being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第22節 VS清水エスパルス(NACK5スタジアム大宮)

P1050091.jpg

この場所、この時機で得た結果が嬉しい。
再び大宮公園に戻ってくるその時までに、この手応えをチームの力に昇華したいな。

〔大宮公式〕J1 第22節 清水エスパルス戦の試合結果

猛暑の中、ホームで上位清水を撃破!!
日程面のアドバンテージを完勝に繋げ、リーグでの連敗を食い止めた。
前線のラファとチョンスが結果を残し、マト、金久保が十分な働きを見せつけた。
結果を残す事でチーム力の熟成という課題に向き合う猶予が与えられる。
一歩前進。この場所で得た自信をアウェイでの連戦に精一杯ぶつけて欲しい。

P1050022.jpg

コイントスで勝った大宮がエンドを入れ替える(後半の西日や日陰を考慮して?)。
注目された前線の組み合わせは、ラファとチョンスの2トップ。直樹はベンチスタート。
試合前にスタメンを確認し、最も心躍ったのが金久保のスタメン。
鈴木監督によると「コンディションが戻ってきた」との事で、逆に言えば金久保への信頼の
高さに驚く。また、主税が出場停止から復帰。中盤の底には慎と青木(事前報道では浩の先発
も予想されたが、穏当な選択に落ち着いた)
。最終ラインは右から村上、坪内、マト、規郎。

清水はヨンセンをベンチに残し、長沢がリーグ初先発。3トップの両翼には代表帰りの岡崎と
藤本。中盤は小野、兵頭、本田の3枚。DFは右から市川、岩下、平岡、児玉。

ゲームは金久保のミドルで幕を開ける。ゲームは微かながらも大宮ペースで進む。
明らかに出足が重い清水は、守備時にはポジションの初期設定に傾倒し、中盤での闘いを
やり過ごす展開。大宮のDFラインとボランチが比較的余裕を持ってボールを繋ぐ。
そして、金久保の起用も展開に向いた。
守備網の間でボールを捌き相手を動かす金久保の存在が、中盤に流動性を与える。

16分、相手DFの裏に抜け出した主税がラファの浮き球に合わせるが、大きく枠を超える。
フィニッシュは残念だったが、そこに至る流れには期待を感じた。
中盤のスペースを使って効率良くボールを運び、ボックス周辺で崩しの意図を持ったランが
生まれる。最終局面での段階で大きな波には広がらず、サイドに逃げるシーンも多いが、
少しずつでもこの様なシーンを増やして欲しいな。

引き気味の清水からは、前半は無失点で乗り切るというプランが窺えた。
それでも、両SB(特に右)を押し上げてポゼッションを行うと、一旦押し込まれる形勢に。
また、序盤は大宮の左サイドの守備が不安定で、トップがサイドに流れてマトが釣り出さ
れるシーンには付け入られる隙が存在した。
しかし、中盤のホールドと主税のバランス感覚で未然に危地を防ぐ。
相手の3センターは一人が引いて受けて慎、青木の一方を食いつかせて、その空けた
スペースに他の選手が入ってボールを縦に運ぶという狙いが透けて見えたが、一度危険な
シーン(小野が引いて捌いた縦パスを藤本淳吾がバイタルで受けて、左の兵働がフリーで
クロスを上げた場面)を作られただけで、その後は引き気味に構えて難を凌ぐ。

30分過ぎ辺りからの戦況を見て、「何とか前半の間に得点が欲しいな・・・」と贅沢な
願いを続けると、前半終了間際に先制点が生まれた。
まず、二手前の金久保のプレイが素晴らしかった。
タッチライン際から離れてボールを受けると、相手中盤の間を通して相手DFラインの前に
入った慎へのパス。スペースからスペースへボールが動く。
金久保から縦パスが入り、ラファが裏に抜けたタイミングで慎がスルーパス!!
簡単なシュートではなかったが、ラファが西部の脇を抜き、ファーサイドに突き刺す。
相手の状況やプランを考えると、本当に貴重な先制点だった。
大宮サポの拍手と共に前半終了。

P1050073.jpg

ハーフタイム、清水は小野を下げて山本真希を投入。
後半、清水はビルドアップの際に山本が右サイドに張り出し、市川のポジションを上げて
サイドから突破口を窺う。
清水は長沢に代えて遂にヨンセンを投入。これで前線にポイントを作られると、
押し込まれる時間帯が増えるか・・・と思った矢先に、追加点を奪う事が出来た。

62分、主税のCKを西部が被り、ファーサイドで相手DF諸共飛び込んだマトがヘッドで
叩き込む!!先制点に続き、展開、時間帯共に理想的な得点でしたね。
息を吹き返しつつあった相手にダメージを与える事に成功。
相手の前傾姿勢に対して自陣に人数を掛けて対応する機会が増えるが、クロスをマトと
坪内を中心に跳ね返し、カウンターに神経を注ぐゲーム展開に。
73分には、ラファのキープからスルーパスに反応したチョンスが独走。
西部との1対1を冷静にチップキックで沈め、3-0!!勝負が決まった。

終盤、裏に出た縦パスに抜け出す岡崎に対し、坪内が後ろからスライディングを引っ掛けて
一発退場。やや後味を悪くしたが、試合自体は完勝だったと言える。
運動量で相手を上回り、要所で得点を決める。
清水の攻撃が散発だった事もあり、守備に関しては課題すら見つけ難いゲームでしたが、
攻撃陣については手応えと課題の両方を手にする事が出来たと思う。

