being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私的大宮アルディージャアウォーズ2009

今年も残すところあと3日ですか。早いものですね。
昨日仕事納めた途端に慌ててこのエントリを思い出した(笑)

え~、昨年に引き続き年末に相応しいベタ企画!!
今年も独断と偏見でお送り致します。
「私的大宮アルディージャアウォーズ2009」の時間でございます。


え~、まずは新人賞から!
※選出基準(本家Jリーグアウォーズに準ずる)を慌てて決めました(笑)
1. 出場試合数: 2009JリーグJ1リーグ戦17試合以上 2. 年齢:2009年4月3日現在23歳以下

【新人賞】該当者無し

え~、このエントリ2年目にして、早くもこの賞の存続自体が危ぶまれております(苦笑)
2年連続で該当者無し。まあ、ワシ自身選出基準を全く実感出来ていないのですが(笑)
まあ、渡邉千真や米本レベルの活躍であれば間違い無いんですけどね。

しかし、今年も若手のプレーに期待を膨らませる機会はありましたよね。

まずは、新井涼平
プロ1年目、見事に開幕戦のスタメンに名を連ねた新井君。
相手ボールへの執着心と、コンセプトに沿ったダイレクトプレーの意識で、
開幕直後のチームに勢いを与えました。開幕戦の左足ミドルは惜しかったなあ・・・。
慶行の復帰や4連敗、そして朝寝坊(苦笑)等を経て5月以降出場機会が減りましたが、
彼にとって下を向くシーズンでは無かったと思う。
6月の志木グラウンド。居残りで福田と共にヘディング練習に励んでいた姿が印象に残る。
紅白戦等でのCBやSBでのプレーにも輝きが見られた。
一つ一つのプレーに磨きをかけて、近い将来必ず訪れるチャンスを掴んで欲しいな。

そして、市川雅彦
広島戦でのプロ初ゴールを皮切りに、ローテーション起用の中で存在感を見せた。
大きな飛躍を遂げるかと思われた矢先、第5節ガンバ戦で無念の負傷。
イッチーにとっては悔いが残るシーズンだったと思う。

シーズン終盤には青木拓矢のプレーにも希望を抱く。
残留が掛かる終盤戦、慎の不在という緊急事態を自らの力で乗り切った。
シーズン終了後には、U20でのプレーが認められ、驚きの代表選出!
〔大宮公式〕青木 拓矢選手 日本代表メンバー選出のお知らせ
来シーズン以降の活躍に期待が膨らみますね。頼むぞ、アオタク!
夏以降の練習では、彼のプレーに目を惹きつけられる機会が多かったが(元々、単なるボランチ好きだと
いう事は置いといて(苦笑))
、まさかここまでの存在感を見せるシーズンになるとは思わなかったなあ。
余談ですが、大橋コーチや先輩の声に対して、足を止めて話を聞き、礼を述べる練習中の姿にも好感を
抱きました・・・って、ワシもオッサンだなあ(笑)

続いてベストゲームです。

【ベストゲーム】第24節 鹿島戦(ホーム)

1試合挙げるとすれば、やはりこのゲームかな。
王者を相手に見せた会心のゲーム。内容的にも素晴らしい戦いでした。
序盤から高い守備意識で相手の攻撃を封じ、カウンターからの好機を活かした。
忘れてはならないのは、1点リードの苦しい時間帯に踏ん張れた事だと思う。
各選手が体を張り、闘い続けた事が勝利に繋がった。
小笠原に対して勇敢に立ち向かった慎の姿が今も強い印象として残る。

以下、次点。
・第5節 G大阪戦(ホーム)
・第10節 大分戦(ホーム)
・第30節 浦和戦(アウェイ)

いずれも素晴らしいゲームでした。
第5節ガンバ戦は素早い切り換えが十分に機能したゲーム。序盤戦のハイライトだった。
第10節大分戦は中盤の構成力に驚きました。ダイアだったんだよね。
余談ですが、個人的にはH大分戦、A千葉戦、A京都戦は中盤で相手を圧倒した数少ない(泣)ゲーム
として記憶に残っているのですが、その全てにウォンジェが先発していた事は偶然では無いと思う。

アウェイ浦和戦は完勝に近い内容だったなあ。
とにかく、現地観戦出来なかった事が残念でした・・・。
現地で観ていればコチラがベストゲームだったかもしれません。

お次はベストゴールです。

【ベストゴール】鹿島戦(ホーム)、土岐田のゴール(2点目)

全てのゴールに歓喜しましたが、その中でもこのゴールは格別でした。
石原がドリブルでサイドを駆け上がり、ゴール前のラファへクロス。
計ったようにラファが頭で落としたところに、土岐田が飛び込む!!
ゴールへ至る流れそのものが美しかった。加えて、試合状況や時間帯といった
要因が印象度を上げた。その点では、ホーム柏戦での早十のゴールも同様。

以下、次点。
・石原、自陣からの独走! 第19節A神戸戦(2点目)
・ラファ鮮烈な左足ミドル! 第30節A浦和戦(2点目)
・値千金の左足!早十の先制点 第33節H柏戦

