being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第33節 VSアルビレックス新潟(NACK5スタジアム大宮)

P1070227.jpg

終了の笛だとは思わなかった。
ヴィジョンのアディショナルタイムの表示が遅れた事もあり、幕引きは呆気無く感じられた。
歓喜の解放を逃し、静まり返るスタジアム。
スタンドには小波のように安堵が広がっていく。
それは現在のチームに感じる手応えと期待に符合する光景だったと思う。
残留の喜びは少なく、解放感も無い。当然だと思う。

今年も繰り返された残留争いだが、終盤戦の印象はこれまでと異なる。
「残留を勝ち取っただけでOKというのでは、来年も同じ状況になるのではないかと思います」
先を見据える指揮官はゲーム後に語った。

やはり、終了の笛では無い。

〔大宮公式〕J1 第33節 ヴィッセル神戸戦の試合結果

チョンスの出場停止により、ラファと共にトップに収まったのは市川。直樹はベンチスタート。
これは予想通り。いやマジでw 70%くらい(テキトー)で市川スタメン、直樹ベンチかなと思っていた。
主税が中盤に復帰するが、神戸戦を発熱で外れた金久保はベンチ。左サイドには前節と
同じく渡部がスタメン。センターには青木と浩。最終ラインは右から杉山、深谷、坪内、規郎。

新潟の2トップは大島と田中。中盤両サイドはマルシオとミシェウ。底には本間と慶行が入る。
出場停止の西に代わって右SBに入るのは三門。左SBは酒井、CBは永田と千葉のコンビ。

P1070154.jpg

試合開始。時間と共に新潟が中盤を制圧する。
間で受けてブロックを揺さぶるマルシオとミシェウが大宮の中盤を手玉に取り、大島のポスト
と田中のデコイランを引き出す。青木と浩がバイタルを埋めるが、次々と出入りする相手を
捕まえ切れない。最終ラインは目前で集散を繰り返す相手の動きに晒される。
深谷と坪内がこれ程対応に苦慮する展開も珍しい。

出所を潰すしかない。
圧倒的な劣勢の為、一見因果の順序すら見えないが、本間と慶行がルックアップする
シーンの自陣の混乱を観る限り、そう感じた。余りにも両者に自由を与え過ぎていた。
あと、青木がミシェウとの1対1に完敗する様を見て、それなら引くだけ無駄だから・・・と思ったのもある(苦笑)

相手の両サイドバックはハーフラインを超え、主税と渡部が自陣に戻る。
渡部にボールが渡り、杉山が長い距離を走る事で単発ながら攻撃が成立する。
ラファの負担は大きく、ゴール前の人数を増やす事は難しい。
我慢の時間か・・・。祈りながら見守っていると、前半19分に先制点を奪う事に成功。

市川の相手陣内への仕掛けから、中央に進出した渡部がバイタルでボールを拾う。
渡部からボックス右寄りのラファへスルーパスが通ると、相手GKとの1対1。
東口が前方へステップを踏み出してコースを消すが、ラファが右足を振り抜く。
シュートは相手DFの足に当たりながらサイドネットに突き刺さった。先制!

しかし、形勢は変わらない。
大宮の中盤が最終ラインに吸収され、広大なスペースを相手に与える。
前線に張り付く味方を目掛けて慶行がシュート性のボールをゴール前に送ると、DFラインの
裏で受けた三門がシュート。慌てて坪内が戻るが間に合わない。同点。
スタジアムのこけら落としとなった川崎戦でのマサのゴールを想起させるゴールでしたね・・・。

35分過ぎ、オーバーラップする杉山が中央の主税へ繋ぎ、最後は後方から駆け込む浩が
ミドルを放つも、惜しくも正面。ボールの奪い所が見つからず、依然として攻撃への流れも
掴めない。渡部の上がりをアクセントにするも、裏のスペースはミシェウに狙われており、
既に逆転の気配も漂う。

39分、相手CK。ミシェウの低空のボールをマルシオがダイレクトボレーで合わせ、遂に逆転。
ライン上で北野が弾き出したかにも見えたが、副審はゴールインの判定。
実際、角度的には全く判断が付かなかったが、ラファや慎のノーゴールを思い出すと、「コレだけは自信満々で
ゴールインかよ」という愚痴の一つも出てくるわ。


逆転を許した時点で大敗を覚悟する。
それだけ前半の新潟は素晴らしく、大宮は防戦一方だった。
試合後に「あまりハーフタイムで代えることはない」と語った鈴木監督が動く。
それだけ事態が切迫していたのは間違いない。正直、最後のタイミングにも見えた。
主税と規郎の左サイド二人を下げて、金久保と村上を投入。

P1070176.jpg

後半開始直後、守備面での修正も明らかになる。
青木と浩が縦の関係で相手ボールにアプローチを掛ける。
自陣に戻ってビルドアップのボールを引き出すマルシオやミシェウの視野を防ぎ、逆サイドの
スライドによって、中央の危地を未然に防ぐ。

