being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さいたまシティカップ2011 VS浦和レッズ(NACK5スタジアム大宮)

P1080233.jpg

興味深そうにカップを覗き込むチョンスの姿が微笑ましかった。とりあえず連覇という事で。
チョンスがそのカップの価値に気付いてしまう前に、実力を蓄えたいですね。

P1080150.jpg

〔大宮公式〕さいたまシティカップ2011 ダービーマッチ 浦和レッズ戦の試合結果

去年のシティカップに比べると、有意義なプレシーズンマッチだったかな~。
当然、課題は多い。
新鮮力の持ち味は垣間見えたが、前半は新しい布陣が機能したとは言い難い。
ボールを動かせたのも相手に退場者が出てからの時間に限られた。
しかし、課題は上を目指す為のものであり、失った物を取り戻す作業では無い。
坪内は最終ラインを引き締め、北野がピンチを救った。チームは着実に歩んでいる。

P1080163.jpg

双方共に4ー2ー3ー1の並び。事前の報道通り、大宮は新たな布陣で臨む。
最終ラインは右から杉山、坪内、ヨングォン、村上。センターには青木と上田。
2列目は右から渡部、主税、ラファ。最前線にチョンス。

序盤、浦和のビルドアップに応じる形で一旦大宮が翼を折る。
昨年、浦和とのホームゲームでも見られた状況に近い。原口が内に絞ると同時に宇賀神が
大外を駆け上がり、大宮の右サイドは一気に後手を踏む。結果的に中盤を崩される場面は
少なかったが、攻撃のバランスを取り戻すには手間取る格好に。

浦和はロングフィードから何度か決定機を作り出す。
右サイドの田中達也に一発で裏を取られるが、中央で大宮ディフェンスが辛くも弾き返す。
ワイドに張る田中と原口の個人技から攻め切る浦和。ゴール前の混乱を鎮めつつ、時間の
経過と共に押し返せれば・・・という印象。

注目の上田はDFラインからボールを引き出し、攻撃時のバランスを回復させる。
予想通り、上田のボール捌きは安心して観る事が出来ました。
但し、本人も語る通り、チョンスと主税にボールを付けられる状況は少なく、サイドへの
配球も攻撃のテンポを上げるまでには至らず。
また、ボールを運ぶという点に関しては、サイドバックからの経路に大きな課題が付き纏う。
渡部にディフェンスを背負わせるだけでは突破口は見出せない。前線との距離が開き、
中盤のサポートも連携には至らず。前半は非常に苦しかった。

前線の4人については、まだまだこれから・・・という感じ。当たり前ですが。
ライン際のラファにボールを預け、左サイドから攻撃を仕掛けるシーンもありましたが、
青木や村上が絡んで効率良くボールを運ぶシーンは限られていた。
また、ラファがハーフラインまで引いて受けるシーンで、サイド裏のスペースに主税が入り、
深さを作り出す状況に関しても、その次が足りず、形には結び付かなかった。
結局は内と外のバランス、2列目の横の関係でバイタルを開く事が求められるのだろう。

前半、フィニッシュに関しては大宮の見せ場は無し。浦和では、テンポ良くボールを繋ぎ、
柏木がミドルを放ったシーンが印象に残る。
主税とマルシオが重要なエリアでボールに触れなかったなあ。

P1080180.jpg

後半開始。宇賀神が左サイドを駆け上がり、浦和の攻撃陣が中央に雪崩れ込む。
劣勢の時間が訪れる予感が走ったが、53分にアルディージャが先制点を奪う。
主税が裏へのボールで前方のチョンスを走らせると、浦和ディフェンスがスライディングで
コーナーに逃れる。そのセットプレイの流れからゴールが生まれた。
ハイボールに競り勝ち、そのまま体を倒しながらセンターサークル付近の主税へ丁寧に
繋いだ坪内の「一つ前」のプレイが大きかった。

セットプレイのセカンドを前線に残る坪内が頭で繋ぎ、ヨングォンが浮き球を右足ボレー!!
強烈な弾道が山岸の手を弾き飛ばすと、その跳ね返りがそのままゴールに吸い込まれる。

