being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第15節 VS川崎フロンターレ(NACK5スタジアム大宮)

2011061501.jpg

赤紫色の空を見上げ、大きな期待と共にホイッスルを聴いた。
闇が深まり、惨敗を見る。2時間前の想いは吹き飛んだ。
このゲームは確実に深く心に刻まれる。決して絶望だけでは無く。

〔大宮公式〕J1 第15節 川崎フロンターレ戦の試合結果

ゴール前正面でチョンスが左足を振り抜く。しかし、シュートはクロスバーを大きく越える。
開始1分に決定機を逃すと、堅いゲーム展開が顔を覗かせる。

川崎はビルドアップの際にCBが中盤のスペースへとボールを持ち上がる。
相手の中盤を押し込み、自らはコンパクトな陣形を整えてから攻撃を開始する。
相手陣内での選手の距離感を保つ事で、攻撃の連動性を高め、素早いトランジションを
担保とする高い位置からのボール奪取に意識を統一する。
しかし、そのコンパクトネスが守備の不安に繋がる事も想像出来た。
高い最終ライン。攻撃時に絞り気味のポジションを取る2列目の選手。
粘り強く守り、カウンターから裏のスペースや手薄なサイドを使って攻め切る手筋は見えた。
前半、押し込まれる時間こそ長かったが、得点の匂いは感じられた。

2011061503.jpg

しかし、時間の経過と共にボールを繋いで態勢を立て直す事が出来なくなる。
中盤の潰し合いでは分が悪く、相手の圧力の前にボールを簡単に失う。
両サイドが押し込まれ、相手のサイドバックがポジションを高める。我慢の展開。

30分、田坂のカットインからボックスの矢島にボールが入り、ピンチを迎えるが、すかさず
渡部が体を入れて、矢島のターンを防ぐ。前半はこのまま凌ぎ切りたい。
直後、深谷のロングフィードが川崎のハイラインを越え、チョンスが抜け出す。
相手GKとの1対1を迎えるが、シュートは枠を逸れる。勝負の分水嶺だった。

41分、山瀬が左サイドからドリブルで仕掛け、左足のクロス。
大外から掛け上がった田坂が頭から勢い良く飛び込み、ゴールネットを揺らす。
背後の田坂を見失った主税が天を仰ぐ。浦和戦のPKのシーンが頭を駆け抜ける。

その3分後、主税の軽率なプレイで与えたCKを井川に押し込まれる。
あっという間に2点差に引き離された。展開や時間帯を考えると、大宮に大きなダメージを
与える1点だった。最悪のムードで前半を折り返す。

2011061504.jpg

後半開始から背番号9がピッチに立つ。チョンスが左サイドに入り、猛反撃を前線に託す。
しかし、川崎のソリッドな中盤がペースを緩めず、大宮は依然としてボールを運べない。
64分、山瀬のミドルを北野が弾くが、逸早く反応した小林が押し込み、3点目。

2011061505.jpg

その後は、失点を重ねるにつれて、心の中を映し出す様に前線と中盤の距離が離れる。
中盤の底で青木と上田が数的不利に晒され、剥き出しの最終ラインは散り散りになる。
サイドに飛び出した深谷が矢島に千切られ、この日抜群の切れを示し続けた山瀬には高速
ターンから左足でゴールを決められる。
0-5・・・。悪夢の様なスコア。
メインでは後半途中で席を立つ人も多く、ゲーム後には当然の如くブーイングが響いた。

2011061507.jpg

少なくとも、「自らがプレイする」事を偏重するチームにとって、数多くの弱さが露呈された
ゲームだった。
押し込まれた状況からボールを繋いで態勢を立て直す力が足りないのは、過去のゲーム
でも何度か見られた通り。今季、コントロールを失った後半は度々劣勢に陥っている。
残された手は、前線の奮闘で相手の最終ラインを押し下げて、中盤の紛れに持ち込む事
だったが、この日の相手はハードワークを緩めず、簡単にラインを下げる事も無かった
(高い最終ラインと中盤のプレスバックによって大宮の前線をこぼれ球の争いから締め出し、
中盤の密集地帯でしっかりと大宮の中盤を捕らえた)。

