being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第29節 VSモンテディオ山形(NACK5スタジアム大宮)

P1060010.jpg

その瞬間を逃さなかった。
ゴール前の混戦に弾む浮き球を照準に捉えると強引にボレーで掴まえに行く。
2戦連続のファーストタッチ。
直樹の研ぎ澄まされた嗅覚が貴重な勝ち点3をチームに運んだ。

〔大宮公式〕J1 第29節 モンテディオ山形戦の試合結果

やはり青木に代わって浩がスタメン起用。否が応でも仙台戦が思い浮かぶ。
その他スタメンに変更は無いが、早十、杉山、マトとベンチの顔触れは変わる。
山形は中盤に増田が復帰。宮本、佐藤と共に中盤を組む。
コンディション不良が報じられた石川は左SBの先発。右SBには小林が入る。

P1060024.jpg

ゲーム序盤、マッチアップの齟齬を活かしてペースを掴んだのは山形だった。
相手ポゼッション時の増田と宮本の飛び出しに手を焼き、大宮のDFラインが下がる。
宮沢に応対する村上と深谷の間が割れ、そのスペースに走る増田を追って慎が戻る。
結果、ミドルサードでは佐藤が自由を謳歌する。

5分、最終ラインに吸収されたボランチが空けたバイタルのスペースに佐藤が入る。
佐藤の強烈なミドルを北野が辛くも弾くが、セカンドボールに逸早く反応したのは宮沢。
1対1の決定機。宮沢のシュートを北野が左足で止める。序盤の窮地を凌ぐ。
流れを考えると守備が混乱するこの時間に失点を喫していれば、大敗も有り得たと思う。
それだけに北野のビッグセーブには救われた。

テクニカルエリアで鈴木監督が慎を呼び、指示を伝える。
直後、慎が増田にマンマーク気味に張り付き、同様に浩が中盤の底深くに沈み始める。
CB、SB間のスペースのケアを含めて、暫くは5バック、6バックも辞さない構え。
中盤では主税が絞って対応する(これは自らの判断か?)シーンも増え、前線の孤立は
覚悟の上で一旦状況を収拾する事を選ぶ。
主税や金久保がワイドに張って起点を作れれば状況は異なったが、自陣バイタルでの
防戦はピッチ全体に影響を与える。そもそもセカンドを拾う事が難しく、両サイドも自然と
下がらざるを得ない。2トップはサイドに開いてマイボールを待つが、相手の監視を免れず、
自陣のプレイヤーは単調なクリアが精一杯。我慢の時間が続く。

マッチアップの関係上、ある程度予想された状況だった。どちらかと言えばプレビュー
触れたネガティブな側面が表面化していたが、それ自体は余り気にならなかった。
試合後に坪内が語った通り「ああいう守り方でしょうがなかった」とも思う。
強いて挙げれば、「一方が中盤の底に降りて佐藤を牽制する」という2トップの守備面での
役割(試合後に慎が同様のコメントを残していましたが)には修正が必要だったと思うが、
それよりもチームから感じられた「今は耐える時だ」という呼吸と、1対1で各選手が闘って
いる(相手選手の健闘もあり、地味な展開ながらも見応えあり)点に望みを託す。

時間の経過と共に山形のバランスに変化が現れ始める。
後ろ向きでプレイを続ける増田や宮本が自陣に引く場面も増え、ブロックの中にボールを
入れる事は出来ないまでも、大宮のDFラインがゆっくりとボールを繋ぎ、陣地を挽回する。
佐藤が自由に捌く展開に変化は無いが、最終ラインのマッチアップは落ち着きが戻る。
クロスに偏り始めた山形の攻め手は中央を固める坪内と深谷のCBコンビが防ぐ。
宮沢の1対1以降、決定機自体は小林がゴール前で合わせた場面くらいだったと思う。

この状況が90分続く事は無いだろう。覚悟を決めてワンチャンスを願う。
一度、2トップの連動したランニングからDFラインの裂け目に飛び出すチョンスに村上の
スルーパスが出るが、球足が長くビッグチャンスを逸する。

