being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本VSカメルーン(2010FIFAワールドカップ)

一つは実現した。
そして、このチームにはまだまだ挑戦すべき事がある。

ワールドカップ緒戦、日本が勝ちました!!
少ないチャンスを得点に結びつけて、集中した守備でカメルーンの攻撃を凌ぎ切った。

右サイドの松井へ送られた遠藤のパスには力が備わっていた。
松井の切り返しがカメルーンのゴール前にエアポケットを作り出し、本田が落ち着いて決めた。

得点直後、「点を取ったら来いよ」という憲剛の言葉を思い出した本田は、ベンチの控え選手の
輪に飛び込んだ。素晴らしいシーンだったなあ。
本田は「試合に出る出ないは勝負の世界だからしょうがない。でも、みんなで戦ってるんだと
示したかった」と語り、ゲームキャプテンの長谷部は「(点が取れた時は)嬉しかったし、
あいつも何て言うのかな。ベンチに走っていってくれてね。あいつなりに優しい心を持っていてね。
チームみんなで戦っているんだという。あいつがああやってベンチに走っていってくれると、
チームとしてもまとまるし、すごく思いやりのあるいいやつだなぁと思いました」と付け加えた。
緒戦、チームが手にしたモノは大きい。

内容的には苦しいゲームだった。
前線からのプレスを控えて、自陣でのブロックを安定させる。
相手の中盤3枚へのチェックと両サイドでの人海戦術が機能し、自陣が脅威に晒される事は
少なかったが、当然の如く攻撃面では手立てが少なかった。
最終ラインはクリアが精一杯の状態で、中盤は窮屈な展開にミスを繰り返す。
唯一実現した狙いはサイドからの早めのクロスであり、それが先制点の伏線に繋がったのは
幸運とも言える。しかし、その運を引き寄せるだけの組織力を見せる事は出来た。

両サイドに起用された大久保と松井は少ない仕掛けのチャンスを窺いながら、しっかりと
相手3トップの背後を閉じた。2人のコンディションの良さは大きなポイントになりましたね。
1トップに起用された本田は、与えられた役割を十分に遂行した。
体を張ってロングボールを収め、引いた位置からのボールキープでチームに時間を与えた。
中盤やサイドの起用で散見された不具合は減り、当たり負けしない強さと前に向かう意識と
いう本田の強みがチームに還元された。守備面でも今まで以上に貢献していたと思う。
カメルーン戦での本田の役割は、彼にしか出来ない仕事だった。

生命線である遠藤と長谷部は攻守に良く動いた。
攻撃面に関して言うと、今後のゲームでは更にプレイの精度が求められる。
阿部がバイタルに控える今、それだけこの2人に掛かる責任は大きい。
韓国戦、イングランド戦での遠藤には珍しく不安も感じたが、やや持ち直してきたか。
チャンスを作り出す事は少なかったが、運動量が戻り、要所のパスワークに絡んだ。
(このゲームで最も長い距離を走ったのは遠藤で11.264キロ。本田が遠藤に次ぐ
11.092キロ。ちなみに日本の平均は7.853キロで、カメルーンの平均は7.354キロ)


最終ラインは集中した守備で90分持ち堪えた。
特に後半はスペースが空き、相手中盤やサイドが前を向く場面が増えた為、苦しかった。
中澤と闘莉王は空中戦で競り負けず(想像以上に勝つ事が出来た)、阿部がカバーリングに
奔走し、守備陣全体でセカンドボールを根気良く拾い続ける。両SBは簡単には飛び込まずに
相手のスピードを殺す。試合後の長友の充実した表情が印象的でしたね。
しかし、90分間エトーさんがサイドに張り続けてくれた事は日本にとって幸いだったかな。

2点目を奪うチャンスはなかなか作り出せなかった。
相手のスピードに対する警戒からか、ピッチ中央への横パスが回避された為、縦長のゾーンに
閉じ込められる状況が続いた。しかし、潜在的には中央を使ってゴールに向かう事が出来る
シーンは存在する。あと2本中央で繋ぐか、大きくサイドを変えるか。
今後の相手を脅かす為には、このままでは難しい。

カメルーン戦は現代表のベストゲームでは無い。
マイアミの時とは明らかに異なり、これは奇跡では無い(マイアミも単純な「奇跡」では無いと思うけど)
まだ、上がある。少なくとも今はそう信じています。
オランダ戦、結果が欲しい。

・・・その前に。これから北朝鮮の初陣ですね。ちょっと緊張してきた(苦笑)
ヨンハ、頑張れよ!!!!

| 日本代表 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/468-76ece3ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。