being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第20節 VSベガルタ仙台(NACK5スタジアム大宮)

P1040715.jpg

梁が右足にボールを持ち替えると、照準はファーのスペースに合う。
開始3分。フェルナンジーニョのボレーを見送った大宮の守備陣がその場に立ちすくむ。

開始早々の失点でプランが崩れ、坪内の負傷で暗雲が立ち込める。
追加点の不運な形を見て、この日も大宮のゲームでは無い事を思い知った。
中盤で拙いロストを繰り返し、相手のカウンターに自陣を蹂躙される。
結果を振り返ると、3点差で済んだ事が不思議な程、一方的なゲーム内容だった。

下位に沈む相手に15試合ぶりの勝ち点3を易々と献上するチームに望めるものは、
それ程多くない。まずは自ら蒔いた種を刈り取る事。
上位陣とのゲームが続く9月、10月をどうやって乗り越えるか。
坪内を欠く守備陣をどのように立て直すか。このゲームで失った物は大きい。

〔大宮公式〕J1 第20節 ベガルタ仙台戦の試合結果

P1040699.jpg

確かに、立ち上がりの失点は痛かった。
最近の大宮のゲーム内容を観る限り、少なくとも前半を無失点で乗り切る事が出来れば、
流れは大宮に有利に働くと考えていた。また、今の守備陣にはその力があると思っていた。
低迷する相手のチーム状況を合わせて考えると、バランスを崩すべきは相手の方であり、
尚更、閉じたゲームを進める事は歓迎すべきものだったはず。
しかし、それは叶わなかった。

P1040717.jpg

ただ、その後も挽回の可能性はあった。
特に1点差の時間帯での過ごし方が悔やまれる。
攻撃では中盤のボール回しに詰まり、守備ではセカンドボールへの対応が不十分だった。
攻守に停滞する流れの中、斉藤のミドルをゴール前に残る赤嶺にコースを変えられるという
やや不運な形から追加点を奪われると、ボールの奪われ方の悪さに拍車がかかり、
拙い繋ぎとカウンターという構図は鮮明になり、双方のバロメーターは対照的な曲線を描く。

P1040731.jpg

その原因の一つがイ・ホのスタメン起用だった事は明らかですね。

一人で出来る事は限られている。
特にボランチというポジションにおいてはそれが顕著だと思う。
それだけに、コミュニケーションに問題があれば、それは致命傷となり、結果を見る限りは
使う事自体に無理があったと言わざるを得ない。
ポジショニングの関係に効率は見当たらず、後ろからボールを引き出す際には2人の関係で
前線へボールを運べる可能性は皆無に近く、攻撃時に一方を前線に絡ませる様な縦関係の
役割分担も終始見られなかった。

守備面では、奪いに行くのか、一旦スペースを埋めるのかというチャレンジとカバーの
バランスが取れずに、セカンドボールを拾う事も出来なかった。
相手のボランチに簡単に回され、遅れて食い付いたかと思うと数的不利の状況でその裏を
取られる。ボランチでの後手後手の対応が、最終ラインを脅威に晒す状況に陥った。

「プレーに迷いがあった」と振り返る青木や「コミュニケーション不足もあった」と指摘する
慎の言葉を見ても、大胆にも先発起用を決断した鈴木監督等との認識のずれは引っ掛かる。
正直な所、前半終了時点でイ・ホを下げて慎や金久保の投入によって中盤の構成を
見直す手も有り得たと思いましたが、それも無かった。

鈴木監督は試合後に「選手に慢心は無かった」と語った。
そして、この目でゲーム中の選手を観た実感としてもその点には同意出来る。
それならば「監督に慢心があったのか」と言えば、答えは勿論「無い」だと思う。
少なくとも重要なこのゲームを落とす一因として、イ・ホの先発という理由は余りにも軽い。
それでもこの決断に至った理由。その「軽さ」を超える動機。
慎と青木には一つのメッセージが与えられている。

