being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第24節 VSFC東京(味の素スタジアム)

P1050556.jpg

巻き毛の若武者がその小さな体を高く宙に投げ出す。
渾身のヘディングが権田の手を弾き飛ばすと、ボールがサイドネットに吸い込まれる。
興奮に沸くゴール裏の波間から一直線に此方に向かってくる姿が一際大きく見える。
順、待っていたぞ!!

〔大宮公式〕J1 第24節 FC東京戦の試合結果

当日は良く眠れなかった。今週は2度も志木を訪れた為か、力み過ぎたみたい(苦笑)
朝方には「ラモスがクスリで逮捕!」というアクロバティックな夢で目が覚めたw
何がどうなってそんなのがはじき出されるのか。人間の脳は全く不思議ですな。


台風接近の中、スタジアムに向かう。飛田給に降り立った時には、出発時には空一面を
覆っていた鉛色の雲が消え去った。試合開始が近づき、気温が上昇する。

P1050477.jpg

出場停止の慎に代わって浩が先発。また、前日の練習と同じくCBには福田がスタメン。
(マトでは無く福田を選んだ理由。キャラクターの強い相手の攻撃陣に対する組織を優先したと考える
のが自然ですが、坪内・マトが共にカード3枚という状況に対するマネジメントにも取れる。
両者が同時に不在となる事を避け、そして今後数試合中に必ず先発機会が訪れるであろう福田に
期待するとすれば、このタイミングだったのだろう)

出場停止から復帰の坪内と負傷の状況が心配されたラファが先発。頼もしい。

FC東京は先週城福監督が解任され、大熊新監督の下での船出となるゲーム。
システムは4-4-2。2トップは大黒と平山。梶山が離脱した中盤は両サイドに石川と
リカルジーニョ、ボランチは森重と徳永。最終ラインは右から椋原、今野、キム、中村。

P1050520.jpg

開始直後、FC東京が意欲的に前へ出る。
縦への意識が強い東京は両サイドを起点に中盤が勢い良くバイタルに雪崩れ込む。
中盤が石川とリカルジーニョに引っ張られ、2トップがセンターラインまで下がってくる。
打開策が見当たらず、相手の寄せに対して中盤が次々とボールを失う。
DFラインが苦し紛れのクリアで逃れる。

一方FC東京の攻撃にも細かなズレが見られる。
スペースへのパスが流れ、動きながらのボールタッチが乱れる。
溢れる勢いが展開を遅らせる。長短のパス、サイドと中央の使い分け、豊富な運動量。
大きな不足は無いが上手く噛み合わない。相手の順位にも納得させられる拙攻の応酬。
(それでも「緊張感溢れる一進一退の攻防」と感じてしまうサポ心理万歳w)

戦前の予想とはやや異なり、坪内が平山に付き、福田が大黒を見張る場面が多いCB
コンビは辛抱の時間が続く。特に福田はサイドのカバーで突如ゴール前を空けたり、
平山へのフィードに対して、前に体が入っているにも関わらず、簡単にコーナーを与える等
不安定なプレイが続く。

リカルジーニョに右サイドを繰り返し押し込まれるが、主税と青木がカバーに奔走する。
2対1を作って対応すると、リカルジーニョの球離れの悪さが目立ち始めた。
周囲でスペースを突く大黒や森重の動きに肝を冷やすが、リカルジーニョにとっては
ドリブルのルート作りにしか見えなかった様子。ボールへの寄せが整理される。
しかし、逆サイドの石川は大宮のサイドでのアプローチが遅れると見るや、シンプルに捌く
事で攻撃に掛けた人数をキッチリと決定機に結び付けてくる。
平山のフリックオンから森重が抜け出したシーン等、縦のボールにも悩まされ、全体を
見ると重心は上がらない。

注目の浩はやや引き気味に構え、青木がサイドのケアに走る。
後手に周り気味ながらも最低限のバランスは取られている。
前半、ラファが裏へのボールに抜け出してループを狙う場面が2度、カウンターから主税が
決定機を迎えるが、中盤が攻撃に絡む事は出来ず。我慢が続く。

前半終了間際にはリカルジーニョのシュートをゴールライン上で福田がクリア。
その直前にもボックスへのクロスに対してスライディングで体を投げ出して危機を脱する
シーンもあり、ここに来てゲームの流れに応じたリズムを掴み始めた。

前半終了。柄にも無く、緊張の為か気分が悪いw

P1050529.jpg

後半開始直後、前半飛ばし気味に見えた相手が更に迫力を増す。
リカルジーニョや中村のシュート、石川のニアへの飛び出し等、窮地が続く。
北野の落ち着いたセーブやマークを外さずゴール前まで戻る規郎のファインプレイ等、
何とか防ぐと、鈴木監督がカードを切る。

