being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第16節 VSジュビロ磐田 プレビュー

以前、慶行は「勝ち点3を取りながら、反省できるのは収穫」という話をしていた。
結果が出ないと理想は簡単に捨て去られ、出発点すら見失う事になる。
それは、昨シーズンの経験を通して選手は勿論の事、サポーターも充分過ぎる程
それを理解しているはず。分岐点はまだ近くに潜んでいる。

1ヶ月半ぶりのNACK5スタジアム。
ホームにも関わらず、4月の大分戦以来勝利から遠ざかっている。
残留争いに巻き込まれない為にも絶対に連敗は避けたい。
また、一桁順位以上の目標を崩さない為にも混戦の上へ食らい付いていきたい。

〔大宮公式〕ジュビロ磐田戦前日レポート
〔J's GOAL〕【J1:第16節 大宮vs磐田】プレビュー

【予想フォーメーション】

大宮アルディージャ
デニス 吉原
主税大悟
佐伯慶行
波戸輝和
冨田レアンドロ
 江角 

ジュビロ磐田
カレン前田
 ジウシーニョ 
村井駒野
上田船谷
茶野加賀
 田中 
 川口 

慶行は復帰出来そうかな。ジュビロは前田が先発かなあ・・・怖いなあ。
噂の大物外国人さんはまだ出ませんよね?(小心者)
衝撃デビューはクレメンだけで結構ですよ(まだ無理かな)。

【プレスの連動を分断】
まずは定石通り主税と大悟が相手の両WBへ高い位置からプレスを掛け、サイドで
主導権を握り、相手の組み立てを封じたい。
前節の磐田-鹿島戦を見る限り、ジュビロは攻撃に人数を掛けてくる。
鹿島相手に主導権を握り、チャンスも多かった。
セカンドボールを拾える展開になると、上田・成岡が高い位置で両サイドに捌き、
駒野・村井が際どいクロスを上げてくる。出来るだけそのような時間帯は減らしたい。

ジュビロの前線は比較的守備に貢献出来る選手が揃うものの、
フォーメーションの問題からか、その後方の連動には苦労しているように見えた。
ジウシーニョは切り替えが早く嫌な選手だが、慶行等がそこを避けて
きっちりとパスコースを作り、前線のプレスと後方の連動を分断したい。

【積極的な仕掛けを】
相手を下げた後は我慢強くサイドを崩す事と共に、
最後の仕掛けやミドルシュートには積極的に挑戦して欲しい。
前節を見る限り、ジュビロは前線も下がり、人数を掛けた守備が出来るチームだが、
ボールを狩りにくるよりもゾーンを埋める事が優先されていた。
強引なドリブルや積極的なシュートが突破口となるかもしれない。

【カウンターでのチャンス】
ポゼッションされる時間帯には、カウンターの刃を研いでおくべき。
鹿島戦でのジュビロはリードされている状況だった事もあり、ボランチが上がった
広大なスペースを使われ、3バックがカウンターに晒される場面が多かった。
特に相手CBをデニスゾーンでの1対1に誘き出すような場面を多く作りたい。

【クロスに対する守備】
ジュビロの攻撃で怖いのは駒野・村井の突破からのクロス。
必ずサイドで押し込まれる時間帯は来るので、我慢も必要。
特に波戸さん・輝和はクロスの出し手にキッチリ寄せるのは勿論、
逆サイドからのクロスに対するポジション取りにも気が抜けない。
簡単に前に入られるような場面は勘弁な。頼むぞ輝和!!!

久々のNACK5に対する興奮なのか、分岐点に対する勝手な妄想なのか、
はたまた、「日本一の桃」が貰えるかどうかの心配なのか全く判別がつかんが、
早くも緊張してきたぞ~。まあ俺が緊張してもしようがないんだけど。
まあ、たまには前のめり過ぎるくらいで試合に臨むのもいいかもな。

| 大宮アルディージャ | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/47-454aadd9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。