マイボールの展開は投入された金久保と村上の左サイドを起点に光明を見出す。
前半はサイドエリアで閉じ込められたビルドアップが中央を経由する事で右サイドへの経路が
開かれる。ピッチに向けて体を開き、金久保が中を通す。

守備の修正で相手をブロックから追い出し、サイドの起点は見え始めた。
戦況が落ち着き始めた56分、遂に3枚目のカードに手を伸ばす。市川に代えて、直樹投入。

直樹が前線から相手にプレッシャーを与え、サイドが連動して蓋を閉じる。
疲労困憊のラファが縦パスを警戒し、サイドへの追い込みを掛けると、中盤でセカンドを拾う
場面が増え始める。相手の足が鈍り、中盤にスペースが現れ始める。
これならば戦える。
前半の苦しい展開で体力を奪われている点、既にカードを使い切っている点を考慮すると
出来る限り、早く追いつきたい。

一瞬の隙を見つけた金久保から裏へのスルーパスが出る。
直樹がゴール前に抜けるが、判断が遅く、決定機を逸する。しかし、相手の守備陣に警戒を
与えるには十分なプレイだった。
サイドにボールが渡る。ボランチとサイドバックが走り、懸命に相手ディフェンスを剥がす。

64分、相手のスローインを高い位置で絡め取り、金久保から右サイドの渡部へ。
渡部のクロスに合わせて、ラファの後方に忍び込んだのは深谷!!
インターセプトの流れからゴール前に駆け上がり、ヘッダーを突き刺す。
ゴール裏に向けて咆哮する深谷。またもやこの男の執念が炸裂する。

興奮に包まれる中、ピッチ中央で直樹が反転するとカウンターが発動。
前方を走るラファへ直樹のスルーパスが通る。
併走する相手ディフェンスをシュートフェイントで外すと残すは相手GKのみ。
ファーを狙ったシュートは惜しくもポスト左に逸れる・・・。逆転のチャンスを逃す。
ニアを切る東口に誘われた感もあるが、長駆からのシュートに全力で拍手を送る。

終盤、両チームの足が止まり始める。
特に青木と浩、渡部の動きに祈りを託す。新潟のボール回しも目に見えて停滞し始める。
共にゴールから遠ざかる時間が長くなり、何とか90分を乗り越えた。

P1070196.jpg

試合終了。ホーム最終戦、勝ち点1ながら自力で残留を決める事が出来た。
場内を回る選手を観ながら、感慨が湧く。それぞれの選手を目に焼き付ける。
個人的に、最終戦のマリノス戦は仕事で行く事が難しい為、どうしてもホームで決めて欲しかった。
まあ、正直前半の時点で完全に怒り狂っていた。もうオマエら勝手にしろとw 仕事辞めて観に行くぞコラァと。
それだけに良く追い付き、目の前で残留を見る事が出来て嬉しかった・・・。


一点。直樹のベンチスタートについて、というより「チーム」に関して。
スタメンの選択が誤っていたとは全く思わない。
直樹をベンチに置くという選択は監督の信頼の表れに他ならず、実質、直樹こそが「不動のレギュラー」だと
いう事の証明だろう。言うまでも無く、スタメンが偉い訳でも無い。
就任後の采配の端々から感じられる「目の前のゲームの為に各選手の長所をチームに還元する」という鈴木
監督の視点を考えると、市川のスタメンは基本線だと思う(市川自身の出来は期待を超えるものでは無かった
かもしれませんが)。個人を最大限に活かす為にチームが存在する訳ではない。チームを強くする為に個人が
存在する。それがフットボールに対する究極の理だと思う。


総合的に見て、このゲームの前半の苦戦の最大要因は中盤だろう。
戦況に応じた修正を図れず、打開策を持ち得なかった。
手を尽くした上で見えてくるチームの姿。今はそれを受け止めて、上を目指すしかない。


【雑感】

P1070152.jpg

・エースストライカー深谷。ラファの裏に入り込む動きにシアラーかよと突っ込むw

P1070143.jpg

・ラファは同点直後のカウンターさえ沈めていればヒーローだったなあ。
神戸戦に引き続き、ラファにしては全体的に精度を欠いたかなあ・・・。当然、疲れもあるのだろう。特に前半は
サポートにも恵まれなかったが、守備意識に見られる通り、チームへの貢献を見失わない姿が素晴らしい。


・マルシオはコンディション不良だったか。それでも十分に怖かったっす。
判断が悪く、個人の仕掛けに終始する場面も多々。恐らくジョージの流しっぷりにイラついていたんだと思うw

・前半、ミシェウにカモにされる青木に泣くw
アウトの切り返しで股下を通される事、少なくとも三度。直後、流石のラファも青木に詰め寄るシーンありw

・大ちゃんは2アシスト。特に2点目のクロスは見事だったよ。
前半は自サイドの守備に苦しんだが、後半は周囲のフォローを得て、粘り強く対応。最後まで良く走ったねえ。
終盤の金久保のダイレクトパスに反応できなかったのは残念・・・。ビッグチャンスだったけどな。


