being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第34節 VS大分トリニータ(九州石油ドーム)

P1010310.jpg

P1010309.jpg

P1010308.jpg

ユニフォームを交換する波戸さんと冨田。
試合後の光景を見て、不意に訪れた別れを知る。
江角と白井コーチの抱擁も忘れられない。

こういう時、何故「ありがとう」という言葉しか出てこないんだろうなあ。
そんな簡単な言葉では物足りない程、感謝しているつもりなんだけどね。
みんな、本当にありがとう。

〔大宮公式〕J1 第34節 大分トリニータ戦の試合結果

正直、契約満了の報道で気が散りまくりですが(笑)、その件は後のエントリに回すとして、
観戦記だけは普段通り残しておきたいなと。

P1010273.jpg
初めての九州石油ドーム。何となく豊田スタジアムに雰囲気が似ているなあ・・・と思ったら、
同じ設計者(黒川紀章)なのか。知らんかった。サイズやトラック付の割りには観易いかも。


P1010287.jpg

大宮の先発は戦前の報道通り。ラファがベンチスタート。FWは石原と藤田の2トップ。
中盤には慎が戻り、出場停止の主税に代わって土岐田が先発。
DFラインは、終盤の残留争いを生き抜いた冨田、マト、片岡、波戸さんのお馴染みの4人。

大分は9試合負け無し。その中にはそれぞれ首位時の清水、川崎に対する勝利を含む躍進。
降格は決まったが、ポポヴィッチ監督の下、早くも新たな姿に変身を遂げつつある。
現在の両チームの力関係を如実に表す展開でゲームは進む。

P1010303.jpg

大分の両サイドの高橋と清武は高い位置で冨田、波戸と対峙して大宮の陣形を広げに
掛かる一方、流動的にポジションを移しながら、大宮の中盤に対して主導権を握る。
また、フェルナンジーニョの存在も厄介だった。ライン間でギャップを作る動きを見せたかと
思うと、サイドに流れてボールを引き出し、2列目との連携で両サイドを攻略する。
完全にポゼッションを明け渡し、耐える展開が続くが、江角の好セーブ等で何とか凌ぐ。

「貫いてみせろよ。俺たちのやり方」
大宮サポが声を上げた直後の前半22分、ファーストシュート(?)が先制点に繋がる。
中盤で相手のパスミスを拾った早十が速い楔(印象的なパスでした)を石原に当てる。
そのこぼれ球を拾った土岐田が迷わずミドルシュート。
アウトフロントで放たれた弾道は相手GK西川の手を掠めてゴールに吸い込まれた。
試合展開を考えると唐突過ぎて呆気に取られましたが、素晴らしいゴールでしたね。
縦に早い展開からそのセカンドをフィニッシュに繋げるという形自体は、今シーズンの大宮にとって
辛うじて存在する(いや、していないか(苦笑))コンセプトに沿った攻撃だったとも言えるのかなあ。
大事なのはスペースを得た土岐田の思い切りの良い判断でしたね。それにしても見事なシュートでした。


大宮の攻め手は限られていた。
それでも、僅かな機会を逃すまいと献身的にプレッシャーを掛ける石原と藤田を中心に、
ショートカウンターを中心に大分ゴール前に迫る。
相手DFのミスを突き、藤田や内田がシュートレンジに突入するが打ち切る事が出来ない。
30分過ぎからの時間帯では得点の気配もありましたけどね・・・。
石原のムービング、藤田のキープ自体は好調だったと思うけどね。
欲を言えば、トップがサイドに流れてボールを引き出した際の中盤の動きには物足りなさを感じました。
ワイドの位置から2列目が斜めに入る動きやボランチのサポート等。
後半、ラファ投入後の時間にも中央部への経路の少なさは顕著だったなあ。


後半、大分は3バックに変更し、更にポゼッションを上げる。
失点後に前線の流動性が落ちた大分は、中盤を厚くして近距離でのサポートを増やす構え。
ブロックを固めてカウンターを狙う大宮は、藤田のポストから内田や早十がミドルを放ち、
珍しく(!)中盤でパスが繋がり藤田のループシュートに繋がるが、枠を捉えられない。

70分、途中出場の東のミドルを江角が弾き、そのこぼれ球を高橋に押し込まれて同点。
それ以前の時間帯から、前線の枚数を増やしてDFラインに対して圧力を掛けてきたが、
結局展開を押し戻す事が出来なかった。攻撃に関する戦術の無さ、前線2枚に全てを委ねる
ような中盤の構成力の低さがツケとして回ってきた感じ。
それにしても、後半途中からの大分の攻撃には怖さを感じたなあ・・・。
この日の大分は、金崎に代わり起用された高松がポストプレイヤータイプという事で、最近の試合に比べて
攻撃の選択肢が狭まったのかもしれません。それでも、バイタルでのワンタッチのパス交換や縦パスに呼応する
旺盛な第3の動き。DFの間に出入りする攻撃的な中盤のポジショニング、などなど。
アクションが多く、意欲に溢れるサッカーだなと。


P1010304.jpg

大宮は藤田に代えてラファを投入。
再び勝ち越しを狙うが、中盤の運動量は既に落ち込み、切り換えが遅れる。
78分、カウンターから飛び出した内田がラファへパス。
西川と1対1の決定機を迎えるが、左足で放ったシュートは西川の正面。