P1050531.jpg

63分、主税に代えて直樹を投入。
現地ではゲームに夢中で良く考えなかったが、振り返るとこの交代策は相当なチャレンジでしたね。
守備面だけを考えると主税は効いていたが、戦況や相手のペース配分を見て、既にゲームがオープンな
段階に入ったと見極めたのだろう。素晴らしい交代策だった。


直樹が前線で体を張り、相手のラインを押し下げる。空き始めた中盤のスペースでラファが
ボールを収め、右サイドでもチョンスが起点を作り始める。収まり所が二つ出来た。
先に大黒を下げて大竹を投入していた東京は、リカルジーニョを下げて重松を投入。
しかし、右サイドの主導権はチョンスが握る。
足が止まり始めた相手に対して大宮の中盤がボールを拾い、前線がカウンターの刃を研ぐ。

70分、金久保の大きなサイドチェンジからチョンスがサイドのスペースを切り裂く。
狙い通りのマイナスのクロスが入ると、ラファがダイレクトボレー!!
クロスバー手前に当たったボールはゴールラインの内側に落ちたかに見えたが、主審と副審
はノーゴールの判定。地面を叩いたボールを掴んだ権田がプレーを続ける。
ラファとチョンスが副審に詰め寄り、前節を超える誤審にゴール裏はブーイングが渦巻く。
しかし、長くは続かなかった。指示を送る鈴木監督が見え、守備陣はゾーンを固める。
ワシも「切り替えろ!」と一旦叫ぶ(心の中では「審判○ね!」と怒り狂っていたけど)

73分、ゴール裏では未だ喧騒が続く中、ピッチ上の選手達が意地の一発を見舞う。
ラファが自らのシュートのリバウンドを拾うと、右サイドから柔らかいクロス。
ファーで金久保が競り勝つと、驚異的な高さから放たれたシュートが歓喜を呼ぶ。
直後の光景は強烈に脳裏に焼き付いている。個人的にもこの先忘れ難いゴールになるな・・・うん。

その後の展開はあまり覚えていない。前俊の投入とか記憶の書き換えかと戸惑う位、覚えていないw
それなりにドキドキしていたけど、実はピンチらしいピンチは無かった事と思う。
バランスが崩れ、意思統一が難しくなる相手を尻目にチョンスとラファがキープし、
中盤が安全なエリアに展開する。
カードを貰っていた浩に代えて、ヨンハ(長男誕生おめでとう!)が久々の登場。
終盤には金久保を下げてマトを投入。相手のパワープレイに対する対応が整った。

P1050541.jpg

再度カウンターからチョンスが決定機を決めきれず、追加点こそ奪えなかったが、
ほぼ危なげ無く逃げ切り、勝利!!!
戦況に応じた我慢と体を張った守備。そして、流れを変えたシフトチェンジ。
残留争いでチーム一丸となった闘い方を発揮してくれた選手達に感謝!!


【雑感】

P1050555.jpg

・金久保のJ1初ゴールは残留争いの直接対決で貴重な決勝点!
ゴールへの気配自体は漂っていたが、まさかのヘディングとはな~。強い意地を感じる一発だったぞ。
個人的には今週の練習でその表情に感じるモノがあり、物凄く期待していただけにメチャメチャ嬉しかったっす。
最近のスタメンでの内容を見ても「彼の能力からするとまだまだやってほしい」という鈴木監督の言葉には同意。
一刻も早く「ポスト大悟」問題を消し去り、主税を脅かす存在になってくれ。


P1050528.jpg

・ラファはファインゴールを見逃されるという誤審にも耐え、直後に見事なアシスト。
あのゴールは俺達のベストゴールとして一旦胸に刻んでおこう。後半は投入された直樹の飛び出しを援護に
巧みなキープで攻撃を牽引。「選手にも審判にもミスはある」と天使の微笑みで語るラファには溢れんばかりの
幸運が降り注ぎますように!!


・飯田主審と名木副審は致命的な誤審。単純に「見えなかった」という事ですな。
とりあえず協会等への意見書はクラブに託す。念の為、海外研修という名の福利厚生は要りませんよ。
「浮き球のクロスをダイレクトで合わせるという、Jリーグでは希少のスーパーゴールだった為、判定出来る
適切なポジショニングが取れなかったんですね。やっぱり選手と審判双方のレベルアップが必要ですよね」
・・・とか言うと思ってんのか、ボケが!!!!とりあえず二人はラファに直接謝る様に!!!
あと、金久保に土下座して感謝するように!!
「ゴール見逃し」に至ると5人制云々に繋がらざるを得ないぞ・・・。飯田さん名木さん、本当に頑張れ。


