(苦笑)

P1000152.jpg

ハーフタイム、選手交代は無し(一瞬「マト→冨田」を妄想したけどね)。

後半、何よりも苛々させられたパスミスは当然の帰結でしょうね。
足元だけでボールを繋げるのであれば、あんな大きなピッチは必要無いでしょ。
欠けていたのは自ら動きピッチを広げる事。コンディションの問題では無く、
試合展開と状況、それに伴う心理的な要因が大きかったのでは。

P1000139.jpg

63分、内田に代えてドゥドゥ投入。石原が左サイドに移り、ドゥドゥをトップに。
ドゥドゥが中盤まで下がりボールを落ち着かせ、出来たスペースを直樹が狙う形か。
ドゥドゥは自らの役割を果たしていたと思う。周囲でのパスの大半がオートマチックな
安全策に見えた事もあり、楔を入れて中を抉じ開ける姿勢には頼もしさすら感じた。
足が止まる中盤の間に入り、楔を窺いながら、サイドが上がる時間を作り出す。
しかし、時間を掛けたところで前線の動きは少なく、ゴール前の状況にも変化が無い。
そして、やはりミスが多かった。

75分、石原に代えて土岐田。83分、主税を下げて藤田を投入。
交代策自体は納得出来るものだったが、それぞれもう少し時間が欲しかったかなあ。
精彩を欠く慎か早十を下げて、中盤の勢いや力を取り戻すという手もあったと思うが、まあ、駒が足りないか・・・。
青木ではダメなのかなあ。ウォンジェをセンターでってのもアリだと思いましたが、先週、秋葉の紅白戦で観た
ボランチでのプレーがあんまり・・・だったからなあ。


P1000158.jpg

最後は、大宮陣内のコーナーフラッグ付近でキッチリ時間を使われて終戦。
お互いにミスが多いゲームでしたが、相手のクロージングに付き合う形で、
大した抵抗も無いままに過ごした後半には特にガッカリ。
清水の手堅い戦い方の前に、横パス地獄で自滅する姿からは山形戦での
悪夢すら思い出したな。期待をしていたセットプレーの精度も悪かったなあ。

時間を掛けて、サイドに人数を掛ける事も必要だとは思いますが、イメージが見えたのは
土岐田が相手SBの裏に抜けた場面(主税?からのパスはラインを割る)の実質1回だけ。
深さを作る事すら出来ないサイドでの繋ぎは、最早攻撃ですら無い。
それくらいなら、孤軍奮闘するラファにボールを付けて、全員でサポートする方がマシだ。
勿論、正当性の問題等では無く、その方が「良い」チームだと思うんだけどなあ。

【雑感】

P1000156.jpg

・不調に見えた慎が何とも象徴的なゲームだったなあ・・・。
次節出場停止は残念だけど切り替えてくれ。残り試合ではオマエの活躍が不可欠だからな!

P1000124.jpg

・なかなかボールが収まらず、サポートに恵まれない状況にも飲まれず、
チームの為に集中したプレーを見せたラファ。終盤、味方のパスミスからカウンターを
食らいそうな場面でファーストディフェンスに誰よりも奔走していた。
この選手を活かす事が出来ないってのは何とも情けないぞ!!

・マトさんは判断が大荒れ。マークを見失い、無理やり競り合いに行ったり(本田のボレーの
場面は茫然とした)、ミスパス連発。それだけにセットプレーでの得点を期待しましたが・・・。

・片岡は苦戦のDFラインで唯一安定感があり。ラインが下がる状況でも前に出る力も感じた。

・ポジショニングの良さが光るヨンセン。裏を気にするマトを外してバイタルやサイドで
ボールを収められた。それにしても、あのシュートは凄かったな・・・。

・清水の左SB太田。主税との1対1では結構やられていたけど、攻撃では勢いの良い
突破を何度か見せていた。あの選手か、シーズンオフに狙っていたのは・・・。

・長谷川健太のリアリズムはキャラ立てとしては嫌いじゃないな。敵ながら、あの時間稼ぎは
良いと思う。時間帯としてはちょっと早かった気もするが。大宮相手にそこまでするか(苦笑)

P1000096.jpg

・パルちゃんショーは不発(苦笑)見る前はいけ好かないヤツだなあ・・・とか思っていたが、
生で見るとなかなか可愛いかった(笑)ウチの子達には遠く及ばないけど、勿論。

・佐藤隆治主審は笛が多かったですね。もう少し流しても・・・と思いましたが。
特に、手を使った守備には厳しかったなあ。ユニを掴んでマトがイエローを貰った時点で「こりゃあ守りにくいぞ、
でも逆に考えればダイレクトにFWに当てれば何か起こるかもよ(苦笑)」とか思ったが、起きたのは大宮の
選手の苛立ちだけだった(苦笑) まあ、あの笛を活かせるようなチームになればええやん(投げやり)。
しかし、ラファのイエローは意味分からんな。あれがイエローならばボールを奪えないぞ。あと、岩下の
「姑息な行為(笑)」に反応し過ぎ。まあ、それについては松崎審判長が名指しで読売に書いてくれるはず(笑)


