being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天皇杯2回戦 VSカマタマーレ讃岐(NACK5スタジアム大宮)

P1040944.jpg

プロフェッショナルとアマチュア。J1と地域リーグ。
当然の如く、選手個人の実力には大きな隔たりがあった。
但し、チームとして得点を奪う意志をより明確に表現したのは讃岐の方だった。
大宮の4点はいずれも技術の優位を活かした結果であり、カマタマーレの1点は前半から
狙い続けた中央突破から生まれた。

久々にホームで挙げた勝利は嬉しい。遂にチョンスが得点出来た事も大きい。
しかし、苦境に立たされるリーグ戦に向けて明るい材料はそれ程多くない。
前線のユニットには課題が多く、戦いの目的意識にも疑問が残る。
相手のレベルを見て、「参考外のゲームだった」と言い切る自信は無い。

〔大宮公式〕第90回 天皇杯 2回戦 カマタマーレ讃岐戦の試合結果

P1040931.jpg

13分、中央でボールを受けた直樹から右のチョンスへ。
相手DFと対峙するチョンスがカットインから左足でシュートを放つと、キーパーの頭上と
クロスバーを掠めてゴールに吸い込まれた。チョンスは大宮での公式戦初ゴール。

26分には左サイドからドリブルで相手を引き連れたチョンスがゴール正面の慎へラストパス。
右足に持ち替えて慎重に狙いを定めた慎のミドルがゴール右スミに決まる。2点目。

39分にチョンスがこの日2点目となるミドルを決めて(クロスバーに当たったボールが真上に
上がり、相手キーパーがファンブルしてゴールイン・・・)、ゲームは決した。

しかし、前半の内容を見て、試合のどこかで相手に何度かバイタルを崩されるのでは・・・と
思った(失点するかどうかは別として)。
少なくとも、カマタマーレは「得点を奪う」チームだと気付かされる。

試合序盤、両チームの歪なマッチアップでゲームが進む。
カマタマーレは2列目が同時に絞る動きを見せ、その分手薄なサイドで大宮が圧倒する一方、
ボールの奪われ方が悪いと、自陣のバイタルで慎や浩が数的不利に陥る(1対3の状況も)
シーンも見られ、下手をすれば斬り合いにもつれ込む可能性すら感じた。
それだけにチョンスの先制点は大きかったと思う。

それでもカマタマーレの攻撃には意志が備わっており、後半は受けに回る時間も。
終盤に掛けて、マトの周辺に中盤が斜めに走り込み、混雑する正門へ縦パスを入れると
同時にフリーの選手を出現させるという形が徹底される。
「待つ」守備では誤魔化す事が出来ず、遂に1点を返された。

P1040949.jpg

2日前に酷暑の熊谷で120分戦ったカマタマーレの選手達は、終盤に何人か足を攣らせ、
負傷交代する場面も見られた。その敢闘には拍手を送らざるを得ない。
後半は間の抜けた様な戦いに陥った大宮を顧みると尚更ですね・・・。

P1040914.jpg

大宮にとって、このゲームのポイントの一つは、前線に並べたラファ、石原、チョンスの
ユニットが機能するのか、という点だったと思う。
前半は中盤に入ったラファが今一つの出来(やや流し気味のプレイも多かった)。
左から中に切れ込む際に何度か見られたチョンスとの連携もまだまだ・・・という印象。
バイタルに迫った後に、展開を加速させるパスワークの大半はミスに終わる。
ワンタッチの交換を成功させる為には、周囲のスペース作りも足りない。
リーグ戦では中途半端な(臆病な)失敗がピンチに直結するだけに連携を高めて欲しい。

P1040924.jpg

チョンス個人は、前半の間に自らの力を十分にアピールした。
ボックスの角を上手く使ってボールを引き出し、次々とシュートチャンスを演出する。
オフザボールでの動きも多彩で、周囲の状況に対する判断も早い。
チームとしてはチョンスを走らせる選択肢も身につけておきたい。

直樹は前半の間、右サイドを中心に早十と共に局面を打開。
裏を突く動きや内外の使い分け等、連携自体は良かった。張監督に鍛えられた成果かw
ここ数試合同様、相手が自陣を固めた後のプレイに強さを見せる事が出来ていないが、
体のキレは悪くない。後半はサイドに移り(ラファがトップへ)、一定の働き。

現状、前線のユニットに明らかな相乗効果は見られなかった。
個々の能力を考えるとこの3人の共存にチームの命運を託すべきだが、慎重な戦いを
強いられる際に、今の中盤がこのユニットを支えられるのか、という不安は大きい。
前線が優位に立ったこのゲームでも、中盤が有機的に攻撃面を支えていたとは言い難い。
リーグでの苦境や相手の実力を考えると、今後も前線頼みに陥る状況は多くなりそうだ。

後半を振り返ると、開始直後の左サイドを中心とするチャンスには期待感が膨らんだが、
その後は明らかなトーンダウン。次第に相手のカウンターに脅威に晒される機会が増え、
守勢における前線の存在感の無さにも懸念を抱く事に。

早い時間帯に先制点を奪った事や結果自体には満足すべきですが、相手との実力差や
有利な日程を考えると、その「余裕」の使い方には大きな不満を感じた。

この様なゲームでのタスクは、リーグ戦でやるべき事をより高い精度で行う事だったと思う。
決して、1対1で度重なるフェイントを仕掛けたり、複雑な連携に欲を出す事では無いはず。
例えば、3点目の得点シーンに至る起点のシーン。
ラファの縦パスを受けたチョンスは、このレベルであれば「フリー」に近い状況だったが、
チョンスは切り返しを選択し、一度はシュートチャンスを逸した。
結果的にはエリア右で相手を翻弄した直樹のリターンを受けて、チョンス自身が得点を
決める事が出来たが、今のチームに必要なのは僅かな好機を逃さず、確実に決める事。
少なくとも、今後に繋がる「余裕」の使い方では無かった。
相手のレベルに関わらず、シンプルに戦い、その精度で相手を圧倒すべきだったと思う。