山形がリトリートを選択する時間も挟みながら、前半が終了に近づく。
一言で言えば、前半の中盤はグダグダだった。しかし、守備に人数を割いて点在する火の手
を収めながら無失点で乗り切った前半を反芻しながら、充分な手応えも得る。
同時に「そんな事に十分な手応えを得る自分」にどっぷりと染み付いた大宮体質を感じ取り、何とも複雑w

後はどこかで大宮の時間帯を呼び込めれば・・・と妄想しながら観ていると、前半終了間際、
唐突に慎がバイタルのチョンスに縦パスを入れる。相手のチャージにチョンスはボールを
放すが、入れ替わる様にチョンスの裏のスペースへラファが走り込むと、それに呼応する
慎がラファへダイレクトで見事な楔を入れる。ラファはワンタッチで相手マーカーの外に
ボールを動かすと右足一閃!!強烈なシュートが清水の頭上を破る。
貴重な先制点直後に前半終了。結局、前半のシュートはラファのゴールだけだったのか。
う~ん、3本くらいはあったかと思ったんだけど。村上のアレとか、村上のアレとかw


P1060033.jpg

後半の立ち上がり、山形の重心が上がらない。前半は佐藤が君臨していた広大なエリアに
両チームの中盤が散らばり、フィフティーの争いから大宮がボールを動かす局面が増える。
しかし、一つのファウルから同点に追いつかれる。
54分、自陣アーク付近への楔に対して坪内がチャレンジするが、ファウルを取られる。
ゴール前ほぼ正面、20mくらいか。増田と石川が並び立ち、壁の間には山形の選手が入る。
高まる緊張感の中、増田はボールを飛び越え、石川が自らの間でモーションに入る。
放たれた石川のキックは見事な軌道を描いてゴール右隅に吸い込まれた。歓喜に沸く山形
ゴール裏。手を叩きながら周囲を鼓舞する大宮の選手達。
あのフリーキックは石川を褒めるしか無い。それにしても本当にサッカーは難しい。あれ程苦しんだ前半に
得点が転がり込み、ペースを掴み始めたと感じた後半始めに失点を喫する。しかし、トータルで見れば何も
悲観すべき事は無い。底力が問われるのはここからだな、と思う。

 
以降は山形が勢いを取り戻す。このまま押し切るが如く、山形のベンチが動く。
61分、豊かな走力で深谷を苦しめた長谷川が下がり、田代が投入される。
その6分後には宮沢に代えて、キム・ビョンスクが入り、サイドの突破口を窺う。
勢いに乗る山形が再び攻撃に人数を割くが、依然としてCBコンビに破綻は見当たらない。
中盤では慎が奔走し、浩はパスワークに絡み、フィットを感じさせる。押し返せるか。

69分、CK時に選手交代。主税に代えて直樹投入。チョンスを左サイドに移し、勝負に出る。
コーナーは相手に一度はクリアされるが、再びCKを獲得。
逆サイドに移った金久保のキックはニアの深谷を掠めて、相手ディフェンス(録画で観ると
ラファっぽい?)に当たる。ゴール前のこぼれ球に直樹がGK清水より一瞬早く飛び込むと、
最後は混戦の中から押し込み、勝ち越しに成功する。正に執念のゴール!!
川崎戦に続き、直樹のファーストタッチがゴールを導いた。

終盤は再び守りの時間が増えた。奮闘する最終ラインと弛まぬアプローチを見せる慎。
自陣の負担を減らすべく、ラファやチョンス、そして金久保はセカンドに絡みボールを
キープする。左サイドで的確な配球で援護射撃を繰り返す規郎の存在感も大きかった。
終盤、石川や佐藤のサイドチェンジから大宮の左サイドで数的不利に陥り、クロスに対する
恐怖感が増し始めるが、87分にマトを投入し5バックに移行。苦しい戦いを全員で乗り越えた。