・1点。会場を去る時に、座席にゴミを残したまま立ち去る大宮サポの存在が気になった。
ワシの周辺だけでも少なからず居た。すぐ下のゴミ箱に持っていくだけなのにな。
置きっぱなしのゴミが佐藤主審の家に届けられるんだったらワシも大量に残すけど(苦笑)

P1000084.jpg

P1000164.jpg

初めての日本平。評判通りの良いスタジアムですね~。何だかロケーションも好きだ。
漁港沿いの育ちなもんで、バスの中から眺めた清水の町の雰囲気に異常にワクワク。
今度は漁港に立ち寄ったり、市内をゆっくり歩きたいなあ。

思い返すと、マトがインターセプトから持ちあがり石原の決定機に繋がった場面と、
スペースを得た泰史のドリブルから、下りてきたラファが受けてミドルを放った場面が
印象に残っている。いずれも、楔が入らず苦しむ流れの中で、相手DFラインの足と目が
釘づけになり、前線に簡単にボールが入ったシーンだった。

「弱い」のであれば、相手よりも走る事は最低限。
仮に足が動きづらいゲーム展開だったのであれば、余りにも勇気が足りなかったなと。

今後、リスクを負ってでも勝ち点3を狙わなければならない試合が訪れるはず。
特に、イーブンもしくはリードされた際には、時にはバランスを崩してでも攻めに出る
覚悟が必要だ。その意味では、このゲームは格好のチャンスだったんですけどね・・・。

P1000162.jpg

試合後、ピッチ脇で話し込む冨田と藤田を茫然と眺めていた。
何を話してんだろうな~と思いながらも、戦いはまだまだ続くんだなという
至極当然の気持ちが再びジワジワと押し寄せてきた。
そして、それは決してネガティブな事では無いんだなあ、と。

| 大宮アルディージャ | 17:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遠征お疲れ様でした。私も現地におりました。
めでたくもないのに寿司を食べて帰りました。大変おいしゅうございました。

何とも無力感漂う試合でしたね。
でもまあ、もっと無残に負ける試合を何試合となく観ていますし、切り替えですね。
大宮のやり方に相手を嵌めるためには、
お互いがラインを高くする状況を作り出すことが必須かと。局地戦というか。

後ろで回している時の慎、早十、マト、片岡の4人が何とも可哀想だったなと。
清水は自陣で構えて「さあ攻めておいで」って感じでしたし
あの状況じゃ誰もボール受けたくないですよ・・・。出すとこないし。
前に出て行くスペースも潰されていましたし、
ヨンセンの存在感が後ろ髪を引いたんでしょう。

ドゥドゥ投入時には活動量が清水の術中に嵌って志気と共に低下していたので
ウォンジェを入れてほしかったかなと。一人でも何とかする人ですし。
清水は外に追い込む守り方みたいだったので、そこを逆手にとって。
アーリークロスをボコボコ蹴りこんでやれば良かったんじゃないかと。

結局は大宮の実力はまだまだだよということに落ち着きそうですが、
先手を取ればどこが相手でもやれるという拠り所はある。
その先手を取る形が無きに等しいので、そこが何とも心許ないですけど。

長々と失礼しました。

| スーザン | 2009/09/14 21:48 | URL |

スーザンさん

現地観戦、お疲れ様でした。寿司、羨ましいです~。
私はツアーバスでの参加の為、現地でのんびりする事は出来ませんでした(泣)

それにしても、何とも歯痒い試合内容でしたね・・・。

>後ろで回している時の慎、早十、マト、片岡の4人が何とも可哀想だったなと。
そうですね。ボールを回すには動きが足りませんでしたし(まあ、スペースも
無かったですしね)、本田を食い付かせておいてから、思い切ってロングボールから
セカンドを拾う事に賭けてみるのも良いかなとも思いました。
ダイア、もしくは慎と早十の一方を上げるなりして。

仰る通り、ウォンジェ投入はアリでしたよね。ついでに、藤田も前に入れて。
いずれにしても、意思統一に欠ける状態で時間を過ごしてしまった事が悔やまれますね。

結局のところ、リアクション一辺倒ではあるんですよね・・・。
要は、相手が焦れるまで時間を進めるか、セットプレー頼みかなあと。
これから、出場停止が頻発しそうですしね。
魔の9月(笑)にならなければ良いですが・・・。

| hisau | 2009/09/15 01:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/360-e2785d73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。