63分、杉山と主税に代えて、大剛と東を投入。大剛は2列目に入り、渡部がSBへ移る。
浦和も3枚の入れ替え。エスクデロとマゾーラをウイングに入れて、柏木に代えて原を起用。
センターに下がったマルシオがボールを運び、マゾーラが規格外の突破力でゴールに迫る。

ゲームのリズムが変わり、面白くなり始めたな・・・と感じた矢先、山田が退場。
セットプレイの競り合いで、絡んだ坪内を振り解こうとした山田の手(肘?)が悪質な行為と取られた模様。
報復気味に見えたのかも。レッドは厳しいなあ(ツボが「いや、大した事無かったっすよ」と弁解する素振りに
見えたのは笑った)というのが正直な感想だし、PKを含めてこの判定でゲームの興趣が削がれた感は否め
ないが、何だかんだでやっぱり山田が気に食わん。


ラファがPKを決めて2-0。ゴール裏に向けてハートを飛ばすラファは最高じゃ。
さてさて、相手が一人少なくなった途端、不安に駆られるのは大宮サポ共通の想い。
現にマゾーラの怪物っぷりには肝を冷やし、カウンターからの好機は自らのミスで頓挫。
しかし、北野が抜群の反応でクロスからの攻撃を弾き返し、途中出場の深谷が坪内との
コンビで中を固める。左SBに移ったヨングォンはスピードを見せた。

P1080192.jpg

また、交代選手が積極的に攻撃に絡む終盤は楽しかった。
カウンターの急先鋒を担う直樹。スペースが空いた中盤でコネクションを築いた金久保。
前線で仕掛け、ゴールに直結する動きを見せる東。自分の形からミドルを放った大剛。

93分、カウンターからキッチリと3点目を上げる。
直樹が持ち上がり、右のオープンスペースの大剛へ。大剛が中へ折り返すと、中央の順が
ヒールですらしたボールを左45度で受けた東がゴールへ叩き込む!!
この3点目は気持ちが良かった。2点リードで一人多い状況を考えると、こういうカウンターは
決めておきたいよね。
結局、ゲームを無失点で乗り切り、3-0で勝利!!

P1080226.jpg

このゲームで個人的に注目していたのは、次の3点。
まず、キャンプから採用されている新たな布陣での連携と、各選手のパフォーマンス。
次に、DFラインと中盤の底を中心とするビルドアップ。
そして、センターバック二枚と中盤の底で固める中央の守備。

1点目に関しては、ラファのプレイエリアが限定されると勿体無い(このゲームでは意図的な
側面もあったかな)。互いが空けたスペースを前線の選手達が活用する局面は少なかった。
左で手数を掛けて最後は逆サイドの渡部が斜めに走りこむシーンや、ラファが右に移って
主税のクロスにダイレクトで合わせたシーンを増やす事でしょうか。
2点目と関連しますが、その為には相手の守備を一度真ん中に寄せるという布石は不可欠。

チョンスと主税もそれぞれの良さは発揮されず。前半10分を過ぎる頃には、主税がトップで
裏を狙って、チョンスが引いて受けるというパターンに期待しましたが、それも叶わず。
オプションとしては楽しみな布陣ですが、実用性については今後も注目。

2点目については、上田やヨングォンの能力云々では無く、周囲のポジショニングが全てに
近い。ラファは別としても、主税や渡部に強引に当てる事が得策とは思えず、前線とサイド
バックにはスペースを作る為の連動した動きが求められる。今後を楽しみにしたい。

3点目に関しては優先事項の一つと見ています。必ず重視してくるだろうと。
ヨングォン起用という変数もあり、これから・・・なのは間違いないですが、坪内の積極的な
ラインコントロールと北野の安定感。サイドバックのカバーリング(特に大ちゃん)等を見ても
更なる向上を期待出来ると感じました。