P1060046.jpg

本当に貴重な勝ち点3!
少ないチャンスを活かし(シュート6本)、劣勢のゲームをモノにする事が出来た。
内容的に勝ち気に逸るのは当然だが、山形は引き分けでもOKだったと思う。
試合前の勝ち点差を考えると、更に難しい展開を強いられても不思議ではなかったと思う。
それだけにやや上の順位の相手に辛くも勝ち点3を奪えた事が何よりも大きい。


【雑感】

P1060066.jpg

・直樹は2戦連続の大仕事。ベンチスタートが続く状況に結果で返す。
「この試合は絶対に落とせない試合だ」というチームに対するコメントが頼もしい。
当然、ベンチスタートは不本意だろうが、スーパーサブという仕事は誰にでも出来る事では無いし、これだけの
結果を残すのも直樹しか居ないと思っている。終盤、引き気味のDF陣を援護する為に中盤から前線の守備
でのハードワークも見逃せない。これで昨年に並ぶ7得点。チームJ1初の二桁得点は直樹に託したぞ!


P1060034.jpg

・ラファの高難度の先制弾は圧巻だった。後半にはチームを救うボールキープが光る。

P1060050.jpg

・冷静且つ闘志溢れるプレイで劣勢のチームを支えた慎。
連続の縦パスにも驚いたが、相手の攻撃を寸断すべく抜群のスタミナで駆け抜けた後半の働きは真骨頂。

P1060026.jpg

・序盤の北野のビッグセーブが勝利を引き寄せた。宮沢の右足にも感謝↑↑↑↑

P1060072.jpg

・坪内は失点に繋がる痛恨のファウルを与えるが、以降の守備では強気のアプローチで
相手の攻撃を凌ぐ。やはり気持ちが前面に出る選手だ。終了後、直樹に抱きつく姿が印象的。

P1060016.jpg

・苦戦の前半は別として、後半の浩のパフォーマンスには目を見張る。
この日のプレイを観て、やや認識を改めた。「ボールを動かせる選手」という鈴木監督のコメントは全くの嘘
ではなさそうだ(そりゃそうだよな)。中盤で繋ぐ足元の技術は低くない。間を通す技術、視野は安定してきたか。
密集でのボディシェイプと強烈なハンドオフと共に、ワンタッチで強い球足のボールを蹴る事が出来るのも良い。 
終盤、裏へ一目散に飛び出し、目測不足でボールを後頭部付近に当てる等、要所での笑いも忘れない。
相変わらず味方と被る邪魔者スキルも高い。独特のプレイの軽さも絶妙。という事でまだまだ目が離せないw

・順は自爆ルーレット炸裂w セカンドに絡む読みの良さは変わらず。運動量も安定傾向。

・規郎はビルドアップの生命線として奮闘。
正確なキックで左サイドの窮屈な局面を切り開く。ラファへの鋭い楔や金久保のランに合わせたグラウンダーの
スルーパス、オーバーラップからのマイナスのクロスではボックス内のラファの足元にピタリと付ける等、
攻撃のアクセントとして効いていたなあ。規郎の加入の有難さがじわじわと身に染みる今日この頃。


・前半、村上が単騎で相手ボールにアプローチをかけて敵のファウルを誘ったシーン。
これは流れが変わる隠れたファインプレイになるのでは・・・とか妄想したが、全くそんな事は無かったw 
その後は上がりを自重するカムさん。それでも終盤は怖かった。ムラチョ帰って来て~と思っていたのは内緒。


・佐藤にはガッチリと舵を握られましたな。ええキック持ってるし、良い選手です。
先程、前のエントリを読み返したら佐藤の事しか書いてなかったw どんだけ佐藤が好きなんだよ、ワシ。

・石川のフリーキックには脱帽。良いモノを見せて貰いました・・・って勝ってこそ書ける。
但し、セットプレイで山を越えない場面が二度?あり、実はやっぱり不調だったのか、という気も。

