being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第11節 VSモンテディオ山形(NDソフトスタジアム山形)

常々、逆境に強い男になりたいと思っております。
逆境に強い男は休日出勤で新潟戦に行けなくても、挫けたりはしない。
そう、挫けたりはしない。・・・そうだ、山形へ行こう!!

という訳で、新潟戦の休日出勤を盾に連休発動。急遽山形観戦を決行。
連中共よ。ワシからホームを取り上げたらどうなるか思い知るが良い。
来週の清水戦も仕事だが、どのアウェイでリベンジすべきか舌なめずりの真っ只中。フフ。

2011051401.jpg

今回は天童駅からシャトルバスに乗り、NDソフトスタジアム山形へ。

〔大宮公式〕J1 第11節 モンテディオ山形戦の試合結果

大宮は開幕戦以来となる4-2-3-1の布陣を採用する。DFラインと中盤の底は前節までと
同様。右から渡部、深谷、ヨングォン、村上の最終ラインに、青木と上田の組み合わせ。
2列目は右に東、左にラファ。中央には主税が入り、ワントップのチョンスを支える。

山形は4-3-3(4-1-4-1)のフォーメーション。GK植草。最終ラインは右から宮本、西河、
石井、小林。アンカーに佐藤、インサイド2枚は船山、秋葉。前線は右に廣瀬、左に宮沢。
トップに長谷川。前田に代わって西河が、北村では無く廣瀬の起用が前節との変更点。

2011051408.jpg

開始3分、右CKから深谷がヘッダーを叩き込むが、ファウルの判定でノーゴール。
余りにも鮮やかなゴールに一瞬大喜びするが(現にゴール裏はリンダリンダに突入した)、
その前の深谷のプッシングを取られた様子。う~ん、悔しい。絶対に先制点が欲しいのう。
その直後、村上が高い位置で相手のクリアをカットし、サイドを抉る。バイタルで受けた
チョンスが左足を振り抜くが、山形GK植草に惜しくも阻まれる。

開始からの大きな波は過ぎ去った。
ボールを繋いで攻撃の組み立てを図るが、自らのミスでリズムを掴み切れない。
最終ラインでの深谷のパスミスからショートカウンターを食らい、自陣右サイドの組み立て
(主税の的確なコントロールと東の半身のプレイでハーフラインまで繋ぐ)からの展開では
青木のパスがカットされ、波に乗れない。

大宮が後方で繋ぐ時間は増え始めた。しかし、ボールは山形のブロックの外を回る。
山形の中盤はブロックの外で持つ分には青木と上田を追い掛けず、縦のコースを切る。
主税がフリーランで佐藤をサイドに追い出すが、中盤に降りるチョンスとラファに対しては
コンパクトな陣形から人数を合わせて対応される。中央が分厚い。
大宮はブロックを逃れてサイドに展開するが、バイタルへの斜めのパスは厳しい寄せで
悉く跳ね返される。その為、青木や上田が自ら前線を突く動きも見せるが、中央の密集地帯
を打開するギアチェンジや、前線のスペースを生む動き直しが足りず、前が重い印象。

2011051409.jpg

12分、ヨングォンのフィードが対角線を繋ぐ。チョンスが右サイドに流れてボールを収め、
東、ラファとの連携からシュートを放つが、相手GKの正面。ビルドアップを活かす為には、
中盤を飛ばすパターンも必要。

ラファのロストからカウンターを食らい、スローインから最終ラインの裏を一発で取られると
(山形戦は毎回コレを見せられるなあ)、徐々に山形の左サイドが盛り返す。
24分、左サイドの連携でフリーを得た宮沢がクロス。ゴール前で廣瀬が頭から飛び込むと、
シュートは右ポストを掠める。大ピンチを辛くも逃れる。
その後もヨングォンがヘディングで被り、長谷川の落としに廣瀬が右足ボレー。ポスト左に
際どく逸れる。

2011051411.jpg

山形に流れが傾いた時間帯に、大宮が先制に成功する。
ヨングォンのルックアップと主税が動き出しが重なる。フィードに体を入れて主税がキープ。
相手キーパーが飛び出すが、主税からチョンス、チョンスから右サイドを駆け上がる東へと
繋ぎ、東が体を倒しながらシュート。遅れ気味に体を投げ出すディフェンスとキーパーを
擦り抜ける様にゴールイン!

