being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

EURO2008 決勝 ドイツVSスペイン 

・決勝 ドイツ0-1スペイン

エースの大仕事で得た1点を粘り強い守備で乗り切る実に「強い」勝ち方。
今大会を通して本当にスペインは変わりましたね。
アラゴネス監督の胴上げは素晴しい光景でした。

スペインはビジャの負傷でトーレスの1トップ。
ドイツは万全ではないフリングスとバラックが共に出場しました。
試合開始直後、スペインは硬さが目立つ立ち上がり。
ラインを下げ、人数が揃ってからボールを奪いにいく為、なかなか攻撃の形が作れない。
DFラインでのパス回しで軽率なミスもあり、ペースを掴めず。
その中でもトーレスの気迫あふれるプレーが試合の流れをイーブンに保つ。
味方のロングボールに対して強烈なランニングで相手DFにプレッシャーを掛ける。
前半22分には打点の高いトーレスのヘディングが左ポストを叩いた。

ドイツ守備陣は相手中盤のパスの供給源に対しては1対1で激しく、トーレスにはスペース
を与えないように気を配る。スペインが得点するのは困難に見えたが・・・。

前半32分、トーレスがゴールをこじ開ける。
ライン間でパスを受けたシャビがドイツDFラインの背後へスルーパス。
ラームを振り切り強引に裏へ飛び出したトーレスがレーマンよりも一瞬早くチップキックを
繰り出す。貴重な先制点!!
持ち前の速さと強さに加え、執着心を感じさせるスーパーゴールでした。

ドイツは後半からラームに代えてヤンゼンを投入。
後半開始直後からスペインのパスが繋がり始める。
ドイツは中盤にスペースが見られるようになり嫌な時間帯。
後半12分、ドイツはヒツルスベルガーを下げ、クラニーを入れて2トップに。
その後ドイツは息を吹き返したかのようにチャンスを連発。

対するスペインはセスク、シルバを下げ、シャビアロンソとカソルラを投入。
ドイツはSBを上げて押し込み、スペインはカウンターを狙う展開が続く。

後半33分、トーレスに代えグイサ。クローゼに代えマリオゴメス。
互いが最後のカードを切った後は、スペインが持ち前のキープ力と今大会で身につけた
守備の強さで時計を進める。
終わってみれば危なげない試合運びでスペインは44年ぶりの優勝!!

敗れたドイツは若い選手を中心にまだまだ伸びしろがある。
両CBは予想以上に頑張り、ポドルスキ、シュヴァインシュタイガーは持ち味を見せた。
最後にバラック。決勝戦は万全では無かったですね。
現役である限り悔しさを力に変えてくれるはず。
解説の岡田監督が話した「諦めたらそれがジンクスになる」という言葉は印象に残る。
「ジンクス」なんて闘っていない者が言える戯言だよなあ。

トルコ-チェコ戦を筆頭に今大会も面白いゲームが目白押しでした。
いやあ1ヶ月間本当に楽しみました。

さてさて、こちらもギリギリの闘いが続く日常へと戻るとするか。



| 海外フットボール | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/41-923b4ccb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。