・長谷川out田代inは結果的に助かった。

・柏原主審とは相性悪くないな。毎度お馴染み「流し気味のジョージ基準」ですが、時々単なる
怠慢に見えるのはワシだけかw

P1050961.jpg

・商売人顔負けの揉み手であだっち~に迫るアルディ。卑屈なマスコットだなあw

P1050953.jpg

P1050956.jpg

・川崎戦の欠席がアルディ禁断症状を呼び覚ます。おお、元気そうで何よりじゃ。



P1060055.jpg

水曜日には延期分の湘南戦が待ち受けている。
次のゲームに勝つ事で今日の勝ち点3、川崎戦の勝ち点1の価値が増す。
正念場は続く。チーム一丸となって乗り切ろう。

| 大宮アルディージャ | 21:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これって大宮体質なんですね

前半から今日は大宮のゲームだなぁと安心して観てましたが、
後から皆さんの評を聞いてヤバイぞ自分って(笑)
ノリオ、ホント良いですねー。最近はメロメロにされちゃってます。
にしてもみんな左サイドに集まり過ぎな気も(笑)
佐藤健太郎、私も大好きです。生で十分堪能してしまいました(笑)
・・・いつも「あるある」満載で楽しませていただき、本当に有難うございます!

| バイちょ | 2010/11/08 23:11 | URL |

バイちょさん

こんばんは~。
え、前半15分過ぎくらいからは間違い無く大宮のゲームでしたよね?(笑)
「内容」とかレトリックに過ぎませんよね~所詮。

>ノリオ、ホント良いですねー。最近はメロメロにされちゃってます。
規郎、メッチャ良かったです。見事な司令塔サイドバックっぷりでした。
まあ、左サイドに集まり過ぎなのも規郎の信頼度という事でw
終盤のチョンスのシュートシーンだったか、猛烈なオーバーラップを
仕掛けたシーンには思わず叫んじゃいましたよ。

そういえば「act now」の配布ありがとうございました。
「バイちょさんにお会いした」と妻から聞きました。
丁度、戦闘態勢を整える為(単なる喫煙)に席を外していた為、
ご挨拶出来ませんでしたが、「今だからこそ」という思いを噛み締めて
試合に臨む事が出来ました。ありがとうございました!!

| hisau | 2010/11/09 00:16 | URL |

先日はお疲れさまでした~。明日はもう湘南戦ですね。この連戦は試合見て、ブログ書いて、試合見ての繰り返しになりそうです。・・・なんてそんなことも、山形に勝ったからこそ言える話ですが。

この試合はちょいちょい波戸さんを思い出してました。主税のラストプレーになった規郎のキックに、波戸さんSBだったらあり得ない攻撃パターンと思い、村上のかる~い対応とポジショニングで喰らうショートカウンターには、波戸さんだったら簡単に突破されないだろうな・・・などと。SBの特徴一つで、チームの方向性も見えてきますよね。

アルディの揉み手はまたベストショットですね~。あだっち~は氷川神社ですれ違ったのですが、揉み手をするほど惹かれませんでした。自分がオッサンだからでしょうかね・・・

明日平塚へ行かれるのであれば、是非勝ち組になってきてください!!



| ライトアップ | 2010/11/09 23:41 | URL |

ライトアップさん

こんばんは~。
ブログを拝見すると、カードフェスタ大当たりじゃないっすか!!
私は早十地獄でした・・・。何でやねん。

このゲームでは後半の規郎の配球はなかなか見応えがありました。
(カテ2メインから観ていると手前サイドだったから、という事もありますが)
それこそ波戸さんでは有り得ない展開が連発でしたよね。
カムさんについては・・・ライトアップさんの言う通り、確かに波戸さんが欲しかった
ですね(笑)まあ、カムさん自身は良くバランスを取っていたとも思いますが。

明日は平塚へ行って参ります!!直樹の3試合連続ファーストタッチを見届けてきますよ~。

| hisau | 2010/11/10 01:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/521-e878d592

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。