being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第26節 VS名古屋グランパス(NACK5スタジアム大宮)

え~、更新が遅くなってしまいました。
本当は日曜夜中に更新する気だったのですが、ボーっと眺めていたTVにデニスの姿が!!
「サンパウロVSフルミネンセ」でした。「G+(ジータス)」を観れる方は再放送をチェックして下さいね!
デニスの姿、何だか懐かしかったなあ・・・。デニス、お前だけでも(苦笑)元気でな!!

ハイ、現実逃避はこのくらいにして名古屋戦を嫌々(苦笑)振り返るとする。
いつにも増して愚痴や不満が増量中!!書いているワシですら結構しんどいので(じゃあ書くなと)、
読む方は100倍しんどいはずですが、よろしければお付き合い下さいませ。


〔大宮公式〕J1 第26節 名古屋グランパス戦の試合結果

P1000359.jpg

慎の代役として、ボランチには青木がリーグ初スタメンの抜擢。
石原を右サイドに置き、2トップはラファエルと藤田。
そして、右サイドバックには土岐田を起用する。

名古屋は前節までの3バックから4バックへ変更。
復帰した吉村が中村と中盤センターでコンビを組み、同じく出場停止明けの
マギヌンが左、小川が右サイド。DFは阿部、増川、吉田、田中の4バック。

前半の大宮の戦い方は、全く理解に苦しむモノだった。
残念ながら、戦前のエントリで書いた「過度なリトリート」に陥った。
ブロックを固め、自陣のスペースを埋める事で試合を膠着させるものの、
肝心のボールの奪い所は見えてこなかった。

まず、自らの足元を見つめなおす事が必要だと思う。
低い位置で辛うじて拾ったボールを前線に運ぶ手段は持ち合わせていない。
出来る事は相手の裏を狙ったロングボールでラインを下げさせる事くらいだったはず。
前線からの守備を引き金に高い位置でセカンドボールを拾う事が出来れば、
何とか形になる事もあるが、それにしてもFWの尽力に負う部分が大きい。

ラインを下げるだけで、その先のプランは皆無に見えた前半の戦い方は、
決して偶然の産物では無かったはずだ。

そして、選手起用について。
藤田のスタメン。石原のサイドでの起用。土岐田のサイドバックに青木の抜擢。
敢えて書きますが、それ自体には疑問は無い(というか、その必要をあまり感じない)
選手を起用する理由などは、幾らでも存在する。

結果的に、藤田のスタメンと右サイドの陣容は大失敗だった。
但し、問題なのは起用そのものでは無く、戦い方の選択と選手のキャラクターに
おける整合性の欠如だ。少なくとも、石原と土岐田を右サイドに配しておきながら、
自陣に閉じこもる展開を選択(少なくとも、それを避ける為のプレーがどれだけ見られただろう
する事が全く理解できない。また、藤田の前線からのチェイシングや裏への飛び出しは、
チームとしての一体感の無さを印象付けるだけに留まった。

右サイドに主税、左に内田ではダメだったのか。
(青木スタメンの状況下で、ボランチの選手層を考慮すると、ウッチーをベンチに残したかったのかもしれんが)
何故、塚本ではダメだったのか。
(水曜の秋葉では、ワシ自身も「名古屋戦は塚本より土岐田の方が良いかもな・・・」と思いましたが(苦笑))
今更そんな疑問が浮かぶ事自体、何とも情けないなあ・・・。

P1000392.jpg

序盤、4バックへの変更でワイドな構えを取り戻した名古屋がボールを支配し、
大宮は自陣で網を張る、予想通りのゲーム展開。
開始から暫くは、小川が左、マギヌンが右サイドでプレー。特に、小川は絞り気味の
ポジションを取るシーンが多く、土岐田が脅威に晒される機会こそ少ないものの、
その外で顔を覗かせる阿部への対応の為、石原が頻繁にポジションを下げる。
大宮は2トップを残して自陣を固めるものの、中村と吉村に自由を与え防戦一方。
名古屋のポゼッション自体は、昨年好調時に比べると精彩に欠ける印象だったが、
それでも失点は時間の問題に見えた。時間が進み、マギヌンが左サイドに移り、
高い位置を取り始めた事で、いよいよ土岐田が縛られる事に。

唯一の望みであるカウンターも、石原の位置が低く、ラファエルの足元に全てを賭ける
状況では、さすがに名古屋の守備陣に脅威を与える事は出来ない。
裏を狙う藤田へのロングボールを使って相手のラインを下げる事も無く、右サイドの
石原を走らせる事も無く、勿論、ラファへのサポートも横山ノックの頭なみに薄い。
(何だか硬い書き方に飽きて、唐突に書きたくなった(笑))

中盤の守備はパスコースの限定だけに神経を擦り減らすかのような動きに終始し、
こぼれ球を個々で奪い切れるかどうか、が残された唯一の選択肢だった。
「守備から入る」という狙いの結果この程度なのであれば、勝ち目は無い。
正直、両CBにとっては歯痒い状況だったと思う。ケネディはボランチ付近まで下りる事が多く、
前で少しでも網に掛ける事が出来れば、ケネディに合わせてラインを上げる事は可能だったはず。
その分、フリックオンから裏を狙われる事も増えると思うが、余裕を持って繋がれるよりはマシだったのでは。