2011061502.jpg

特に後半は、広大な中盤で一方的にボールを回され、青木と上田がボールを追い続けた。
しかし、このゲームに関しては、中盤の差という表現は出来ない。そう表現するには、余り
にも青木と上田の負担が大き過ぎる。
2列目が揚々と中央に入り込む状況の中、尚且つ前線への楔のコースにも目を配る。
「バイタルの相手からボールを奪い切り、素早く数的優位のサイドへボールを送り込む」と
いうシーンを早い時間帯に何度か作り出せていれば、相手の態勢も異なったかもしれない。
しかし、それだけを理由に慎と片岡の二人であれば・・・と考えるのも無理がある。
特に後半は2人だけでバイタルを凌ぎ切れる状況では無かった。
あの状況では、前線の意識や守り方を変えるか(個人的にはコレが最優先だと感じる)、
バイタルに人数を増やして更に閉じこもるしか無い。
それぞれの選択肢とリスクを考えるよりも、前半のチャンスをモノに出来ず、その直後に
失点を喫した甘さを悔やむべきだろう。

2011061506.jpg

3点目を失ってからは、いつもとは異なる視線もピッチに向けた。
「この状況で選手達はどれだけ戦う事が出来るのか」と。
相手ディフェンスとの1対1で苛立ちを募らせるチョンス、跳躍から輝きが消えた直樹。
一向にボールが来ず、サポートも得られない前線には、精神的なダメージが窺える。
辛うじて相手の攻撃を食い止めるが、中盤への経路が絶たれ、苦し紛れにボールを前方へ
蹴りだす深谷とヨングォン。その表情には疲労の色が濃い。

2011061511.jpg

そんな中、ピッチ中央の17番の姿を目で追い続けた。
相手ボールを狙う視線には明らかに前半とは異なる野心が感じられた。重さを増す身体を
奮い起こし、心に一矢を抱えて走る。中盤のバランスを省みず、球際に強引に食らい付く。
これ程、無理なプレイを見せる上田は初めて見た。
やはりコンタクトは強くない。結果的にはボールを奪い切れず、相手の背中を追い掛ける。
必要以上にカバーに神経を使う青木が、上田の迫力に気圧されている様にも見えた。
ゲームは壊れていた。彼の判断を善し悪しの類で評価する事は難しい。
しかし、この選手がファイターだという確信は心に留めておきたい。


【雑感】

2011061512.jpg

・チョンスがGKとの1対1を決めていれば・・・という想いは拭えない。
正直、シュートを外す事自体は仕方ないと思う。個人的には、その直後の守備での怠慢(戸惑う大剛が一気に
自陣まで下がるシーンも)に怒りを感じ、前半で下げるべきと思った。


・川崎のプレッシングに飲み込まれる青木。
浮き球の処理に手間取り、局地戦に巻き込まれ、幾つかのパスミスはチームの態勢を崩した。このゲームで
感じた力不足を次に活かす事が出来るのか。


・深谷にとっては悪夢の様なゲームでしたね・・・。
矢島に振り回され、バイタルでの地上戦には打つ手が無かった。相手のフォアプレスに対する苦し紛れの
キックは意志が感じられなかった(無回転パスあり)。散々な出来。


2011061513.jpg

・U-22で抜けた東に代わり先発に起用された大剛。
相手の2列目とサイドバックの連携に守備のタスクを引き裂かれるが、少ないながらも、前半はサイドからの
カウンターに絡んだ。それだけに、限られたクロスを好機に結び付けたかった。


・山瀬の突破から再び失点に絡んだ渡部。
失点シーンまでは数的優位を作り、良く抑えていたが・・・。あの場面で縦に抜ける山瀬も凄いが、あの対応で
すら、隙に繋がるという厳しさを噛みしめるしか無い。それにしても、「後は押し込むだけ」という絶好機で、
角度の無い所から左足を使わざるを得ない状況には頭を抱えた。持ってないなあ・・・。


