being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第10節 VSモンテディオ山形(NDソフトスタジアム山形)

現地観戦の皆さん、お疲れ様でした。
昨日はHUBでの観戦でしたが、流石に店内が盛り上がるシーンは少なかったなあ・・・。
ミスが目立つ歯痒いゲーム内容と、軽率なミスによるPKでの敗戦。
連勝の壁は厚く、勝ち点8のまま再び降格圏に沈んだ。う~む・・・。

〔大宮公式〕J1 第10節 モンテディオ山形戦の試合結果

大宮のスタメンは前節京都戦と変わらず。負傷が危ぶまれた早十も名を連ねた。
そして、遂にラファが戻ってきた。ベンチで出番を待つ。
山形は名古屋戦に引き続き園田をCBに起用。左ハーフは宮沢が先発。

序盤から全般的にミッドウィーク特有の重さを感じさせる展開が続く。
大宮は足元での展開を狙うが、トップへの楔が入らない。
石原と藤田は相手CBのタイトなマークを背負いながらポジションを下げ、
中盤は中央を閉じられてパスコースが寸断される。
ミドルサードでは横並びの関係が増え、トップとの距離がなかなか縮まらない。
必然的にサイドへの展開が増えるが、足元での窮屈なプレイに時間を失い、
サポートが遅れる。自ら相手のプレスを呼び込み、ミスの連発に陥った。

まず、ボールを奪う位置が低かった。
但しこの点は、バイタルにボールを入れる山形の攻撃に対する守備面での狙いと
絡む為、ある程度は仕方が無いのかなあ・・・。
「今日の大宮さんはボランチが2人とも堅く絞っているので、なかなかバイタルは敗れ(原文ママ)
ないし・・・」
という小林監督のコメントを見ても、一面的には守備面での効果が得られたと思う。
前節、前々節の録画を見る限り、山形の攻撃はこのゲーム以上に多彩で迫力があった)

少なくともボールの出所に厳しく行ける状況は少なかった為、奪った後の展開には
いつも以上の労力が必要だったはず。

その為、DFラインとボランチには展開力が欠けていた、と言わざるを得ない。
(ここは期待を込めて、チーム全体の経験不足と考えたいけど)
特にDFラインにはトライの余地が大きいと思う。相手のファーストディフェンスに
簡単に展開方向を限定され、相手中盤の狙いが絞られましたからね。
ボランチとの連携で展開する事が難しければ、常套手段でもある対角方向への
ロングパスや、早めのサイドチェンジは少なくとも欲しかったなと。

対する山形は高い位置でのボール奪取でペースを掴むが、攻撃面では良い形が
作れない。バイタルへのボールは思い通りに入らず、サイドへの流し込みや裏への
ボールは精度を欠く。
芝の長さの影響もあったようですね。あの石川が何度か変なボールを蹴っていたからなあ。

ハーフタイム。内容的にはスコアレスで折り返した事は良しとすべきか。
ゲームが動いた時にどのように勝負を掛けられるか。ドゥドゥだなこりゃ(笑)と呟いて後半を待つ。

後半に入っても膠着した展開は続くが、60分過ぎに両ベンチが動く。
山形は宮沢に代えて、キム・ビョンスクを投入。そして大宮は、ラファ投入!!
「よし、これでゲームが動くか」と思った矢先に、ペナ内で慎が軽率なファウルを犯し、
痛恨のPKを与える。63分、古橋がPKを決めて山形先制。

1点を追う大宮は、ラファを中心に前線へボールを運ぶ。
ラファ健在。安定したボールコントロールで中盤を繋ぎ、サイドの押し上げを図る。
また、機を見たターンで相手DFラインの警戒を誘う事も忘れない。
75分に青木を投入して前線への経路を広げると、84分にはドゥドゥ投入。
大宮が相手陣内での時間を増やし、山形はラインを下げて対応する。
バイタルに人を集めてショートパスでの打開を図るが、相手の守りを崩せず。
強引なパス交換からバイタルを抉じ開けてラファがシュートを放ち、浮き球への
飛び出しから直樹がボレーを打つが1点は遠く、早くも今季6敗目を喫した。