その他、ホームG大阪戦での石原のゴール(慎と慶行のボランチ2人がアシストに絡む
ダイナミックな流れが良かった)や、A京都戦でのラファのミドル(イジョンスを外す
ボールコントロールが見事!)、塚本のFK2発も印象に残った。
また、何故か?味スタでの2ゴール(内田、マト)の残像も離れない。
(試合内容の酷さ、チーム状況の苦境等が絡んでいるのかなあ。とにかく、マトのガッツポーズに震えた)

無駄に頭を悩ませました。
それなりに印象的なゴールは多かったかなあと。

それでは、いよいよMVPの発表です!!
(「今年も残留争いに巻き込まれ、目標のACL出場なんて遥か彼方のチームに対して、MVPも糞も無いだろ」
というツッコミはワシ自身が真っ先に済ませておきますので、どうかご容赦願います(笑))


【MVP】マト

今シーズンのMVPはマトさんに決定!!
入れ替わりの激しいディフェンスラインでシーズンを通してチームを支えてくれました。
ハイボールへの強さには不調が少なく、劣勢で存在感を増す勇気や集中力にも拍手を
送らざるを得ない。CBにも関わらず、チームトップの8得点を挙げてくれたしね。

サイドに釣り出されたり裏を狙われるシーンは、彼自身の責任感や自信と相手チームの
狙いの結果。来シーズンも、彼の強さを生かさない手は無い。
パスミスに頭を抱える事もありましたが(笑)、その反面、腰が引けたチームの中で
攻撃に対する意欲を感じさせてくれる場面も多かった。
マトさん、来シーズンもよろしくお願いします。

シーズン終了後、仕事中に(笑)「一人挙げるとすれば誰かなあ」と無駄に頭を悩ませる事100回(テキトー)。
そもそも、漱石が語る通り(「私の個人主義」か何かで言っていたと思う。多分。きっと。いや、そんな細かい事
知らん)他との比較で語る事の無意味さや軽さ、浅さに頭を悩まされた(半分嘘)。


ノミネートとして考えた選手は、直樹
中盤で獅子奮迅の守備を見せた。累積の多さと攻撃関与の少なさはちょっぴり減点。
サポートの少なさに挫けず、率先して自らのフィールドを広げて、意地を見せた直樹
強いて挙げれば、もう少し得点が欲しかったかなあと。
CBとして長足の進歩を見せた洋介や、救世主として降臨したラファに関しては
「シーズン通して」という条件には足りないかなと。


振り返ると悔しさが上回るシーズンでしたね。来シーズンこそ・・・と思います。

え~、恐らくこれが今年最後のエントリとなる予定です。
改めて、今年もこの拙い(そして嫌がらせのような長文の)ブログを訪問して下さった皆様、
本当にありがとうございました~。よろしければ、来年もお願いいたします。

特にコメントを下さった方々については感謝致します。
今年はスタジアムでの嬉しい出会いもあり、充実の一年でした(ピッチ内のゲーム以外は(苦笑))
どうもありがとうございました~。

それでは、来年が素晴らしい一年となりますように。
特に大宮サポの皆様にとっては、来年こそ素晴らしいシーズンになりますように!!

| 大宮アルディージャ | 11:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今年も大変お世話になりました。
しかし片岡はどうするんでしょうね。何も決まってないですけど。

今年は何と言っても鹿島戦が素晴らし過ぎましたね。
私もこの試合と土岐田の2点目を推しますね。
MVPもやはりマトで鉄板でしょう。

来年はあらゆる意味で真価が問われる一年になりますよね。
張さん然り、現有戦力。新戦力とそれを獲得するフロントの仕事を含めて。
特にフロントは大丈夫かな・・・。SBに運動量を求める意味が分からないし。
張さんのサッカーでSBに必要なのは守備力とフィードの正確さ。
そんなの開幕前の栃木SC戦の時点で分かってましたからね。
それからほとんど進化しなかったので他の引き出しはないんでしょうし。

まあ不安は毎度のことですし、楽しみ半分で開幕を待つとしましょうか(苦笑
それでは良いお年を。

| スーザン | 2009/12/31 02:39 | URL |

スーザンさん

返事が遅れてすみませんでした。うっかり年を越してしまいました(笑)
昨年も本当にありがとうございました。

>張さんのサッカーでSBに必要なのは守備力とフィードの正確さ。
>そんなの開幕前の栃木SC戦の時点で分かってましたからね。
>それからほとんど進化しなかったので他の引き出しはないんでしょうし。
完全に同意です。栃木戦時にスーザンさんが仰っていた通りですもんね。
結局出てきた言葉が「運動量」では首を傾げざるを得ません。
何とか中盤の整備に取りかかってくれれば、それだけで僅かな希望が
見えてくると思うのですが・・・。
昨年はその手応えがあまり無かったので、甘い期待なんでしょうが。

さっそく片岡の件で不安なスタートですが、編成に関しては期待もしつつ、
見守りたいですね(中盤の底、居ませんかね・・・)。

最後になりましたが・・・、今年もどうぞよろしくお願いします。

| hisau | 2010/01/03 01:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/402-2be30346

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。