being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第6節 VSガンバ大阪 プレビュー

これ以上の足踏みは、即ち「定位置行き」を意味する。
結果は勿論、内容的にも確かな歩みを見せてもらいたい。

丁度一年前に行われたホームでのガンバ戦は印象に残るゲームだった。
「失ったものを取り戻すためにも、明日は本当にゴールを決めたいんです」
頼むぞ、イチ。

〔大宮公式〕J1 第6節 FC東京戦(ホーム)前日練習レポート

<予想フォーメーション>

大宮アルディージャ  のフォーメーション
created by TextFormations :M :R

ガンバ大阪  のフォーメーション
created by TextFormations :M :R


〔スポニチ〕G大阪、大ピンチ…佐々木&チョに加え遠藤も離脱

互いに苦しい台所事情の中での対戦。
ガンバはルーカスが離脱中。チョジェジンと佐々木の状態も良くないみたいだし、
遠藤は水曜日のセルビア戦で負傷の模様。それぞれが先発を外れても、おかしく
無さそうだな。まあ、それでもガンバの面子は十分怖いけど。

大宮は直樹と杉山の出場が微妙か。
直樹は東京戦での打撲が後を引いているのかな。新潟戦でもベストには見えず、
早めに下げたのもその影響だったのか。いずれにしても、ナビスコ京都戦以降は
続けてコンビを組む藤田と市川の2トップには大きな期待をしたいところ。
右SBには杉山に代わって坪内が起用される見込み。

大宮の狙いは変わらない。
コンパクトな陣形で相手の楔を狙い、早めに前線へボールを送る事。
遠藤が不在だとしても、ポゼッションで劣勢に立たされる事は明らかで、自陣に
押し込まれる時間帯は自ずと長くなるだろう。
それだけに、限られたチャンスをモノに出来るかどうかが鍵を握る。

近年稀に見る不調に沈むガンバですが、個々の力に疑いは無い。
磐田戦を観る限り、安定感を欠く守備陣と中盤の不調は明らかでしたが、前線に
平井が固定され始めた事で、そろそろチームの戦い方が整理されてくる気配も。
特に流動性を欠き、最終的に複数の選手が前線に張り付く事が多かった中盤が
息を吹き返してくるようだと厄介だなあ(正直、ドドは未知数。太め残りなのは間違いない(笑))

連続ゴール中の平井のスピードや強さには警戒が必要だし、中盤ではチームの
不調に飲まれずにプレイしている橋本が目についた。
先制点を奪う為には、序盤から高い位置でプレッシャーを掛けたいところだが、
現状のガンバはどちらかというとカウンターに活路を見出すスペックに見える為、
状況に応じてブロックを固めてスペースを消す時間も必要になる。
(特に、明神の所で潰された後のショートカウンターが最も怖い。ボールを奪った瞬間に慎とヨンハの
間に2列目の選手が入り込み、前を向いてボールを受け、反応した平井が裏を狙う、とか)


前節はロングボール中心の攻撃が単調さを招いたが、このゲームでは単調に
陥る事を覚悟の上で、ある程度徹底すべきなのかもしれない。
その上で、強度や厚みを目指すべきかと。
ここぞという時に、早十やウッチーの2列目の選手が前線に絡めるか、でしょう。
個人的には、早十-村上ラインに期待しています。

先制点が最大のポイントになるでしょうが、流れを変える為のオプションにも
最低限の備えが必要ですね。金久保や渡部、青木やヨンドク等にも期待!!
文字通り、総力戦だな(あ、ドゥドゥさんはもうしばらく結構です(苦笑))

| 大宮アルディージャ | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/444-b202b355

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。