前半28分、FKからマギヌンに押し込まれて失点。遂に先制点を奪われる。
相手FKに繋がる青木のタックルに対する判定は微妙だったが、その判定に
引きづられるようにチーム全体が集中を失った感は否めない。
特に、主審に激高してイエローを貰い、その興奮を抑えきれないまま、壁に入る事を
怠った主税の責任は免れない(その主税が開けた穴に、小川のキックで通されただけになあ・・・。
抗議自体は絶対に必要な事だと思うけどね。でも、その興奮を相手に浴びせてカードを貰うだけでは全く
効果が無いし、何よりもその後の切り換えが出来なかった点が最も痛い)


前半、決定機は右サイドでラファのヒールパスに石原が抜け出した場面くらいか。

P1000394.jpg

後半、藤田を下げてウォンジェを投入し、石原とラファの2トップに変更。
2人の関係だけでボールを運べる石原とラファのコンビに可能性を託すが、
先制点を手に入れた名古屋は、当然の事ながら慎重にバイタルを固める。
後半11分、ラファが深い切り返しからミドルを放つものの、相手GK広野に阻まれる。

少しずつではあるが、大宮がボールを持つ時間帯が増え始める。
相変わらず、手数を掛けた中盤の繋ぎからは局面を打開するアクションが感じられ
なかったが、それでも左サイドのウォンジェは流れを押し返しつつあった。
可能性があるとすれば左からのクロス、もしくはそのセカンドかな・・・という予感も。
しかし、ボランチやサイドバックのサポートは不十分で、前半、サイドの守備に忙殺された
疲れの為か、ボックスで勝負するはずの石原の動きが重くなっている事に気づく。
振り返ると、全てがチグハグな印象。数少ない武器ですら、自ら錆びつかせてしまった。

P1000405.jpg

78分、マギヌンの見事なロングフィードから小川が抜け出し、試合を決める追加点。
それまでにも名古屋は何度か絶好機を逃していただけに、同点に追いつくチャンスが
無かったと言えば嘘になるかもしれない。しかし、大宮が同点に値するだけの戦いを見
せていたかと問われれば、もっと大きな嘘になるでしょうな。

終盤、83分に青木に代わって投入されたドゥドゥがカットインからシュートを狙うものの
この閉じられた局面を突き破るだけの力は無かった。試合終了・・・。

P1000410.jpg


【雑感】

P1000390.jpg

・慎の出場停止に伴い、この日リーグ初スタメンを飾った青木。
試合が進むにつれて落ち着きのあるボール捌きを見せ、後半はダイレクトの縦パスや
ラファに出したロングフィードなど、堂々としたプレーを見せた。
攻撃時にはバイタルへのフリーランでアクセントをつけるものの、チャンスには結び付か
なかった事が残念。守備時のポジショニングや1対1での対応には不安も覗かせたが、
今後に期待を抱かせるプレーだったと思う。

P1000387.jpg

・FWにとっては忍耐を強いられるゲーム展開の中、集中したプレーを持続する
ラファには強いメンタリティを感じた。残念ながら、卓越したキープ力が活かされる場面は
少なかった。ウォンジェ投入後はクロスからゴールを狙うも、周囲のフォローに恵まれず。

・「あなたはピケですか」とのツッコミを入れたくなる程、グラウンダーでの縦パスに
執着を見せたマトさん。その大半は、相手中盤に引っ掛かっていたけれど(苦笑)
この前の練習でも、何だかパスミスが多いなあ・・・と見ていましたが、こりゃ必然だな。
やたらと攻撃に色気を出しているのは、最早中盤の展開力に対する不満の表れにすら見える。
正直、足元だけで事を成し遂げようとする中盤の緩慢な繋ぎや、フィフティーのボールに対して
十分に競らない・・・などのプレーに比べれば、マトさんのパスミスはミスでも何でもないと思う。

・江角は、不安定なバックパス処理でスタンドの溜息を誘う。まあ、そもそもバックパスが
多すぎだけどなあ。また、失点時の小川のFKに対する壁作りが悔やまれる。

・後半、怒涛のドリブルを見せた波戸さん。ビッグプレー寸前だったが・・・。
最近気になるのは、マトさんのパスをコントロールミスして、サイドでの窒息に繋がるシーン。
全般的に、最終ラインの繋ぎには改善が望まれますねえ。

・広野には大きな期待していたんだだけどなあ・・・(苦笑)

・マギヌンはNACK5スタジアム男だな。

・隠れ阿部翔平マニアとしては、後半に見られたサイドを横断するグラウンダーでの
サイドチェンジにチケット代を支払った気分だ。いや、違うモノを観に行ったはずなんだが。

・穴沢主審、100試合担当おめでとうございます。
・・・それにしても、コンタクトには酷く神経質なジャッジでしたね。
開始直後から、この基準で笛を吹いていると退場者が出るな・・・と感じたぞ。