但し、ミスはミスであり、この失敗を取り返す事は容易ではない。
就任以降のこれまでで既に観られた通り、鈴木監督は現実的な処理を行う手腕にも
長けている。状況によっては、一方向に舵を切る事も出来るだろう。
このゲームが単なるミスで終わるのか。それとも残留争いの致命傷になるのか。
または時間と共にそれとは別の解答が見えてくるのか。
当然、監督にはミスを覆す覚悟がある。
唯一恐れる事があるとすれば、メッセージが届かずに終わるという事かもしれない。
今後鈴木監督がどのようなチームマネジメントを見せるのか、期待と共に注目したい。

仙台について、簡単に。
裏を狙う赤嶺にラインが付いて下がると、フェルナンジーニョが引いてボールを収める。
相手の2トップの連携はシンプルで効果的だった。加えて2列目の梁、関口が長い距離を
斜めに走る事で、最終ラインのギャップを突かれた。
いくら不調と言えども、堅守速攻を見直す仙台にとっては、先制点が大きかったか。
大宮のボールの失い方が悪く、効率よくカウンターを繰り出す事で大宮の体力を奪った。

プレビューでは「足元を中心にサイドへボールを運ぶ」という点に期待したが、ゲームを
観るとそれは誤りだった。開始早々の失点、中盤の機能不全等の問題はあったが、
あれだけ中盤で詰まるのであれば、ロングボールで前線を走らせるシーンを増やすべき
だったのだろう。
走れていない、とは思わないが体力を浪費する展開に陥った事自体が大きなミスだった。


【雑感】

・とにかく、坪内の状態が心配ですね・・・。
ルーズボールをクリアした直後の着地で足を痛めた模様。その直後に周囲の選手から×マークが
出された様子に頭を抱えた。試合後は直接対決に敗れて勝ち点差を詰められた事以上に、ツボの不在の
重大さに押し潰されそうだ・・・。何とか大事で無ければ・・・と思うが、難しいかなあ。


P1040725.jpg

・攻撃の手詰まりを打開するアクションを見せた主税。責任感と賢さを感じるプレイぶり。
特に2点リードされてからは、2列目からダイアゴナルに抜け出す事で起点になった。
相手の最終ラインを下げると共に味方のホルダーを救う事に成功し、ゲームの流れを考えると極めて的確な
アクションだったと思う。惜しむらくは、それに呼応するサポートが足りなかった事。
セカンドを拾えれば二次攻撃にも繋げられるはずだったが、直樹やチョンス、市川が続く事は出来なかった。
後半頭も何度かチャンスはあったんだけどなあ・・・。


・北野の活躍が無ければ、6~7失点しても不思議では無かった。
最悪の展開にも関わらず、高い集中力を発揮してくれた点は、このゲームの数少ない救いの一つ。

・イホは衝撃のスタメンデビュー・・・。いやあ酷い出来でしたね。
端的に言って連携不足でしょうね。また、試合勘の無さか、判断が遅れて相手の寄せに為す術無くボールを
失う場面も続発。守備では周囲の状況が見えず右往左往する場面が散見された。
終了後タオルを頭から被り、江角に慰められる様に出てきた様子からは、本人に与えたショックの大きさが想像
されるが、まだまだこれからだろう。俄かには信じ難い「彼はボールを動かす力がある」という鈴木監督の言葉
を含めて、今後に期待したいと思う。


・深谷はフェルナンジーニョに苦戦。3点目以降もやや動揺が続く。

・カムさん。チョンス左サイド時には守備で火の車状態に。
これでは耐えきれん、とばかりに攻めに絡み続ける姿に同情を禁じ得ないw

・後半、市川が見せたファンタジー(ワンタッチでヒールの落としを狙ったのか、それとも素早いターン
だったのか・・・)
に場内騒然。一瞬ボールが消えたw

P1040728.jpg

・市川に代わって途中出場の金久保は、限られた時間で多彩なアイデアを見せた。
右サイドからクロスを上げる直前に見せた左で中に切れ込むと見せかけたフェイントには胸躍る。
オフサイドに掛かるが、アウトで左サイドへ出したパスも素晴らしかった。ラインの間や裏へのフリーランを
繰り返すが実らず。相変わらず青木との相性は良い。