【雑感】

P1080222.jpg

・MVPはヨングォン!周りの選手がMVPのボードをチョンスに渡せと急かしていたのには笑った。
左足のフィードは評判通りの高精度。チョンスや東の動きに合わせた裏へのボールには唸る。上田と共に
ビルドアップの鍵を握る存在となりそうですね。守備については、マゾーラのシュートに喰らい付いた場面や
こぼれ球への対応を観る限り、相当なスピードを持つ。ライン際で田中に振り切られたシーン等、踏ん張りが
効かないシーンもありましたが、カバーリングのセンスは鋭そうだ。やはり、連携についての不安はある。
一試合では何とも言えないが、このゲームについては、SBよりもCBのプレイにより大きな可能性を感じた。


・多くの新加入選手にワクワクしましたが、最も幸せだと感じたのは坪内とラファが当然の
様にピッチに居るという事実。

・ツボはエジミウソンを完封。CBのファーストチョイスとしての地位を確立するか。

P1080151.jpg

・上田は良くも悪くもイメージ通りのプレイぶり。指揮者現る。
前線をどの様に操る事が出来るのか、今後が非常に楽しみ。CKでのインスイングのキックも武器になる。

P1080185.jpg

・印象的なゴールでインパクトを残した東。小さなガッツポーズは力に溢れていた。
鈴木啓太の足元を狂わせたドリブルで観られた通り、ボールタッチや視野はゴールに向けられている。
フリーの直樹に構わず自ら左足を振りぬいた選手だからこそ、その後のゴールをモノに出来るのだと感じた。
危険な位置で事も無げに大仕事をやってのけるタイプかもしれない。穿った見方をすれば、前半の状況で
どのようなプレイをみせられるか。本当に楽しみな選手が加わってくれました。


・大剛はボールを置くポイントで期待感を煽る。短い時間でしたが、ナイスアシスト!

・10人の相手を10人に見せたのは金久保のお陰。猫の様にボールを手前に引く洒脱なターンに沸く。

・北野はMVP級の活躍だったね。そうそう、今季はバックパスが増えそうなので、それだけが心配w

・主税にとっては消化不良のゲームでしたが、もう何試合かあのポジションで観たいなあ。

・危険なロストとタッチライン際での競り負けが悪印象の青木でしたが、録画を観ると異なる
印象も得た。上田とラファのラインでの組み立てを考えると、このゲームでのストレッチ目標は自らのランで
中盤にスペースを作る事だったか。多くの時間帯で課題も感じましたが、前半の厳しい時間帯でスイッチとなる
可能性を感じたのも青木でした。今後に期待。


・大きく張り出したウイングが単独突破を仕掛け、ロングフィードで両サイドを走らせる。
ペトロビッチ監督が熱血漢のロバートでありますように!

・相手監督の「自分たちが前半で5、6点取っていれば試合は終わっていたと思う」という
コメントに釣られてみる。こりゃなかなかの無意味コメントだな。これは通訳ミスか何かなん? 
それとも「相手が10人の時間帯に7、8点取っていれば簡単に引っくり返せると思います」とか応えれば良いの? 


・マゾーラ凄えよ。一瞬の加速には度肝を抜かれる。
あ、慎が正対で踏ん張ったのは覚えとこ。今後はオフザボールで何が出来るのかという点と、チームとして
どの様な状況で彼にボールを預ける事が出来るのかという点に注目しない。あ、心身共にキレ者の印象なので、
今後は山本昌邦と一緒に退場してくれる事を切に願う。


・今季の浦和はマルシオが30点位取れるとメチャメチャ強そう。

P1080093.jpg

・剥がれ落ちたオレンジリボンを必死で直すアルディ。

P1080094.jpg

・その場凌ぎのマスコット。



う~ん、久々にスタジアムで観ると頭がクタクタっす(笑)
インプットが多過ぎて、さいたま市歌のアクロバチックなメロディとか、慎の阿鼻叫喚クリアは
とりあえず記憶から消去したい。

多くの変化に心が沸き立つ新シーズン。
その一方でチームから感じられた変わらぬ佇まいに安心する。確かに道は続いていく。


| 大宮アルディージャ | 01:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/564-9cea27fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。