P1000352.jpg
アルディとミーヤはハロウィンバージョンでした。君達だけは採点6.0で良いよ。

P1000350.jpg
「先制点?何それ。美味しいの?」


P1000383.jpg

落日。
先制点が全てという「結果」に対しては、幾らでも落胆する準備は出来ている。
勿論、そんなモノは望んでいないんですけどね・・・。
但し、それを「真実」だと信じているかのような戦い方には失望すら出来ない。

今シーズンに限っては、未だ「残留争い」にすら臨めていない印象。
今後の戦いは、紛れも無く己との戦いだと思う。
目は十分に開いているのか?

| 大宮アルディージャ | 23:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

敗因は己の中にあり、ですね。
フォローのしようがない酷い負け方でした。
張さんからするとリスク覚悟の勝負に出て負けたということなんでしょうが、
端から見てそれが理に適っていないというのが何とも・・・。

その中で唯一面白かったのが青木ですよね。
縦に仕掛けるパスと動き出しは光るものを感じました。
シーズン序盤であれば積極的に起用してほしいところだったんですけどね・・・。

| スーザン | 2009/09/23 01:45 | URL |

お疲れ様でした。

今回私用で行けなかったため、
レポート大変有難いです。

マトさん、やっぱりそう思われますか。
彼に「自分で何とかしよう」と思わせると駄目なんですよね。。
守備面では片岡に任せる場面が増えて良くなっているので、
攻撃面では両ボランチの展開力UPに期待ですね。
そういえば、慎がいなかったのかぁ。。。

| バイちょ | 2009/09/23 09:44 | URL |

試合後、聞き覚えのある曲が流れていると思ったら、
スピッツの『大宮サンセット』
でした。。

大宮の歌ではあるんですが、ビミョーなきぶんに
させる曲です。。。。

| むねまさ | 2009/09/23 19:45 | URL |

スーザンさん

何とも酷いゲーム内容でしたね・・・。
「頑張っていない」とは言いませんが、チグハグな展開でしたし、
個人の頑張りがチーム力に全く昇華していないというか。

仰る通り、青木のプレーにはポジティブな印象を受けましたね。
練習よりもイキイキしていたようにも見えました。
初スタメンという事もあり、難しい事は避けようという意識が、ハッキリとした
プレーに結び付いたのかもしれませんね。
但し、今後は慎が戻ってきますし、また出番が少なくなりそうなのが、
何とも残念です・・・。

| hisau | 2009/09/23 22:22 | URL |

バイちょさん

こんばんは。

>彼に「自分で何とかしよう」と思わせると駄目なんですよね。。
そうなんですよね~。勝手な想像ですが、そんな感じがしますよね。
大概、マトさんの縦パスのミスが始まるのは、劣勢の時ですしね。
その前に、早十とかがもう少し何とかしろよと(苦笑)

ボランチの展開力、喉から手が出る程欲しいですね(笑)
練習を見ている限り、意外にも慎の展開力に驚く事が多いんですけれども。
まあ、「練習を見ている限り」ですが(笑)

| hisau | 2009/09/23 22:43 | URL |

むねまささん

始めまして。コメントありがとうございます。

>スピッツの『大宮サンセット』
そうなんですか~。
曲のタイトルくらいは知っていましたが、全く気付きませんでした!
大宮の現状を考えると、確かに微妙なタイトルと選曲ですね・・・(苦笑)
まあ、「落日」と書いている時点で、私も同類ですが(笑)

| hisau | 2009/09/23 22:47 | URL |

遅ればせながら先日はいろいろとお世話になりました。hisauさんの都合を無視して、またお誘い致します(自分から誘っておいて、場所はお二人任せって・・・自分は社会人失格な気がしてきました。次回はご招待する形をとらせていただきます。)

しかし、グダグダ試合後にお付き合いしていただいてますよね(泣)そういう試合になりそうだからこそ、愚痴を聞いていただくために勘が働いているのかもしれません(苦笑)

アルディとミーヤが6.0・・・あとはこのアルディのナイスショットを撮影したぴちょんさん(でしたよね?)は7.0の採点でよろしいかと思います。

アルディは先制点の味を知らないんですね(笑)ミーヤが作るどんぐりのおにぎりやアイスクリーム(でしたっけ??)と同じくらい美味しいくて、必要不可欠だとクラブにメールしておきます。

試合には触れず、変なコメントですいません。

| ライトアップ | 2009/09/25 02:26 | URL |

ライトアップさん

先日はありがとうございました!
こちらこそ、いつも誘って頂いた分際でテキトーに楽しんでおりスミマセン。
それにしても、またも酷い試合の後でしたね(苦笑)
そして、またもや試合よりも反省会の方が楽しかったという(笑)
まあ、たまには選手達を褒めまくりたいんですけどね・・・。

アルディの写真は、ぴちょんさんのショットですね。7.0ですか~。
それならば、ライトアップさんにコメントのハードルを上がられながら
四苦八苦しているワタシには7.5を下さい(苦笑)

次にお会いする頃には、少しは苦しみから解放されている事を祈ります。ホントに。
このままでは、さすがにブログにも毒が溢れそうな気配ですからね・・・(笑)

| hisau | 2009/09/25 23:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/365-fd641c74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。