・直樹は明らかに自分の仕事に取り組めていない。
引いたポジションでの足元のプレイに終始したが、求められている仕事は本当にそれで良いのか。先発起用に
応える内容では無く、直樹にとっては消化不良の内容。今一度、自らを見つめなおす時期か。


P1040713.jpg
村上は190超えの大男なのか。それとも小さなオジサンはあれでも相当サバを読んでいるのか。

・またも御馳走を頬張るフェルナンジーニョ。
ユニを引っ張られた場面でファウルを取って貰えなかった腹いせでマトを思いっきり引っ張ってみるが、
そのせいで手首を痛めたらしく、顔を歪める姿が何とも可愛かったw


・村上主審(てんけん君)は流石に前回の反省を活かし、やや大宮寄りの判定が多かった
かなと。まあ、その御好意は全く活かせなかったけど。カードも家に忘れてきたらしい。

・カウンターで前線が躍動する仙台。敵ながら良いチームだなと思った。
(そりゃそうだ。これだけボロ負けを繰り返せば素晴らしいチームに見えない訳が無いw)
しかしサポは糞。まあ、このまま糞キャラ作りに励んで欲しいと願いますわ。FC東京に追い付け、追い越せ!

え~と、トラメガは別に良いか。いや、良くないのかもしれないけど、あんな奴はどこにでも居る。
強いて言うなら「笑いがゼロ」という点が救いが無いだけで、そんな奴がトラメガを持っちゃったのがある種の不運。
「病院なら近くにあるぞ(怪我の坪内に)」、「なべやかん」「村上(主審)!良く見ろよ!」(以上、笑い無し)
特に「なべやかん」の連呼にはこっちまで恥ずかしくなってきたw
同じトラメガでも、「吉田拓郎」の柏のトラメガが懐かしいなあ~。

そんな事よりも、個人的には共栄大学の方の挨拶時のカラオケ大会には呆然。
性善説に溢れるワシ(嘘)は「タイミングが悪かったのか」とも思ったが、その後止める気配すら無い様子を観て、
「間違い無く糞」だという事が確認できて良かった。
もしくは、目が遠く、耳が弱い年配の方々なので、人が話している事に気付かなかったと好意的に解釈する。

P1040721.jpg

・メインスタンドで、湘南の反町監督と加藤望を発見!!お疲れ様です!
やっぱり要注目のゲームですよねw反町監督が使っていたのはワシと同じオレンジ色の携帯だった。



中断明け以降、深谷と坪内が連携を高めて、守備を支えてくれた。
それだけに今は坪内の負傷が最も気掛かり。正直、代わりが居ない程のキーマンだった。
試合後は、このゲームの結果に加えてその不安が大きく圧し掛かってきた。
総力戦の様相。チーム力が問われる中、現実と飛び交うメッセージの折り合いをつけて、
一致団結すべき時だろう。今一度、視線を内に向ける時期なのかもしれない。


| 大宮アルディージャ | 21:51 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

hisauさんこんばんは・・・i-201
いやはや・・・何ともしがたい試合でしたね。
しかしいつもながらhisauさんのブログに癒されております。
いつも笑かしてもらってますよ~。
ツボ・・・心配ですね。
私も昨日の1つの負けよりこのままツボが今シーズン絶・・・とかっていう方が怖いです。
なかなかnackで勝ちが見れずアルディを喜ばしてやれんのが悲しいですi-241

| ミーヤの友 | 2010/08/24 00:20 | URL |

またまた失礼します。。
そうそう仙台サポには怒りを通り越して呆れてました。ちょこっとあちらの方々のブログを覗きましたがあの行いを恥じてる人がゼロっていうのにも驚き!!あのお隣でもダービーの段幕に否定的な意見も出るのに仙台サポって真の……みたいですわ。

