being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第13節 VS川崎フロンターレ(等々力陸上競技場)   

2008年5月17日 19時キックオフ
J1第12節 VS川崎フロンターレ(等々力陸上競技場)   

ゴール裏2階席からは軌道の行方は計りきれなかった。
ただ、セーブを試みる川島の足掻く姿と共に周囲のどよめきが大きくなる。
慶行の判断力と勇気に脱帽。
慶行と川島以外の全てが止まっていたからか、記憶がコマ送りで再生される。

試合結果(大宮アルディージャ公式)

[ J's GOAL ]【J1:第13節 川崎F vs 大宮】レポート


新丸子駅から徒歩で競技場へ。
トラックがあり試合は見難いスタジアムだが、雰囲気は好きやなあ。
駒場に似た雰囲気なのは、去年の事を思い出させるのでこの際忘れるとして。

大宮のスタメン。
レアンドロは家族の病気により欠場(木曜の紅白戦に欠場していた)。
代わりに片岡がCB・・・。痛い・・・。
しばらく前に去年の開幕ガンバ戦の録画を見て、
結構片岡のCB悪くないぞ(最後の失点はまあアレだけど)と評価はしていたんだけど
いざ現実となるとね・・。まあとにかく頼むぞ!!
慶行の相方に佐伯。左に慎、右に大悟。2トップは主税とデニス。

川崎のスタメン。出場停止の井川の代わりに横山。
菊地が怪我の為欠場。MFは憲剛・谷口・大橋の組み合わせ。

前半は川崎のゲーム。
DFから簡単に森・山岸へ振られて慎・大悟が遅れて寄せに行ったところを中との
コンビネーションであっさりかわされるというパターンの連続。
3-5-2とのミスマッチが悪い方へ後手後手に。攻撃では相手両WBの裏は使えず、
SBの上がる時間や余地がなくセカンドボールを拾われまくる。

前半35分、鄭の早いクロスが冨田のオウンゴールを誘う。
鄭の切り返しが凄まじく、波戸さんがかわされた時点で失点は仕方なし。
前半43分、主税のミスパスが自陣でジュニーニョへ。
片岡が1対1に耐える事は出来ず、江角もかわされ2点目。
特に2点目の取られ方、取られた時間が悪く、この時点では辛い帰路の想像だけを
していました。選手達スマン。

後半開始と共に大悟、慎の代わりに土岐田、宏太を投入。
デニス・宏太の2トップに変更。
守備時は両WBへのプレスが始まり、FWはCBを見るようになる。
攻撃時のビルドアップでは両CBの間に佐伯が入り、冨田、片岡が開き気味に位置を
取り、両SBを高い位置へ押し上げる形に。
2点を取られた事でふっきれた面はあるが、選手が攻撃的な姿勢を表現出来ていた
事は嬉しかった。去年なんて負けてるのに・・・・(以下略)。

後半8分、デニスがDFの裏へヒールでボールを流す。
土岐田が川島との1対1を落ち着いて決め、1点を返す。
オフサイドにも見えたが、副審のフラッグは挙がらず。
土岐田、宏太が川崎のDFラインの裏を狙いスペースを作り、主税がその間を上手く
使う形が見られる。
特に伊藤のサイドに宏太、土岐田が流れ山岸の位置を下げる事に成功。
カウンターは覚悟していたが、決定的なピンチ(ジュニーニョとの1対1)も
江角が何とか防ぐ。
後半30分、デニスの個人技から同点!!シュートコースは切られたように見えたが、
あのタイミングで打つとはね。さすがとしか言いようが無い。
後半40分、投入されたばかりの森田がハーフウェイライン手前でファールを受ける。
そのFKを慶行が直接シュート、55メートル弾で逆転!!!
異常に長く感じられる最後のCK地獄を耐え抜き、劇的な逆転勝ち!!!

【雑感】
・帰ってからBSの録画を見た。慶行のゴール後、祝福に駆け寄る冨田が
「お前、スゲーよ!!」って言っているように見えたが、その言葉に尽きる。感謝。

・前半の内容は酷すぎた。川崎が良かった事もあるが、1列遅れているかのような
プレスの掛け方は見直しが必要。

・結果論だけど、今の川崎は菊地の代わりがいなかったのかな・・と感じた。
中盤の底に守備的な選手を入れて、憲剛をFWとの繋ぎ役に・・という形にすれば
セカンドボールを更に攻撃に繋げられていたかも。憲剛が中盤の底に埋もれてくれて
助かった。まあ、その憲剛も含め怪我人が多かったようですが。

・大宮の今のスタイルの中で悩んでいるかもしれないが、大悟の能力が更に大宮の
可能性を広げてくれるはず。チームが結果を出し続ける限り、時間は十分にある。
それを含めてこそチームなんだしね。

ナビスコが入りますが、ひとまずリーグは中断期間へ。
順位表を見ると上位陣も既に3敗しており、1勝のチームは既に無し。
昨年とは比較にならない程、レベルの高い残留争いになりそう(更に上を目指している
選手達には申し訳ないが、正直なところ残留争いの事ばかり気にかかるんで)。
慶行が言う通り「勝ちながら課題が見つかる」ようなシーズンを今後も期待しています。

まずはナビスコを連勝し、決勝トーナメント進出へ!


| 大宮アルディージャ | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/6-c6af18cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。