being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

練習試合 VSアルビレックス新潟(熊谷スポーツ文化公園)前編

2011040902.jpg

土曜日、雨の熊谷で45分4本の練習試合が行われました。
ゲーム前は「180分を観るのは流石に疲れるかな」とも思いましたが、そんな事は無かった。
先週の栃木戦に比べればマシだったみたいですが、4月とは思えぬ寒さに体はちょっぴり
冷えました。それでも、アルディージャのプレイを観るのはやっぱり楽しい。それに尽きる。
今は出来る限りその想いを大きく膨らませておこう。

〔大宮公式〕4月9日(土) アルビレックス新潟との練習試合結果

1・2本目は両チーム共に控え組中心のメンバーでのゲーム。大宮のスタメンは以下の通り。

大宮アルディージャ  のフォーメーション
created by TextFormations :M :R
↑こうやって並べてみると2トップは煩くて、厄介そうだな。天罰とか要らん事言って直ぐ退場しそうだけど。

2011040901.jpg

序盤は新潟の積極的な守備に大宮が様子を窺う展開。
大島と共に2トップを組む田中が前線でボールを追うと、中盤の底で構える菊地を背に、
長谷部が前へ出て慎を捕まえる。中央での組み立てに手間取る大宮は、規郎の左足を
起点に攻撃を目指す。

2011040904.jpg

時間の経過と共に新潟の圧力が分散すると、大宮がボールを動かし始めた。
慎は後ろ向きでボールを受けるシーンを回避すると、ボールがサイドに展開されると
前線へのランニングで相手の中盤を撹乱する狙い。良い判断。
慎が空けた中央のスペースに順が入ってボールを受けると、中盤でボールが回る。
サイドにボールを運び、相手の中盤を押し下げると、洋介を使って左サイドへ大きく展開
するシーンも。左サイドでは宮崎が仕掛ける。

流れを掴んだ大宮が先制。ボックスの直樹がボールを落とすとバイタルで順がタメを作る。
右から追い越す慎太郎がラストパスを受けると、右45度の角度からグラウンダーでファーへ
きっちりと突き刺した。簡単な角度では無かったが、決定機を得点に結びつけた。

20110409慎太郎01

サブ(ユース含む)メンバー相手とは言え、慎太郎のプレイは頼もしかった。
ゴールシーンだけでは無く、宮崎のクロスに入るタイミング等、ストライカーとしての感覚は
垣間見られた。また、相手CBを背負った状況でのプレイにも良さが見えました。

この日の直樹は味方の楔に対するタッチが不安定で、攻撃を遅らせるシーンが目立った。
それに対して、慎太郎は中央のプレイエリアで存在感を発揮。不器用ながらも体を使って
ボールを収め、状況に応じて周囲を使ってシンプルに前へボールを運ぶ。縦パスに対して
一発で裏を狙うシーンもあり、相手CBとの駆け引きはゲームを通して続いた。
慎太郎の無理の少ない判断が攻撃の効率に繋がるシーンもあり、好印象。

バイタルでは今一つリズムを掴めない直樹だったが、次第に左サイドに流れて攻撃に絡む。
相手サイドバックの裏を崩すパス交換で宮崎の突破を援護すると、自らもフィニッシャーと
してゴール前に迫る。宮崎を使う動きには機転が感じられました。ライン際まで抉る宮崎の
マイナスに合わせたミドルは惜しい。

2011040903.jpg

中盤が優位に立つと、サイドで宮崎が1対1で羽を伸ばす。ドリブルで何度も縦を切り裂き、
ライン際からマイナスのクロスやDFライン裏への速いボールでチャンスを作り出す。
ファーで滑り込んだ慎太郎が届けば・・・というシーンは勿体無い。

2本目の途中、坪内が下がり、木原が右SBに入る。洋介がCBに下がり、順がセンターへ。
順は前線へ顔を覗かせ、ポジションを一列上げた大剛が右サイドで仕掛ける。
メンバー構成の地力差からか、後半は大宮ペースでゲームが進む。中盤の意識が前に
傾く時間帯で、中盤を締める慎の存在感が印象に残っています。

30分辺り、木原のクロスを直樹がワンタッチで浮かしてボレー。個人技に沸くがシュートは
ゴール左へ外れる。30分過ぎに慎から早十へ交代。最後は慎太郎を下げて、工藤をCBに
入れる(洋介が中盤に戻り、順がトップ下に入る4-2-3-1へ)。

20110409福田01

終盤、福田が声を出して集中を促す。しかし、終了間際に自陣でのセカンドへの対応が遅れ、
長谷部にミドルを叩き込まれる。同点で1・2本目が終了。ゲームの後味はやや苦かった。

1・2本目のゲームでは力関係で上回っていた印象。選手層は確実に厚みを増した。
序盤を除けば、試合内容もある程度それを反映しており、1本目の途中からはボールを
運ぶという点でチームとしての底上げが感じられた。それでも勝つ事が出来なかったという
点が課題や反省点なのは言うまでも無いけれども。

個人的には慎太郎、宮崎、坪内と福田、そして慎のプレイが印象に残りました。
水曜日に書いた「黄色のビブスを着けた選手」には今後も一層期待したい。



このままだと暴力的な長さになりそうなので(今更気にする素振り)、3・4本目のゲームに
ついては次のエントリで振り返ります。

| 大宮アルディージャ | 01:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/574-90f4778f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。