2011051412.jpg

ゴールライン付近で拳を固める東。よっしゃ!!このゴールは大きいぜ。

大宮先制後、山形が基本軸のサイド攻撃に勢いを増す。インサイドの2人が絡み、3人目の
連動に後手を踏むと、渡部と村上のエリアを攻略される。
山形のゴール裏がボリュームを上げた直後の35分、右サイドのトライアングルを起点に、
カットインした廣瀬が左足のミドルを放ち、クロスバーを叩く。危ない。
その直後には山形が連続してシュートを放ち、大宮の守備陣が体を張ってゴールを防ぐ。
何とか前半を凌ぎたい。にも関わらず、北野が2連続OBで相手の流れを更に引き込み、頭を抱えるw

前半終了間際は、このゲームのポイントの一つだったと思う。
東が迅速なプレスバックを掛け、主税がボールホルダーをスライディングで襲う。
村上の大外のスペースをラファが埋め、アディショナルには渡部のサポートに入った東が
体を入れて、相手のファウルを誘う。
各選手の守備意識が研ぎ澄まされる。チーム全体がゲームの流れを掌握していた。

2011051414.jpg

ハーフタイムで引き上げる際、内腿を気にするチョンスが気になるが、後半開始時には
そのままピッチに現れる。ホッと一息・・・と言いたかったが、後半の立ち上がりに村上が
接触プレイで肩&背中?を痛める(ムチ打ちっぽかった)。俄かにベンチが気になり始める。
坪内がアップのピッチを早めるが、一旦村上はプレイを続ける。

暫くは山形がボールを繋ぐ。ラファが中盤のサイドで自陣に篭る。我慢の展開。
53分、漸く奪ったボールをインターセプトされて渡部の裏を突かれる。カウンターから数的
不利の局面を迎えるが、山形が裏へのパスのタイミングを逸し、長谷川がオフサイド。

後半が10分程経過した頃、嫌な雰囲気が漂う。バックラインでの繋ぎが弛み、両サイドでの
縦パスは攻撃のきっかけでは無く、一時的な逃げに見えてしまう。手拍子とコールに自然と
力が入る。しっかり頼む。

61分、村上がアウト。坪内がそのまま左SBに投入される。
相手ボールの展開は続く。両サイドが下がり、前後分断の状況に近い為、攻撃に出る際の
バランスを欠く。無理は避けたい時間帯にも関わらず、中盤のボールの奪われ方が悪く、
カウンターを受けるシーンも。
展開を考えると、ある程度相手を引き込み、手数を掛けずに追加点を狙いたいところだが、
ラファとチョンスの動きを見る限り、多くは望めない。役割が曖昧な前線を一枚ずつ下げ、
粘り強く闘うしかない。

2011051415.jpg

68分、主税を下げて、大剛を起用。東が前線に入り、大剛は右サイドへ。
後はチョンスの足の状態と、攻守に奔走する東と青木のスタミナ次第か。

70分、ビッグチャンス到来。右サイドからボールを引き出したチョンスがバイタルで溜め、
ゴール前の青木へ。「遂に来たか」と感じた瞬間、青木のシュートはゴール左へ・・・。
頭を抱え、大きな溜息を吐く。あああああああ、もう。

山形は船山に代えて、ベンチに復帰したばかりの古橋を投入。嫌だなあ・・・。
山形がロングフィードと2列目の飛び出しで前線から圧力を掛ける。
コンパクトネスを失った中盤でボールを繋がれ、なかなかセカンドを拾えない。
しかし、苦しい時間に守備陣の奮闘が光る。