| ミーヤの友 | 2010/08/24 01:01 | URL |

坪内の怪我(靭帯か!?)のときは、坪内がクリアした後、仙台の選手がアフターで接触したように現地では見えたんですけど。。。
ファールも無く。。。

| ありみゃ | 2010/08/24 03:59 | URL |

ありみゃ様

あれでファウルならぶつかった関口選手があまりにかわいそうです。
坪内が競り合った関口を巻き込んで倒れてます

| jam | 2010/08/24 12:08 | URL |

序盤の集中力の欠如から、つまんねえ試合になっちゃいましたね。
浩は攻守両面でJリーグのスピードに慣れる必要があるかなと思いました。
繋ぎも攻守の切り替えもゆったりやりすぎ(苦笑
長いレンジのパスには確かに光るものを感じたので今後の奮起に期待ですかね。
淳さんが見据える先は残留争いではないということでしょうね。
浩がハマって勝った時にチームはもう一段高みへと進めるでしょうし。

仙台戦で毎回印象的なのは仙台の17番。
網を張って引っ掛けたボールをよく拾ってましたね。
あと後ろから突かれてボールを奪われるシーンが多い。
実に嫌らしい粘っこい守備ですね。山形をより狡猾にした感じですかね。
そんな中でもボールを奪われない金久保はひと味違うなと。
あの展開で出番がくるというのは攻撃面は相当評価されていると考えて良さそうです。

私の隣にいたのはキングオブコメディの人らしいです。
後半から席が移動してまして、3失点目を見届けて姿を消しました。
ウィキペディアによると私と同じ年でイチの先輩みたいです(笑

| スーザン | 2010/08/24 22:49 | URL |

ミーヤの友さん

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ツボ、本人のブログによると思ったより大怪我では無いみたいで
一安心ですね・・・。
ホームでやらかす事が多いのは何とも情けないですよね。
試合後にミーヤが頭を抱えてましたからね(苦笑)
あの子達の為にももう少しホームで頑張って欲しいですね。

| hisau | 2010/08/24 23:23 | URL |

ありみゃさん

コメントありがとうございます。
角度によって見え方が違うと思いますが、現地では着地自体が無理な体勢に
見えたので、クリア後の接触自体は関係無いのかなと。
そもそもアフターというよりは、「勢い余ってぶつかった」位に見えました。
ああいう接触は避け難いですしね。

何はともあれ、坪内は大怪我で無さそうで良かったです。

| hisau | 2010/08/24 23:29 | URL |

jamさん

コメントありがとうございます。

>あれでファウルならぶつかった関口選手があまりにかわいそうです。
そうですね。ファウルでは無いでしょうね。

| hisau | 2010/08/24 23:30 | URL |

スーザンさん

こんばんは~。それにしてもひどい試合でしたね。
女神の神話もストップしてしまいましたね~。
女神にもそろそろ本物の「大宮」を知ってもらいましょう(笑)

浩、時間は掛かりそうですね。
役割を特化すれば面白い存在になるかもしれませんが、少なくとも個人で活きる
タイプではなさそうなので、少なくとも周囲との連携を高めるしかないでしょうね。

富田は活き活きしてましたね。というか、全体的に仙台のプレスは良く機能していました。
大宮のボール運びが余りにも一方向的で、相手中盤はスライドからのアプローチが楽そうでした。
狙いを絞らせないという意味では、一見無駄が多いw金久保は面白かったんですけどね~。
いずれにしても、金久保は鈴木監督のお気に入りではあると思っています。

>私の隣にいたのはキングオブコメディの人らしいです。
>ウィキペディアによると私と同じ年でイチの先輩みたいです(笑
あ、やっぱり~。ファンフェスで見掛けたのもその方ですよ!
同じ年かあ。若手芸人、なんですかねw

| hisau | 2010/08/24 23:41 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/08/25 00:02 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/495-50282f69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。