・主税は失点に繋がるCKを与え、何よりもプレイ内容が奮わない。前半で交代も止む無し。

・張監督ならばこの川崎にも勝てたかも・・・と割と真剣に思う(その他のゲームは知らん)

・浩(森田じゃ無いよ)が居れば、救世主になり得たかも・・・(遠い目)。

・上体の揺れと感覚的なタッチ。相変わらず山瀬のドリブルには本能を感じますね。

・チャントの隙間に響き渡る稲本の周囲を鼓舞する声。ハイプレッシャーの重心だった。

2011061516.jpg

・何度レンズを向けても何故かブレる福ちゃんの存在感。

2011061523.jpg

・ミーヤは試合後の泣き真似のバリエーションが増えてきた。

2011061521.jpg

2011061522.jpg

・平日有給休みでアルディのダンスショーを観ている時間はこの世の天国だと思ったが・・・。
いやあ、アルディは可愛かったなー。最悪の試合で最高の写真が撮れたわい(現実逃避)。



「自らがプレイする」という主眼は大きく見開くべきだ。
しかし、勝負において自らのプレイのみが頭に巣食う独善的な選手は必要無い。
プレイが封じられるだけで、闘う術を失う様なひ弱なチームは見たくない。
アウェイ連戦を迎えるアルディージャ。求めるのは内容では無く、結果に尽きる。

| 大宮アルディージャ | 00:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます!
いやぁアルディ超ベストショットありがとうございます♪試合後、アルディが目頭を抑える姿にゴール裏で「おい!アルディ泣いてるそ゛ おまえら!」と叫ぶ人にこの日一番笑いました(^^; もう明日は名古屋ですね!!現地にて戦ってまいります(^-^ゞ

| ミーヤの友 | 2011/06/17 08:12 | URL |

やっぱりhisauさんのアルディは最高に可愛いですね~
6.15の痛手もかなり癒されました♪
お座りアルディをお守りに明日は瑞穂に乗り込みます!

先日C大阪戦で磐田サポの康太ファンの方と知り合いました。
移籍は複雑な気分だけど、今の彼の表情を見てると良いチームに移籍したんだなと思う…と仰ってました。
今後の変貌が愉しみ☆17番から目が離せませんね d( ̄ー ̄)

| アルヘェ | 2011/06/17 15:35 | URL |

こんばんは~。

ちょこんと座ったアルディ・・・今年度のベストショットに決まりですね。買い取り希望です~。hisauさんの言い値で構わないので(笑)是非メールで送って欲しいです。

私としては、0対5の結果をこの写真一枚でキレイに消化できました。ありがとうございます。ではまた神戸戦で。

| ライトアップ | 2011/06/17 21:11 | URL |

ミーヤの友さん

アルディの写真、気に入って頂けましたかー?
まあ、家に帰ってデジカメを見たら、アルディだけで50枚位撮っていた事実には
自分でも呆れましたが(苦笑)

名古屋戦、現地観戦ですか!!頼もしいです。
私は仕事で残念ながら行けませんが、是非是非勝ち点を持ち帰ってきて下さいね!!

| hisau | 2011/06/18 00:23 | URL |

アルヘェさん

我ながらアルディの可愛さを引き出せたかな、と無駄に自負しております(笑)

磐田サポのお話は何だか趣深いですね。
個人的には川崎戦で上田の印象が変わりました。
磐田サポの方の言葉を聞くと、尚更頑張ってほしいと思いますね!

アルヘェさん、瑞穂に行かれるのですねー。
明日は現地観戦出来ないのですが、勝利を願いつつ、念を送りますよー。
楽しい遠征になりますよう、祈っています!!

| hisau | 2011/06/18 00:29 | URL |

ライトアップさん

こんばんはー。会心のショット、気に入って頂けた様で何よりです。
50枚近くシャッターを押した甲斐がありました(笑)

早速、激重写真をお送りしましたー。ニヤニヤして下さい。
最近、アルディの可愛さをどれだけ広められるか、という事に闇雲な使命感を
感じ始めました(笑)「アルディの広報」みたいな仕事無いかな・・・。

| hisau | 2011/06/18 00:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/594-f628a0f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。