【雑感】

P1040878.jpg

・最悪の日程の中にも関わらず、最後まで健闘を見せたカマタマーレの選手、スタッフ、
そして遠路お越し頂いたサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。
試合後の「カマタマーレコール」は定型では無く、その健闘を称える心の底からの声だった(この日、最も声を
張り上げた瞬間だったのは事実)。同じカテゴリーだとなかなか難しいのも正直なところですが、相手の健闘
にもしっかりと目を向ける事が出来るファンで居たいとは思う。何よりも「日本各地にチームがあり、
それを支え、見守る人々が存在する」という実感は、一人のサッカーファンとして大きな財産だと改めて思う。
そう考えると、全ては相手へのリスペクトから始まるんだなと。


P1040958.jpg

・藤田の久々の登場には盛り上がったなあ。頑張れ、期待しているぞ。
ゲーム展開とは異質の裏への飛び出しを繰り返し、単独でのフォアチェックでボールを
追い回す。角度の無いところからのミドルがポストを叩いた瞬間に感じた「らしさ」が何とも言えない・・・んだけど、
やっぱりアレを決めないとな。藤田投入後にはサポートに徹するプレイを見せた直樹の姿勢も印象的。


P1040940.jpg

・浩はロングレンジのパスで良さを見せた。対角に放つフィードは見事だった。
時間とスペースの猶予があれば、そのキックで大きな展開を作り出した。しかし、依然として攻守において
緩慢なポジショニングが目に付き、ゲーム展開からは浮いた位置に取り残される事も多い。かと言って、
中盤の底で腰を下ろす役目にも向いていないのか、後半は慎が中盤の底で防波堤としての役を負った。
拮抗したゲームで彼をチームに組み込むのは難しい、というのが現段階での印象。


・前半バックパスが続いた場面で、浩に対してブーイングやどよめきが起きる。
個人的にはゲーム中に味方の選手にブーイングする余裕は無いので、そのマインドセットは今一つ分からない。
少なくとも、状況を考えると浩の選択が不自然なプレイだったとは思わないけど。それよりも、個人の実力差に
乗じて中盤で手を抜き、功を急ぐかの如く縦に急ぎ、3~4人が前線に張り付くチームの方が気になった。


P1040926.jpg

・慎の柔らかいミドルに感無量!決まるとは思っていなかったので反応が遅れたw
但し、余裕がある状況でも展開力には難ありだったなあ・・・。浩との連携も難しそうだ・・・。
あ、ファウルを犯したチョンスに唯一声を掛けていたシーンには安心!


・規郎は精度が高いキックで存在感を発揮。サイドチェンジは特に素晴らしかった。
後半開始直後のアウトにかけたロングシュートも強烈。攻撃面では違いを見せた。

・ツボ復帰。最終ラインで最も頼りになる男だけに、今後は何とか怪我無く乗り切って欲しい。

・マトは地上戦で脆さを露呈。カードの場面には思わず頭を抱えた。

・金久保は後半に入って粗が増える一方の攻撃陣を繋ぎ止めるが如く奔走した。
卓越したボールキープ、表情に富むパスはやはり魅力的。一方で守備面でのディシプリンに欠けるシーンも。
積極的な姿勢には好感が持てる一方、スタメン奪取を考えると手堅いプレイでのアピールも必要だと思う。


P1040968.jpg

・カマタマーレのグッズブースは盛況でしたね~。魅力に負けたワシもタオマフをゲット。
うどんを模したエンブレムのくせにwワールドクラスのカッコ良さでしょ、こりゃ。チームロゴも洒落ているしな
・・・と思いつつ、家で開封してみると、内部から出現したカマちゃん、タマちゃんに脱力ww
クソ~、騙されたw・・・と思いつつ、ちょっと愛着が沸いてきた。何だか相手の術中に嵌まった気分w



| 大宮アルディージャ | 23:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

hisauさんこんにちわ!!カマタマ戦はいろんな意味が込められた試合でしたね。カマタマグッズ、私はストラップを購入しましたがそんな仕掛け(?)があるならタオマフも買えばよかった!!いつかカマタマさん達にもアルディと会ってほしいなぁと思いました。

| ミーヤの友 | 2010/09/08 13:33 | URL |

タオマフにそんな秘密があったとは・・・
買ってみるもんですねっ(笑)
hisauさん、見事に掴まれましたね(苦笑)
デザイナーさん、ハンティングする訳には行かないでしょうか。
以下 自粛。

| アル子 | 2010/09/08 16:03 | URL | ≫ EDIT

ミーヤの友さん

こんばんは。ミーヤの友さんもカマタマグッズ買ったんですね~。
ストラップやピンバッジ等もカッコ良いなと思いました。
天皇杯はアルディの出番が無くて、やや物足りないですよね(笑)
その点、個人的にはナビスコの方がモチベーションが高かったりします(笑)

| hisau | 2010/09/09 00:36 | URL |

アル子さん

こんばんは。タオマフにはやられましたよ~(笑)
売っている時には、三つ折の状態で奴が上手く隠されていましたからね(笑)

HPでチェックすると、カマちゃんタマちゃん人形ってのがあるらしいです。
「手作りかよ」ってツッコミたくなる見栄えなんですが・・・ちょっと欲しい(笑)

| hisau | 2010/09/09 00:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/501-bdbc7fb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。