・後半開始直後にコーナーを与えた杉山の軽さに血管が切れるかと思った。

P1070210.jpg

・金久保は色気十分のスルーパス連発。普段弄っている分、コーチ陣に愛されてるなw

P1070155.jpg

・慶行は機能していたねえ。そして、良いチームに入ったなと。
張さんの時より全然良いよ。敵ながらプレイが見る事が出来て嬉しかった。頑張れ、慶行。

・残り15分。隣でしきりに宮崎投入を呟く妻。4枚目のカードかよ・・・。

・トレンドマイクロ取締役の「アルビレックス」の尋常ではない噛みっぷりw ナイスです。 
それに対する新潟サポのブーイングもナイス。あれで「アルディージャ」も言えなければ別のオチがついた
んだけど。まあ、流石にそれ以上の笑いの神様は降りて来なかった。


・孤高の流し職人、柏原主審は流石やね。「一人世界基準」と呼ぼう。
開始早々からジョージ基準炸裂。大宮の選手との接触で倒れ、ボールを抱えたマルシオにしれっとした顔で
ハンドの判定w 立て続けにファウルに絡む田中アトムに時間を掛けてコミュニケーションを取り、カードで
牽制する事も無く、好感。前半、ペナ内の空中戦で渡部が倒された様に見えたシーンも当然の如く吹かない。
まあ、アレを吹いちゃあ色々と難しいし、ナイスジャッジだったと思います。ジョージ、アンタ最高だよ。
<追記>録画で観ると大ちゃんへの酒井のコンタクトはPKっぽかった。ジョージ、アンタ最低だよw


P1070282.jpg

・社長に指図する渡邉アドバイザー改めアルディ。

P1070276.jpg

・社長の挨拶も聞かずにポージングwww ミーヤええ加減にせえよ。

P1070299.jpg

・淳さ~ん!!ありがとう!!それ以上の感謝の言葉が見つかりません!

P1070104.jpg

・試合前、ゴール裏に現れた泰史。日々葛藤の毎日だとは思いますが、粘り強く闘おうぜ。
いつでも、いつまでも待ってるぞ。




P1070225.jpg

このメンバーで戦えるのも残すところ一試合。
次のゲームでどのように戦う事が出来るのか。真価に期待しています!

| 大宮アルディージャ | 22:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

観戦お疲れ様でした。最終戦は厳しそうですか?

こちらは連れのチケットが取れず、ゴール裏に居りました。
神戸戦後に話していた市川起用が実現して思わず吹きました(苦笑
そしてやはりジョージは素敵でした。無駄にカードをまき散らしませんし
良くも悪くもスイスイと流すのでストレスがありませんよね。

結果としてチョンス不在はやはり大きかったと思いますが
新潟はメンバーが揃えば名古屋や鹿島にも勝てるチームですからね。
選手個々ではそこまで悪くはなかったかなと思っています。

渡部はもう少しで突き抜けそうな予感があったり・・・。
点に絡んだシーンだけでなく、特に判断が良いと思いますね。
相手の裏をついてそのまた裏に戻ってくる切り返しも控えめでしたしね(笑

| スーザン | 2010/11/29 22:55 | URL |

スーザンさん

新潟戦、お疲れ様でした~。
お見掛けしないなあ~と思っていたら、ゴール裏だったんですね!

市川先発、来ましたね(笑)
チームの手駒、90分の戦いという事を考えると妥当です(キッパリ!)

それにしても前半の新潟は凄かったですね。
正直、今シーズン観た中で最も素晴らしいフットボールだったかもしれません。
攻撃陣のキャラクター、それぞれの運動量やポジショニング等、敵ながら見応えが
あったなあと。
慶行も見事な嵌りっぷりでした。本間にカバーして貰うなんて贅沢過ぎます(笑)

渡部は神戸戦からキッチリ巻き返しましたよね。
オートマティック切り返しを1ゲームで修正しましたね(笑)
連投起用の鈴木監督の判断も素晴らしいなと。

残念ながらマリノス戦は欠席です・・・。
職場から全力で大宮(・・・京都も(笑))を応援します!

| hisau | 2010/11/30 00:49 | URL |

お久しぶりです!あっという間に今シーズンも終わっちゃいましたね。アルディとミーヤにしばらく会えないのが淋しい私です。(選手じゃないのかよ!!)とにもかくにも残留確定できて来年もJ1で戦えることを喜びたいと思います。またアルディ&ミーヤの写真楽しみにしてます!

| ミーヤの友 | 2010/12/01 18:31 | URL |

ミーヤの友さん

こんばんは~。お久しぶりです!
終盤戦は連戦という事もあり、ホントあっという間でしたねえ。

>アルディとミーヤにしばらく会えないのが淋しい私です。
ホーム最終戦で感じるのは、真っ先にそれですよね(笑)
暫くは冬眠という事で。淋しいですが、ファンフェスタでの再会を楽しみにしましょう!

| hisau | 2010/12/02 01:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/530-abb5973f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。