being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第5節 VSアルビレックス新潟(東北電力ビッグスワンスタジアム)

現時点での力不足を痛感させられるゲームでした。
このままでは今年も残留争いは避けられないだろう。

ラファと主税を欠く状況で、少なくとも新たな呼吸を感じ取る事は出来た。
しかし、勝ち点の勘定に関しては心許ない状況が続く。
中断前までの期間にどれだけ勝ち点を稼げるのか。正念場が続きますね。

〔大宮公式〕J1 第5節 アルビレックス新潟戦の試合結果

ようやく録画を確認しました。手短に。

藤田と市川の2トップは覇気を感じさせた。
そして、前線を早めに走らせるチームとしての意思は統一されていた。
それでも、明らかに物足りない。
繰り返されるロングボールの大半は、相手に脅威を与える以上に自らの限界を
露呈する形になった。相手が戻り切る前に前線が飛び出し、第3のFWとして
バイタルにはサイドの石原がバイタルに駆け付けるという狙いは感じられたが、
チャンス自体は多く無かった。

市川は積極的にシュートを放ち、キレが感じられる場面も出てきましたね。
特にボックスでの反転から決定機を作り出したシーンは惜しかったね
(前半のクロスバー直撃のシュート、後半の直樹へのアシストなど)。
藤田の特性も合わせて考えると、ボックスの2トップにボールを入れる場面が
もう少し多くなればなあと思いながら観ていました。
結果的には、縦に向かう攻撃が余りにも単調で丁寧さに欠けたかなと。
その意味では、中盤でボールを繋ぎ全体を押し上げるオプションは足りないと思う。
金久保や青木に期待したい部分ですね。

守備面では、新潟にボールを繋がれる時間はもっと多くなると予想していましたが、
ポゼッションの起点となる本間への対応や、相手SBが狙うスペースの処理など、
ある程度上手く対応出来ていたと思います。
但しそれとは引き換えに、メンバー的にも戦術的にも中盤の構成に大きな犠牲を
払っている様に見える。トータルで観ると現状の限界なのか・・・。
(慎が右SBに移り、マルシオに中盤を蹂躙された点も思い出すと尚更だなあ)

多くの方が書いている通り、石原のサイド起用は勿体無いですね。
そして慎の右SBも何とも苦しいですな。「やれない事は無い」で良いのか。
現状の選手層を考えると仕方が無い面もありますが、長期的に見ると厳しい。
あと、金久保が入った後の時間帯にもう少し早く動けなかったかなあと。
この時間帯では全体が間延びしており、金久保の周辺で動き回り、スペースを
作る選手が一人居れば・・・と感じたんだけど。
それこそ、ヨンドクを同時投入しても良かったかも。まあ、仕方が無い。

アウェイでの勝ち点1。ホームで勝てるチームにとっては悪くない結果だと思う。
次節ホームガンバ戦。時間はそれ程残されていないぞ。

以上。終わってみれば、全く手短では無かった(笑)・・・失礼。

| 大宮アルディージャ | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/441-6b431caf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。