長谷川を激しく押さえ込む深谷。縦パスや裏のスペースを勇気を持って潰すヨングォン。
守備に重心を移すチームの中で坪内の存在も大きい。スムーズに試合に入り、左サイド
の地上、空中戦双方で鍵を掛ける。ツボ、流石だわ。
青木と上田が懸命に走る。フィードの行き先を追って長谷川を挟み、2列目の飛び出しにも
食らい付く。流石に切り換えは遅れるが、気力を振り絞ってホルダーにも立ち向かう。
オーバーワークなのは間違いないが、この二人に託すしか無い。
カードが無限にあれば、慎を4~5人送り出したいけどw

2011051421.jpg

残り10分を切り、チョンスを下げて直樹を前線に入れる。飛び回って、走り回ってくれ。
大宮が何とか追加点を狙う。
81分、右サイドのキープからラファのポストを使い、斜めに走りこむ東が左足でシュート。
惜しくもクロスバーを越える。その直後には大剛が中盤でのワンツーから弾丸ロングを放つ。
強烈なシュートは相手キーパーのセーブに阻まれるが、ゲームの流れに沿ったシンプル
なフィニッシュは良い。

残り5分、山形の右サイドからのクロスに肝を冷やす。ゴール前の混戦の中、相手選手の
目前にボールがこぼれるが、ヨングォンが身を投げ出してシュートコースを防ぐ。
終盤最大の窮地を凌いだ。
直樹が前線で体を張り、東が死力を尽くしてボールを運び、競り合いに身を削る。
後半も拮抗した。欲を言えば、主導権を握りながら時間を使い、隙を突いて追加点を奪い
たかったが、終わってみればシュート0本で45分を乗り越えた。守備の勝利ですね。

2011051416.jpg

ホイッスルの瞬間の喜びは格別でした!!個人的には現地での今季初勝利だったし。
主税がブログに書いていたけれども、勝つと負けるとでは帰りの気分が全く違うからねー。
ゲーム内容には課題もあるけれど、何はともあれ、山形に来てホントに良かったー!



<雑感>

2011051420.jpg

・東は文句無しのMVP!!得点は勿論、このゲームでは攻守両面で八面六臂の働き。
前節、窮屈な動きに終わった右サイドのプレイで見せた鮮やかな反発力。苦しい時間帯では長駆のドリブル
に心躍り、中盤のハードな守備に心震わす。上を向き、結果を残す姿が頼もしい。関塚さんが来ていた
みたいだけど、このプレイを続ける事が出来れば、「代表へのアピール」とかそんな次元の話はどうでも良い。


・長谷川を仕留める深谷と周辺にセンサーを張り巡らせるヨングォン。それに加えて坪内の
サイドバックとなりゃ、盤石でしょー。って言いながらビクビクしてたけど。

2011051419.jpg

・神戸戦に続く値千金のランニング。普段の積み重ねの賜物ですね。
あと、結局重要なのは、飛び出し後のキープでも見られた「我慢」だなと痛感。それにしても、主税のトップ下
はメチャ面白かった。ラファやチョンスとの関係を求め、試行錯誤するそのポジショニングが、経験と途上を
同時に表現する。落とし穴に宝物を隠して回る様な動きは楽しい。


・多くのタスクに神経を削がれる展開の中、青木は攻守両面でキッチリと存在感を発揮。
シュート、バイタルでのパス等、仕上げでの結果は未だ残せないが、その過程のプレイには度々拍手を送る。
練習試合の新潟戦(だっけ?)で記したボールの持ち運びは本格化しつつある。守備でも頼れる存在感。
このゲームではクタクタ感も様になっていたよ。90分を任せるべき選手だなと。