【雑感】
・勝ち点を失ったのは慎の責任。
ポジショニングで後手を踏み、全く必要が無い、下らないファウルでPKを与えた。
敢えて再び。勝ち点を失ったのは慎の責任だ。オシムが巻に告げた言葉じゃないけどね。
そしてワシは微塵も疑わないぞ。慎の事だから、必ずや勝ち点2にタップリのお釣りを
付けて返してくれる事をな(あ、「ミドルで決勝点!!」とかそういう事では無くて(笑))

・ラファが待望の復帰。お帰り、ラファ!!短い時間ながらもスペシャルな存在だと
いう事を十分にアピール。新しいチームでも重要な役割を果たす事に疑いは無い。
まずはフィジカル面での不安を減らして、目一杯活躍してくれ。

・藤田にとっては「ラファ復帰=勝負所」だっただけに悔しい結果でしたね・・・。
TV画面では判らなかったが、中継の解説では裏への飛び出しも見せていたみたい。
でも、チームに活かされる事は無かったね。ポストでのミスも多かったしなあ・・・。次回の奮起に期待。


・金久保はサイドに追いやられて、中盤を作る事が出来なかった。ラファ投入後の
これからというタイミングで単純なミスが増えたのは無念。
「最後は細かくなり過ぎた」、「引いた相手を崩す手ごたえも感じる部分があった」には共感。
今回は上手く行かなかったけど、金久保にはその「細かさ」にトライする資質がある。
少なくとも気配は感じたし、メチャメチャ期待しているぞ。


・久々のドゥドゥ出場にはHUBが沸いた。まあ、沸いたのは投入の瞬間だけってのが(苦笑)

・坪内は誕生日を飾れず。ヘッドでのクリアを被ったそのダイブの美しさには凍りついたぞ。

・個人的には、今のところ監督交代による変化を最も感じるのはマトさんだ。
クリアが減り、最終ラインからの繋ぎを求められる事で、ボールを持った時の判断が複雑に。
ミスが増える可能性もある。いずれにしても、DFラインからのビルドアップは今後大きなポイントに
なるだけに、マトのチャレンジに注目。自らの適応と共に、周囲を巻き込み連携を高めて欲しい。




一本のPKが勝敗を分けた。
しかし、同じ条件の相手に運動量、判断力共に劣っていた事は事実。
特にメンタル的な停滞は顕著だった(気力の問題などでは無く、判断の疲れを感じた)
恐らく、環境(戦い方)の変化が新たなストレスに繋がっているのかなあと。
慣れていない事に取り組むのは、大きな疲労を伴うものだ。
今後にとって、それ自体はネガティブな事では無い。しかし、このゲームに限っては、
これまでにチームとしての経験を積み上げてきた山形との差に繋がったと思う。

試合後に監督や選手達が口を揃えた通り、終盤は中央の攻撃に偏り過ぎた面は
否めず、結果だけを見ると、守りを固める山形の注文通りに終わったとも言える。
しかし、ゴールを目指してあれ程チーム全員で足掻いた時間は久々では無いか。
繰り返される中央での仕掛けは何とも不恰好だった。
勿論、大宮はガンバでは無く、広島や浦和でも無い。
チームとしてスペースを発見し、相手の守りを動かす主導権を見つける必要がある。
慎重な判断が増えてダイナミズムを欠いた試合を、鈴木監督は「チームの成長過程で
陥りがちな展開」と説明した。これが副作用であるかどうかは今後に掛かっている。

「・・・チームとしてポゼッション重視を掲げていますけれども、それはポゼッションを
して攻める、というよりも、前提としてしっかりと状況判断をしてプレーすることがあって、
その結果としてポゼッションにつながるという意味です。その点では、選手たちが
まだ目的と手段を取り違えている部分があるのではないかと感じました。」


鈴木監督が示した考えは明快だ。
フットボールには正解が存在しない。
少なくとも、その前提を無視する様な邪道に迷い込む事は無いだろう。
それだけに、時間との戦いになりそうだなあ。ああ、勝ちたい。
現時点での力不足は明らかだし、結果から逃れる事は出来ない。
苦しい状況が続くだけに、チームとしての力が問われるぞ。

| 大宮アルディージャ | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/458-878b1b96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。