being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニューオーダー2011(FW)

ドゥドゥの行先も決まり(まだ契約残っていたのか)、新シーズンを戦う選手達の陣容が
決まりました。

〔大宮公式〕ドゥドゥ選手、フィゲレンセ(ブラジル)へ期限付き移籍のお知らせ

グアムキャンプが始まり、いよいよ新シーズンがスタート。
「現有戦力の維持が最優先」と語る岡本GMの言葉の通り、主力の大半が残留する事に
なった。また、それだけに留まらず、各ポジションにレギュラークラスの選手を補強。
チーム内競争の活性化には大きな期待が出来ます。若手の台頭も見逃せない。

中長期的なプランを考えると、チームとしての安定感を備える事が当面の課題でしょう。
継続性を優先する強化が、選手間の相互理解や連携の向上をもたらす事を望む。
また、レギュラーと控えという区別無く、グループとしての底上げにも期待です。
鈴木監督のマネジメントには注目したいと思います。

それでは、新シーズンのメンバーをポジションごとに分けて確認しておきます。
今回はFW陣。

<メンバー> チョンス、石原、ラファエル、清水
<IN> 清水(←西武台高校)
<OUT> 藤田(→横浜FC)、ドゥドゥ(→フィゲレンセ)、市川(→東京V)

昨季終盤を支えたラファとチョンス、直樹が揃って契約更新。
藤田が横浜FCへ完全移籍。市川は東京Vへのローン放出となり、加入は高卒の清水のみ。
ドゥドゥは無視するとしても、頭数は一気に少なくなりました。
組み合わせによっては東や主税を前線として数える事も可能だが、いずれにしても相手の
ゴール前で身体を張れる選手は居ない。各選手の特性を活かす為には、3トップの計算も
十分に成り立ちます。その際はラファとチョンスは勿論、東、渡邉、宮崎、規郎辺りの選手が
ウイングとして前線を彩る可能性もある。

何よりもまずはラファ、チョンス、直樹の活用がチームの浮沈の鍵を握る。
3人を同時にピッチに送り込むか、それとも昨年と同じく、ジョーカーを携えて90分での
攻撃力を整えるのか。
人選は中盤の攻撃の形に左右されそうだ。バックラインと中盤でボールを運ぶ力に欠ける
限り、ラファとチョンスのキープ力に頼る事になるだろう。但しその場合には、肝心の相手
ゴール前でフィニッシャーを欠くというジレンマに悩まされ続けるだろう。
どちらにしても、ファンとしてはピッチ上でラファ、チョンス、直樹の豊かな才能と個性が発揮
されるシーンを1分でも多く観たい。前線の化学反応に期待しています。

それでは、FW登録の4名について。



7チョンス110123

イ・チョンス(No.7)

長い長い練習生を経て、昨夏加入。チャンスメイカーとして終盤戦の戦いを支えた。
自身はリーグ2得点に留まるが、自陣に押し込まれる展開では、単騎でボールを運ぶ事が
出来るチョンスはチームにとって貴重な存在だった。
互いのマークを分散する為にも、ラファとの共存は今シーズンも鍵を握るだろう。

足元の多彩な技術と高い個人戦術を備え、選手としてはクレバーな印象が強い。
スペースを切り裂くドリブルに加え、タメを作る的確なキープは光る(度々感心させられるのは
コーディネーションの能力。足元にボールが入り過ぎた際等、ファーストタッチの誤差は直後のコントロールと
コンタクトの技術で解消する)
。対峙する相手の重心を崩す落ち着きやシュートに至るイメージ
も頼もしい。後は周囲との連携でそれをチームの形に繋げたいところ。

サイドアタッカー、ウイングとしての適性は高い。しかし、アルディージャのサイドは簡単に
務まるポジションでは無い(勿論、悪い意味で)。やはり、2トップの一角が有力だろう。

まだ底は見せていない。実力や実績を考えると昨季の働きでは物足りないのも事実。
今季は背番号を7に変更。遂に韓流ベッカムwの真価を見せる時が来た。
個人的にはFK以上にクロスに期待しています。チョンスにはアシスト量産を望む!