・いよいよ、一介のサイドプレイヤーと化すラファ。
うーん、献身的なグッドプレイヤーとは言えるんだけどね。低い位置からのドリブルで相手に囲まれるのは、
チームとしてちょっと勿体無い。あと、主税のドリブル時に棒立ちでコースを掻き消したのには呆然w
強いて言うなら、スイッチを考えたんだろうけど。プレイエリアよりも、味方を使うプレイに傾倒し過ぎの感が
心配と言えば心配。ラファのゴールも見たいなー。何とかフィニッシャーとしても活きて欲しい。


・カムさん、大丈夫かな。チョンスもちょっと心配。終盤の東の無茶っぷりにも冷や汗。

・スタメンに抜擢された山形の廣瀬。大宮サポ的には青木の同級生として気になりましたが、
高いシュート意識と思い切りの良いプレイで、前線の中でも最も怖い存在でしたね。

・後半の山形はシュートゼロか。という事は、コバリョウのサイクロンはシュートですら無いと。

・バックスタンドで全校応援を行う小学生の可愛らしさは、ある種暴力的。
敗戦後の全力でのチャントは、どんなオッサンの野次よりも堪えるだろう。印象に残る応援だった。

2011051405.jpg

・一瞬、この繋がりにピンと来なかったが・・・大学の先輩後輩なのか。

2011051402.jpg

・ペロリンに遭遇。一昨年は出会う事が出来なかったんで、まあ念願ですね。念願ですかね。
そういえば、立ち寄った駅の殆どでペロリンのフラッグ(美味しい山形)を見たぞ。意外にポピュラーなんすね。
生で観ると写真程はムカつかないんだね。山形サポのペロリンに対する飽き飽き感(放置プレイ)にはツボる。
その姿にちょっぴり哀愁を感じたので、ストラップを買って帰る事に。ペロリン、また会おう。



2011051417.jpg

神戸戦に続いて、アウェイでの辛勝。
攻撃面での課題は多いですが、勝ち点を引き寄せる安定感は確かな好材料。
来週はホーム清水戦。何としてもホーム初勝利を。そして連勝を望んでいます!

| 大宮アルディージャ | 22:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様でした!

現地参戦で勝利羨ましいです!

そういえば、一昨年の山形でhisauさんご夫婦と初めてお会いしましたね。
あれから考えると、辛勝ながらも山形さんに勝てるチームになりましたね。
アオキは、ウチではあの「クタクタ感」はデフォルトなんじゃ?
というもっぱらの見解です。
どのチームか忘れましたけど、以前、敗戦後の子供のインタビューで
「次は一生懸命やってください!」って叱咤されてましたねぇ。
痛い、痛い・・・・純真無垢なだけに(苦笑)

ペロリン、ベロ触っちゃダメ!って奥様にはお知らせしましたが(苦笑)
前回は私がうっかり触ってしまいドローになったので
今回は触らなくて良かったです。

それはそうと、清水戦もお仕事ですか・・・・
次は瑞穂辺り遠征どうですか~?

| アル子 | 2011/05/16 16:21 | URL | ≫ EDIT

アル子さん

こんばんは~。何とか勝ち点3を持ち帰る事が出来ました!

そうでした、アル子さんとは一昨年の山形で初めてお会いしたんでしたね。
寒かったのと、とにかくスピーカーが煩かったのを覚えています(笑)
あれからまだ1年半位?しか経っていないんですね。ちょっぴり意外な気も。

青木は頑張っていましたよ!そうそう、クタクタ感はデフォルトに近いですよね(笑)
実際以上にバテている様に見えるタイプなのでしょう。森田とかもそうでした。

ぺロリンの舌には触りませんでした。というか体にすら触りませんでした。
ケツの辺りに「ぺロリン」って書いてあるのを指差して笑っていたら、わざわざ
向き直ってポーズを取ってきやがりました。呼んでないっつーの。

清水戦の日は千葉方面への拉致が決定しているんですよー。残念ですが。
瑞穂ですかあ?色んな意味で瑞穂はキツイかも・・・。

| hisau | 2011/05/17 00:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/585-316e4f1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。