being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

張監督契約更新

タイムラグ全開の更新ペースで突き進みます(笑)
さすがに12月は忙しいのう(言い訳)。

〔大宮公式〕張監督契約更新のお知らせ

来季も、張監督が大宮の指揮を取る事になりました。
シーズン途中からの渡邉社長の張監督や強化部への信頼の大きさを考えると、
半ば既定路線でしょう。来シーズンこそ、良い結果を期待しています。

昨年末、個人的には樋口監督は続投でも良いのでは・・・と考えていたワシにとっては、
結果だけを比べると、腑に落ちない点もあります。
「シーズン途中の6連敗」や「選手起用の偏り」等が解任の理由として挙げられた
樋口監督との違いを見ると、若手の起用やポジションのコンバートにより選手に
新たな競争意識を植え付けた点や、シーズン途中に順位を降格圏に落とさなかった点が
思い浮かびますが、理想のサッカーは一向に具現化されず、シーズンの大半は
別の要因に悩まされ続けた今シーズンを振り返ると、今回の続投には不安も大きい。

今シーズン、張監督は「モチベーター」としての姿こそ感じられたが、「勝負師」としての
印象は希薄だった。元々の性質や能力なのか、それとも長期政権の余裕なのかは分からない。

練習からはスカウティングに基づく対戦相手に応じた戦術面の準備も見られましたが、
ゲーム終盤の交代策では、勝負に淡白な側面が感じられた。
大胆な選手起用は一定の成果を残した反面、見方によっては「実験場」と化す事も多く、
ピッチの選手達が目前の相手と戦う為のベストメンバーなのか、それとも別のトレーニングの
為のメンバーなのか、判断に迷うゲームすら存在した。
福田やマサのFW起用は言うまでも無く、若手やウォンジェの起用についての継続性の無さ
(張監督に全責任がある訳では無いが)やドゥドゥに拘る等の失態も忘れられない。

また、「戦術家」としての能力にも靄が掛かっている。
選手自身の問題も大きいとは思いますが、システムや戦術の熟成は順風満帆とは言い難い。
石原やラファに大きな負担が掛かるカウンターが完成型では無いでしょうが、シーズン中に
他の可能性が垣間見えた訳でも無い。

来シーズン、張監督に何を期待すべきなのだろうか。正直、今のところは見えてこない。
個人的には張監督への期待そのものよりも、「2年目」という点に望みを託している部分もある。

張監督のチームマネジメント冷静に振り返ると、理想と現実の間でシーズン中に何度か
揺れ動くタイミングが存在した。今シーズンは、最終的に現実に傾いたという事なのだろう。
個人的には、柔軟な考え方を持つ監督なのかもな・・・と思う部分もあります。
その柔軟性が一貫性の無さや迷いにしか見えない場合もありましたが。
また、練習風景を観る限りは要素還元的なトレーニングが少なく、局所的な成果や短期的な
改善を望むタイプでは無いなのかもしれない。但し、最も結果責任が問われる立場だと
いう事を考えると、既に退路は断たれているとは思いますが。

柏戦終了後の「シーズン前の目標を達成できなかった要因は?」との問いに対する
「私のJ1での経験不足と、選手を見極める時間がなかったことです。ACLへの
出場はそう簡単なことではないということです。」
という張監督のコメントと、
今回の張監督続投という決断を見る限り、強化部を中心としたクラブの考え方としては、
選手の問題が大きいという事なのでしょうね。そして、その責任を負うべき強化部にとっても
来年は全てを掛けたシーズンになるでしょう。

シーズン前の「ACL出場」という大きな目標と、6月の説明会で社長が述べた「今年は
5位以内、例年だと勝ち点54、55」として掲げた「ノルマ」にも触れておきたい。

以前にも書きましたが、「適切な目標とは、具体的な実行項目を導くモノ」だと思う。
「目標は高ければ高い程良い」みたいな考え方が、個人的にはイマイチ理解が出来ない。
個人的には「何を言うのも勝手だが、結果を見せてくれれば結構」という鬼のような
スタンス(笑)なので「理解出来ないモノは余り気にせず・・・」と言いたいところだが、
目標とは大きくかけ離れた勝ち点(39)と順位(13位)を見せられると、その結果は
勿論、その目標設定の甘さが何よりも不安だったりする。

〔大宮公式〕2009シーズンの振り返りと今後について
「・・・新監督を迎え、新スタッフ・新戦力を加えて、若手・中堅・ベテランをバランス良く配し、2009シーズンの
スローガンである「橙想心」のもとアグレッシブにシフトしようとシーズンを迎えました。
チームの様相も変わり、小林大悟選手の突然の移籍など、非常に難しいシーズンのスタートでありました」


ここでは改めて触れられていませんが、キャプテンでもある慶行やデニス、
クレメンという前年の中心選手がシーズン途中に移籍する事態を見ると、
選手の見極めを含めたチーム作りが上手く進まなかった事は明らか。
ウォンジェも含めて、いずれの選手もキャンプでの合流が上手く出来ず、
新たなチーム作りに乗り遅れた面は否定出来ませんが、監督と強化部の
連携の遅れや甘さについての責任は問われて然るべきでしょう。
現体制2年目となる新シーズンに向けた補強や組織作りを注視したいところ。
強化部の方々には、可能な限り監督をバックアップする充分な環境(言い換えると、
張監督にとってこれ以上の言い訳が許されない環境)を整えて欲しいと思います。

今シーズンのチームパフォーマンスや結果を見せられた後には、その「目標」や
「ノルマ」の軽さを疑わざるを得ない為、今のところは「勝つためのサッカー」への
「変身」を疑いの目と共に(苦笑)祈る心境です。
同時に「点を取られないサッカーを優先せざるを得なかったことなどの理想との
ギャップ」に対する備えが絶対に必要だと思います。
最終的に自分の身を守るのはクラブ自身であって、一人の監督では無いですから。

| 大宮アルディージャ | 11:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/396-2fcb609e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。