9石原0118

石原直樹(No.9)

選手ならば誰もがスタメンを望む。昨季後半、直樹はチームの為に自らの役割を理解し、
幾度と無くチームを救った。ジョーカーとして輝きを見せた直樹はプロフェッショナリズムの
塊であり、優秀なチームプレイヤーだったと思う。
勿論、今シーズンもエースとしての期待しています。それがスタメンであれば尚嬉しい。

追加点をターゲットとすれば、直樹の鋭利な感覚は突出している。
同時に、先制点を狙うチームに何をもたらせるかが今後のキャリアを左右すると思う。
守りにウエイトを置く相手を突き崩す武器を身に付ける事が出来るか。
ライバルは岡崎や李忠成だと勝手に考えている。
ライバル達は切り返しやターン、シザースからのシュート等、足元のプレイや相手を背負う
状況でのフィニッシュワークに磨きをかける。
しかし、不器用な直樹に同じ事を求めるつもりは無い。勿論、直樹自身にもプレイの幅を
広げる意欲は感じる。正対時の技術やカットインの動き、ディフェンスの足を外すシュート
タイミング。しかし、最大の期待はボックス内での勝負に尽きる。スペースを喰い尽くし、
ワンタッチでゴールを陥れる姿が直樹には最も似合う。ゴール前での感覚を研ぎ澄まし、
結果として中盤のクオリティを引き上げる事が、チームへの最大の貢献になるはず。

直樹個人にとっても勝負の年になるだろう。大きく羽ばたいてくれると信じている。

10ラファ110123

ラファエル(No.10)

昨シーズンの大宮はラファのチームと言っても過言では無かった。
現に、ラファが開幕戦で負傷するとチームは低迷を深め、終盤戦はラファの働きを抜きに
して残留を語れない。ラファは大宮の太陽だ。

昨年はアウォーズの優秀選手にも選ばれ、リーグ屈指のフォワードとしての地位を固め
つつある(大宮というチームで優秀選手に選ばれるのがどれだけ難しい事か!!情けない話だけど・・・)
懐の深いキープと周囲を使う判断力を兼ね備え、柔軟なボールタッチでディフェンダーを
翻弄する。少人数でフィニッシュに繋げる事が求められるチームにおいて、その存在感は
絶大であり、時には過剰に見える。本来は中盤が負担すべき役割をラファの個人戦術と
プレイエリアの広さに頼るシーンが多く、全体を考えるとそのバランスは改善されるべき。
このままだとカヌーテの様に中盤の底でスクランブル攻撃を支える事になりかねないw

ラファ個人に望む事は、とにかく怪我をしない事ですね。
守備面でのタスクも厭わず、チームプレイの意識が高い選手だけに長期離脱は避けたい。
他に期待するとすれば、うどん方面ですかねw

29慎太郎110123

清水慎太郎(No.29)

西武台高校から加入したストライカー。冬の選手権大会では4試合連続得点の活躍で
チーム初のベスト8進出に貢献した。特にNACK5スタジアムで行われた作陽戦での2点は
記憶に残ります。
高校レベルでは大きな武器となったスピードとフィジカルがJリーグでどれだけ通用するか。
ディフェンスを背負った状況のポストプレイやターン等、前線に張るプレイに加えて、
劣勢時には中盤に下がり、カウンターの急先鋒としての顔も見られた。プロとして何を
武器とすべきか。トレーニングから多くを吸収し、出場機会を増やして欲しいですね。

藤田と市川が移籍し、普段のアピール如何では意外に早く出番が巡ってくるかもしれない。
ファンフェスでは意味不明な一発ギャグで出番が回ってきたけどw
この一年目こそがチャンスだという気持ちで頑張って欲しいですね。



次回のエントリはMFの予定です。え~と、数えてみるとMF登録は10人ですか・・・。
もしかしたら1週間位掛かるかもしれませんw

| 大宮アルディージャ | 22:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして、いつも拝見させていただいています。

文章が非常に分かりやすく読みやすいですね。

次回のMF編は、少々大変でしょうが楽しみにしていますので、
頑張ってUPしてください。


| mizu | 2011/01/29 12:26 | URL |

mizuさん

初めまして。コメントありがとうございます。
自分では「書きたい事が表現出来ないなあ・・・」と思う事も多いだけに、
分かりやすいと仰って頂くのは単純に嬉しいです。

MF10名はちょっぴり大変そうですが、楽しんで書きたいと思います!

| hisau | 2011/01/29 23:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/553-14bb6c99

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。