・突然の中盤起用にも柔軟なプレイを見せたチョンス。
とにかく賢い。そして強かですね。チーム状況、戦況に応じたプレイ選択も頼もしい。

・主税、J1通算350試合出場おめでとう!!史上20人目という快挙!
このゲームではボールに絡めず、攻撃面では存在感が薄かったが、守備面では我慢強くフィルターを
掛けて、チームに対する貢献は保った。ゲーム全体に対するその影響力は経験値の賜物だと思う。
今後も活躍を期待していますよ!同時に、若手選手にはこの男がトップフォームの間に追い抜いて欲しい。


・直樹は躍動感ある動きでゲームの流れを変えた。
相手の足が鈍り、スペースが生まれつつあったとはいえ、迷いが吹っ切れたかの様なプレイぶりでしたね~。
裏への鋭い飛び出しから左足でニアを狙ったシーンは真骨頂だろう。代えが効かないプレイぶりがラファ、
チョンスとの共存にも今後の期待を抱かせた。


P1050513.jpg

・福田は鹿島戦に続いての先発起用に結果で応えた。
前半終了間際のファインプレイは見事!まだまだ不安な点は多いですが、時間と共に思い切りの良さも見えた。
残り10試合。ここからが勝負所だぞ!


・北野のセーブの安定感は本当に心強い。
体を倒さずにギリギリまで待つ事で余計なファンブルも少ない。このゲームでも要所のセーブでゲームの流れを
食い止める。北斗のブレ球も事故が起きてもおかしくは無かったよな~。荒さんならきっと両手パンチでオウン・・・


P1050554.jpg

・体全体を使って喜びを表現するツボ。最高だ。心の中で「シャー!シャー!シャー!」と呟いてみるw
ハイボールの対応、相手2トップへの出足共に文句の付け様が無い。福田とのコンビでも結果を残す。

・青木は粘り強い守備で無失点に貢献。
いつも以上に1対1での執着心を見せ、強引なアプローチでボールを奪いに行く姿勢も。慎不在を乗り切った。

・浩、まあまあでしたw

・終盤、レアンドロばりのオーバーラップで大宮サポの歓声と悲鳴を誘うマトw 
冷静に見れば悪くない判断だとは思うけど流石にちょっと焦ったな。

P1050461-2.jpg

・試合前、通行可能なメイン側まで足を伸ばしてみると、な、なんとドロンパに遭遇!!
くそ~、カワイイやんけ。実物は思ったより小さい子でしたな。大宮のレプリカに反応したのか、握手を求めに
きてくれた!エエ奴や。その後「オマエ等には負けないぞ!」とばかりに指を向けてきやがったが、余りの可愛さに
緩み切ったワシは「ドロンパ~」とかアホの様な反応しか出来んかったw  今考えれば「J1からドロンパしない
様に(これが言いたいだけw)オマエも頑張れよ!」くらい言ってやれば良かったか・・・。



残留争いのライバルを直接対決で退けた。
大誤審。金久保の初ゴール。鹿島戦に引き続きスタメンに起用された福田の奮闘。
そして、主税をベンチに下げて攻撃の活路を切り開いた選手交代。
色々な光景が重なり、忘れられないゲームになるだろう。
次節ダービーにも全力で挑み、もう一歩上に行きたいな。

| 大宮アルディージャ | 20:24 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様でした!!!

「勝った方が強い」「正しい者が勝つ」・・・って
今だから言える台詞ですけど、やりましたね。
後でマッチデイ買いがてら行ったメインスタンド裏には
ドロンパは既に居ませんでした・・・残念。
やっぱり、小さいですね。
きっと中にはちっちゃいおっさんが(苦笑)

終了後、選手がゴール裏に来た時
カムさんがツボの顎をむんずっと掴んでたんですが
それは激写されていないでしょうか。

いつもお土産ありがとうございます♪

| アル子 | 2010/09/27 16:00 | URL | ≫ EDIT

9/27 0:48に拍手コメントを下さった方へ

拍手及びブログに対するコメントありがとうございます。
サッカーは色々な見方が出来る豊かなゲームですよね。
私なりにその「豊かさ」を書いていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。


| hisau | 2010/09/28 00:07 | URL |

アル子さん

こんばんは~。味スタではご一緒出来て楽しかったです。
「ひょうちゃん」の写真!!ありがとうございました(笑)
やっぱり初めて見ましたよ。そんな奴付いてましたっけ?
確かに形は似ていますが、ピーナツ君よりかなり不細工っすね(笑)


そういえば、ドロンパ居ませんでしたか・・・。
アル子さんにも「池乃めだか」っぷりを見て貰いたかったのに!

>カムさんがツボの顎をむんずっと掴んでたんですが
何すかそれ(笑)そんな美味しいシーンあったんですか~。
今度こそ激写しますよ!!!

| hisau | 2010/09/28 00:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/508-5bc79a11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。