P1050098.jpg


【雑感】

P1050095.jpg

・中盤にタレントが揃う清水相手に、(まさかの)王様として君臨したw慎。
第3子誕生、自身の誕生日おめでとう。自らのスルーパスで揺り籠パフォーマンスを導くとは最高だな!!
アシストのシーン以前にも的確な捌きと意欲的な楔のパスが見られた。守備での集中も高く、終盤には
疲れが見えた守備陣の中で、相手中盤の飛び出しに目を光らせていた姿にも拍手。


P1050032.jpg

・金久保は良くボールに絡み、独特のアイデアをゲームに忍び込ませた。
立ち上がりのミドルに至るシーンに始まり、足裏の技術を駆使して相手の逆を取り、中盤を渡り歩く様は、
トリックスター的な佇まい。後半の頭から消える時間帯も目立ったが、カウンターでの飛び出しや中盤での
守備(強くは無いが、隙を突くセンスを備える)にも意欲を見せる。ゆったりとしたペースでボールを繋ぎ、
中盤を鎮めた終盤のコントロールも良い。堅いゲームでも存在感を発揮して、実効性を磨く事は課題だと
思いますが、その大きな魅力は失わないで欲しいですね。あ、山本との丁々発止にはヒヤヒヤしつつも笑う。


P1050050.jpg

・ラファはファインゴールでチームを勇気付けた。エースと呼ぶに相応しい仕事ぶり。
チョンスの3点目を演出したスルーパスも見事だったが、決定機での明らかなシュートミスが目立ち、
90分で考えるとやや不安定な出来だったかな。まあ、FWとしては先制点の決定力が全てですけどね。
この先制点でJ1リーグ通算200ゴールをゲット。湘南戦でのホーム100ゴールに続き、またもやメモリアル
ゴールかあ。「本当に大宮のユニフォームのおかげで幸運に包まれています。これからも大宮の一員として、
日本のサッカーの歴史に残る選手になりたいですね。」
 相変わらず頼りになる男だな、ラファは。


P1050008.jpg

・チョンスはJ1初ゴール。ラファと共に攻撃を牽引し、フリーランも冴える。
前半、岩下を睨み付けたシーンに邪な期待を抱いたが(苦笑)大人でしたね。

P1050020.jpg

・マトは攻守両面で存在感を発揮。お立ち台では語彙力の進化を発揮w
藤本の仕掛けには手を焼いたが、高さで長沢を押さえ込み、地上戦では相手の背中を圧迫し続ける。
追加点のヘッダー後にはお馴染みのガッツポーズ。ワシの好きなマトが帰ってきたわ。


・この日のチームの微妙なバランスを支えた主税。トータルでの貢献度は高い。
但し、前後半2回の決定機は決めきれず。ラファの浮き球の場面に加えて、チョンスのシュートのこぼれ球を
狙った後半の場面も惜しかったなあ・・・。いずれかが決まっていれば、もう少し楽な展開に持ち込めただけに
決めて欲しかったなあ。でも、出場停止明けでの存在感は流石の一言。金久保とのバランスは面白い。


・カムさんはボールコントロールのミスが目立ち、時にはビルドアップを膠着させる要因にも。
終了間際にスタンドを盛り上げた一人フォアチェイスは、せめてもの償いかw

P1050085.jpg

・試合終了後、引き上げる選手一人一人に頭を下げる坪内。
点差を考えると非常に勿体無い退場でした(3点差だからやり過ごすべき、とは絶対に思わないが、点差に
応じた止め方が出来れば尚良かった・・・が、必死に「1点」を守っている選手が「加減」出来ないのも分かる)が、
言うまでも無く、それまでのツボの献身的な守備は光る。
ゴール前の岡崎のボレーに対して、頭で飛び込んだ姿勢も思い出すと、無闇に責める事は出来ん。
何よりも、退場時のメインの拍手と試合後の坪内コールの音量がサポの感謝の気持ちを物語る。
「頭を下げたいのはコッチの方だ」と思わせる時点で、ツボはプロの鏡だと思う。

・青木は運動量こそ保ったが、ダイナミズムとプレイ精度は今一つだったか。
相手の3センターに対する警戒を高めていた事や、隣で「カイザー慎w」が余りにも大きな存在感を発揮した
事が原因だと考えておこう。相手FKにバックヘッドで味方のクロスバーを襲った場面と、枠外に外れた弾丸
ミドル。どちらかと言えばバックヘッドが惜しかったw


・「Jリーグタイム」に出演の小野と藤本は、完全に罰ゲーム。

P1040974.jpg

・ダンスショーの前の絵当てゲームは超盛り上がっていたなあ。
ミーヤが書いたアルディの似顔絵が可愛すぎて脱力・・・。ハイハイ良かったね。

P1040991.jpg

・この日のミーヤ姐さんは何だか淑女でしたな。さては中の人が別人・・・



P1050083.jpg

拍子抜けした訳では無い。
しかし、「寝ても大宮、覚めても大宮」と歌いながらも、昨年の鹿島戦や先月の浦和戦程の
大きな開放感を感じる事は無かった。
相手のコンディションを斟酌する訳では無い。強いて言えば、浮上のきっかけを逃した
仙台戦での失敗を未だに忘れる事が出来ないだけだと思う。
その影を完全に払拭する為には、未完のチームに寄り添いながら一歩一歩大事に踏み
しめていくしかない。

| 大宮アルディージャ | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/502-aef96da5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。