終盤は大分ペースで進むものの、互いに中盤でのミスが増え、決め手を欠く。
攻撃に関しては望みが無くなった大宮でしたが、中盤でボールホルダーを追い詰める慎や、
最終ラインで相手のポストの芽を摘み続けた片岡に代表されるように、1対1には粘りが
感じられました。その反面、攻撃を構築する力は無く、ゲームの主導権は握れなかった。

シーズンを通して言える事だと思いますが、中盤が前を向き、ボールを運ぶ機会を
増やさなければ、「カウンター」という繰り言にも限界が見えている。
このゲームでも、早十と慎のパス交換で相手のプレスの始点を外した際や、サイドへの展開で
一旦相手を寄せてから中央部からの楔のコースを作り出した際には(それぞれ1回ずつくらいしか
見られなかったと思うけど(苦笑))
、チャンスに繋がっている。
現状では、一旦DFラインに下げて、結局は単調なロングボールに終わるシーンが圧倒的に多い。
現在のスタイルを深めるのであれば、中盤だけでボールを動かす事が必要になるのでしょう。

終わってみれば、今シーズンを象徴するような最終戦だったなあ・・・。
チームが抱える様々な不足。そしてそれを補う工夫に欠ける組織。何とも言えないモヤモヤ感。
今シーズンも何とか残留が出来た。
最後の頼りは、これまでに大宮が手にしていた経験だったと思う。
そして、終盤戦での波戸さんと冨田の両SB起用がその象徴だった事は言うまでも無い。

J2降格、深刻な経営難という重い現実を抱える大分との最終戦でしたが、
この日のピッチ上の両チームを比べると、未来がどちらにあるのかは判らなかった。

P1010313.jpg

九石ドームを出ると、消え掛かる夕焼けが綺麗だった。
来年はどんなシーズンになるんだろうなあ。

翌日夕方、羽田に到着。
携帯の画面で波戸さんと冨田、ムラチョと高木の契約満了を知る。

| 大宮アルディージャ | 13:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

現地では大変お世話になりました。
アウェイではいつも寂しい想いをしていただけにありがたかったです。
もう少しお話しできれば良かったんですが、
全然話題についていけない人を連れていたもので(苦笑
次回はゆっくりお話しさせていただければと。

何でああいう試合になっちゃうんでしょうね・・・。
選手のメンタリティの問題なのか、指向しているサッカーの問題なのか。
今年は(今年も?)どこに向かっているのやら今ひとつハッキリしませんでしたね。
その辺がよく分からない不思議な感覚を覚えたのかもしれません。

| スーザン | 2009/12/09 23:11 | URL |

スーザンさん

現地ではお声を掛けて頂きありがとうございました!
スーザンさんにはブログを始めて間もない頃からコメントを頂き、
尚且つ的確な内容にいつも「うんうん」と頷かされておりましたので、
お会い出来る事は私の念願でした(って大袈裟ですかね(笑))。
今後とも是非よろしくお願いします。

帰ってから録画を観ると、現地の印象程酷くは無いのかなあ・・・とも思いましたが、
現地ではボールの無い動きの質量で両チームに大きな差を感じました。

個人的には戦術的な問題が大きな気がしています。何となくなんですが。
まあ、メンタルについても勿論問題があるとは思いますが。
今年のチームですが(漠然とした表現ですが)個の「力強さ」は若干増した
のかもなあと。あと運動量も悪くは無い。但し、組織としての力は弱いなと・・・。
来年は攻撃に関しての上積みを求める事になるのでしょうが、
単純にプラスに働くのか、それともバランスが大きく崩れるのか。
気が早いですが、来年は大きな分かれ目になりそうな気がします。

| hisau | 2009/12/10 00:22 | URL |

大分遠征お疲れさまでした。

テレビからは波戸さんとトミダイのシーンがほんのわずかしか映らなかったのですが・・・J1での苦しい時期を助けてくれた彼らには、心から感謝の気持ちでいっぱいですね。

特にごたごたがありすぎたチームが残留できたのも、補強選手の個人能力と彼らベテランの経験でしたね。よくまぁ降格しなかったものです。

現状の大宮はJ1に存在しているだけで、印象度が薄く何とも情けないチームと思ってしまいますが、その一方で、J1の舞台で戦える尊さを感じさせられた大分戦でした。

同期昇格の川崎が、順調すぎるほどのチーム作りに成功しているにもかかわらず、タイトルからは見放されています。大宮の2011年の優勝・・・サポーターのほとんどが、信じていない、もしくは求めていないことに目標に、何故か編成だけが必死に取り組んでいることの「ズレ」に、疑問符がいくつもついてしまう自分です。

とにかく1年間ありがとうございました。大宮の勝利と同じくらい、お二人と知り合えて嬉しかったです。来シーズンも一つよろしくお願いします。

| ライトアップ | 2009/12/12 17:03 | URL |

ライトアップさん

こんばんは。
大分遠征は試合以外は最高でした!!(苦笑)

波戸さんと冨田のユニフォーム交換を観て、さすがに覚悟を決めて、
ダイスケコールをしました。
しかし、波戸さんまでが契約満了とは思いませんでした・・・。

仰る通り、J1で戦う事が出来る事の尊さが身に染みる終盤戦でしたね。
しかし、大宮フロントからはその事実に対する謙虚さが
足りない気がします。
「ACL云々」にムカつく時期が再びやってきましたね(笑)

こちらこそ、1年間本当にありがとうございました!!
ライトアップさんとの反省会(笑)はいつでも楽しかったです。
勿論、来年は祝勝会の回数を増やしたいですけどね。
少し気が早いですが、来シーズンもよろしくお願いします。

| hisau | 2009/12/12 23:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/395-dfe7230d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。